【A3! 春組】出稼ぎ 会話まとめ【二人の関係】

A3!

佐久間 咲也

咲也と春組

つづきを読む

碓氷 真澄 ”花学先輩後輩ペア”

駅前 咲也「今日の宿題終わった?」
   真澄「とっくに終わってる」
   咲也「えっ、もう終わったの?すごい!オレはこれからだよ…!」
   真澄「監督と話す時間、減るのが嫌だから」

公園 咲也「真澄くんのクラス担任って誰だっけ?」
   真澄「名前、忘れた。監督じゃないなら誰でも同じ」
   咲也「カントクが担任になったら学校の人気者になりそうだよね」
   真澄「絶対になる。でも、あの人は誰にも渡さない」

図書館 咲也「今日の朝礼、学園長の話長かったね…」
    真澄「寝てたから知らない」
    真澄「監督の話なら何時間でも聞いていたい」
    咲也「真澄くんは本当にカントクのことが大好きだね!」

皆木 綴 ”お兄ちゃんと一緒”

駅前 綴「今日の芝居は兄弟設定でいくか。咲也、兄と弟どっちやりたい?」
  咲也「じゃ、じゃあ兄役で…!」
  咲也「全然ダメだった…。途中から役逆転してましたよね」
   綴「だな…。経験値低い俺らには難しかったか」

公園 咲也「公園で遊んだ覚えあんまりないな…」
    綴「マジで!?」
    綴「昔は弟たちと毎日公園で遊んでたな」
   咲也「やっぱり綴さんは素敵なお兄ちゃんですね!」

図書館 咲也「綴くんは、春組のお兄ちゃんって感じですよね!」
     綴「咲也以外、弟にはしたくない人だらけだけどな…」
    咲也「春組が兄弟だったら、やっぱり長男は至さんなのかな」
     綴「上2人が放浪者で、真ん中が苦労性ってのはテンプレなのか…」

茅ヶ崎 至 ”ガチャ代打要員”

駅前 至「確率0.001%ってエグすぎ…確定チケ試すか」
  咲也「???」
  咲也「至さん、いつものガチャですか?」
   至「そう。また咲也にお願いしようかな」

公園 至「まじで物欲センサー反応しすぎ」
  咲也「物欲センサー…?」
  咲也「至さんはオレの知らないこといっぱい知ってますね!」
   至「咲也は無駄なこと知らなくていいからな」

図書館 至「また10連ガチャ頼んでいい?」
   咲也「ボタン押すだけですよね!もちろんです!」
    至「限定URキタコレ!やっぱガチャは咲也だな」
   咲也「よく分からないですけど、役に立てて嬉しいです!」

シトロン ”トンデモ常識教室”

駅前 シトロン「ワタシそろそろピザが切れるネ…サクヤ、さよならダヨ…」
     咲也「ええ!?今夜臣さんに頼んでピザを作ってもらいましょう!」
     咲也「シトロンさんともっとお芝居していたいです…!」
   シトロン「オー、サクヤは本当に可愛くてだいすきダヨー!」

公園 シトロン「ワタシのこのネックレスには呪いがかかっているネ…」
     咲也「ええ!?の、呪い!?」
   シトロン「呪いのことは、ワタシとサクヤの秘密ダヨ」
     咲也「は、はい…!呪いをとく方法オレも探します!」

図書館 シトロン「『ナイフでは切れない』最近覚えた日本語ダヨ!」
      咲也「な、なぞなぞかな…?オレももっと国語勉強しなきゃ…」
    シトロン「サクヤも一緒にスライディングジャパニーズするネ♪」
      咲也「す、スライディング…?野球かな…?」

卯木 千景 ”コイントス勝負”

駅前 千景「景気づけに一勝負。はい、どっちに入っているでしょう?」
   咲也「…み、右!」
   千景「咲也は右って答える確率が高いよね。敗因の9割はそれかもよ」
   咲也「ええ!?これから気をつけます!」

公園 咲也「今日はオレから!ええと、コインをこう持って…って、ああ!」
   千景「…コイン、どこかに転がっていったな」
   咲也「千景さんみたいにカッコよくコイントスができたらな…」
   千景「慣れだよ。このコインあげるから暇な時いじるようにしてごらん」

