【私の就活①】がんばってなくても、何もやってなくても、意外と大丈夫だよって話

こんにちは!
20卒の社会人1年目、maniです。

今日から何回かに分けて、私の就活時代の思い出を振り返っていきたいと思います。
と言っても、日記とかをつけていたわけではないので、持ってる記録はマンスリーのスケジュール帳だけ……。

卒業から半年が経って、久々に去年の手帳を見返しました。2019年の3月、4月、5月……ほぼ空白!
私の就活を一言でまとめるとしたら、

「精神的にはめちゃめちゃ苦しんだけど、就活な~んもやってない!」

です。

「就活やってない」の内訳

「そう言うけど、就職してるなら就活はしてるじゃん」
とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

確かにそうです。

「就職するための活動」はしました。

リクスーとビジネス(っぽい)バッグ買ったり、エントリーしたり、ES書いたり、証明写真撮ったり、面接したり、成績証明書を提供したり。

つまり、就職するための「最低限」の行動はしたよ、ってことです。

会社によってはリクスーもESもいらない自由なところもあるので、「最低限」のレベルはもっと下げられます。

まわりは見ない、気にしない!とにかく他人に振り回されないこと!

今、「就活何もやってない…」とか「就活がんばれてない…」って悩んでる就活生に伝えたい。

その「やってない」「がんばれてない」って、誰と比べてますか?

まわりが皆、OB訪問とか自己分析セミナーとか面接練習とかしてるから、自分も同じかそれ以上やらなきゃ、って思ってませんか?

そんなの、やりたければやればいいし、気が進まなければやらなくていいんですよ。
就活にも人生にも、やらなきゃいけないことなんてない、って私は思ってます。

極論、別に就職しなきゃいけないわけじゃないしね。

思い悩みすぎて病むくらいなら、全部吹っ切って、適当にやっちゃいましょ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました