【私の就活②】どんな場所も、誰かが「働く場所」なんだなあ、って気づいた話

こんにちは!
20卒の社会人1年目、maniです。

前回の【私の就活①】では、とにかく自分を否定しないことが大事!ってのをお伝えしました。
(前回の記事はこちら↓)

【私の就活①】がんばってなくても、何もやってなくても、意外と大丈夫だよって話
こんにちは! 20卒の社会人1年目、maniです。 今日から何回かに分けて、私の就活時代の思い出を振り返っていきたいと思います。 と言っても、日記とかをつけていたわけではないので、持ってる記録はマンスリーのスケジュール帳だけ……。...

今回もタイトルの通り、就活をした中で気づいたコトについてお話しします。

ボロボロのビルにも、なんならマンションの一室にも、「そこで働く人」がいる

「○○株式会社」って看板をぶら下げた古いビルなんて、新宿や新橋なら5分も歩けばすぐ見つかりますよね。

私ももちろん見たことはありました。
でも、そんな場所ひとつひとつに、朝8時9時に出社して仕事してる人がいるっていうことを、それまでは考えたことすらなかったです。

小規模な企業の会社説明会で、古いオフィスビルに入った瞬間、今まで気にしてなかったそんな当たり前のことがストンと腑に落ちたことを覚えています。

なんだろう、実感がなかったというか。
知ってる会社なんて、親が働いてる会社か、テレビでCM流してる会社くらいしかなかったですからね。

極めつきは、普通のワンルームマンションの一室をオフィスっぽく改装している企業もありました。
SES(簡単に言えばエンジニアの派遣)の会社だったので、確かに従業員分のデスクやらPCやらを置くスペースが必要ないとは言え、あまりにも斬新すぎてビックリしました。結構普通なのかなあ?

「働く場所」なんてたくさんある!「働く人」もたくさんいる!

知ってる有名な会社のどれかに就職するのは、多分めちゃくちゃ難しいと思います。

だけど、家のまわりの半径500mを見てみれば、会社なんて数十社はあるんですよ。
町全体、市全体を俯瞰してみればもっとたくさん。

「働きたい(働かなきゃ)、けど内定がない!」って焦ってるなら、会社の規模とか業種とかにこだわらず、「働く場所」をいろいろ知ってみてはいかがでしょう。

見えなかったものが見えるようになると、また別の未来が見えてくるかも!

コメント

タイトルとURLをコピーしました