図書館 咲也「千景さんがくれたこのコイン…どこかの国の硬貨ですか?」
    千景「今は滅びてしまった小国のものだよ。幻の硬貨と呼ばれているんだ」
    千景「コインの話は冗談だよ。大事にしてくれたら嬉しいってこと」
    咲也「そうだったんですね!これからも大事にします!」

咲也と夏組

つづきを読む

皇 天馬 ”頼れる相談相手”

駅前 咲也「最近の夏組はどう?」
   天馬「いつも通りだ。落ち着きがなさすぎて困る」
   咲也「困るって言うわりには、楽しそうに見えるよ」
   天馬「た、楽しいわけないだろ!慣れただけだ!」

公園 天馬「春組は落ち着いて見えて、実は変な人多いよな」
   咲也「え?春組に変な人なんていないよ?」
   天馬「…リーダーもド天然だったな」
   咲也「???」

図書館 咲也「最近、至さんが前にも増してスマホを離してくれないんだ…」
    天馬「何か新作スマホゲームにハマってるらしいぞ」
    天馬「うちも一成が新しいカメラアプリに夢中で困ってる」
    咲也「そっか…。あとでカントクにアドバイス貰いにいこう!」

瑠璃川 幸 ”お日様とブリザード”

駅前 咲也「幸くん、素敵なあだ名ありがとう!」
    幸「本気で言ってんの?」
   咲也「元気100%って言われたの初めてで…。なんだか照れちゃうけど」
    幸「薄めたい。今すぐ薄めたい」

公園 幸「元気の濃度高すぎ。30%くらいにして」
  咲也「よ、よく分からないけどやってみるよ!」
   幸「濃度は相変わらず100%のままか…」
  咲也「つ、次は頑張るよ!」

図書館 幸「元気100%は気持ちが落ちる時ってないの?」
   咲也「あんまりないかな。お芝居やってると元気になるし!」
    幸「しばらくは薄めるのは諦める。100%のまま頑張りなよ」
   咲也「えっと…ありがとう!」

向坂 椋 ”天然純真無垢コンビ”

駅前 咲也「オレが敵の魔法使い役をやるから椋くんは王子様役ね!」
    椋「良いんですか!?」
   咲也「椋くんの王子様は細かい仕草がカッコいいよね!」
    椋「ありがとうございます!咲也くんの魔法使いも素敵でした…!」

公園 椋「あ…!」
  咲也「ど、どうしたの?」
   椋「あそこでカップルさんが抱き合ってて…」
  咲也「ほ、ほんとだ…!何だかこっちが照れちゃうね」

図書館 咲也「図書館、新刊が入荷したって書いてある!」
     椋「本当だ!帰りに寄ってこうか」
    咲也「椋くんはどんな本を借りたいの?」
     椋「ぼ、ボクは気になってた恋愛小説を…!」

斑鳩 三角 ”サクサクサンカク”

駅前 三角「かずはさくやのこと「サクサク」って呼んでるよね」
   咲也「名前に「サク」が2つ入ってるからですね、きっと」
   三角「「サクサク」って何だかさんかくっぽい~!」
   咲也「うーん、確かにそうかも…?」

公園 三角「サクサクなさんかく探したい~」
   咲也「サンカクの形をしたクッキーですか?」
   咲也「三角さん!おひねりの中にサンカククッキーが!」
   三角「ほんとだ~!さんかくさんかく~!」

図書館 三角「サクサクさんかくの歌作った!」
    咲也「すごいです!どんな歌ですか?」
    三角「サックサクさんかく~♪さくやも歌って!」
    咲也「さ、サクサクサンカク~?」

三好 一成 ”亀吉のエサ係”

駅前 咲也「今朝亀吉にごはんあげてくれたの一成さんですよね?」
   一成「そうだよん♪珍しく早起きしちったからあげといた!」
   一成「あ、LIMEだ。亀吉が腹減ったから早く帰ってこいって」
   咲也「ええ!?亀吉LIMEするんですか!?」

公園 咲也「カントクが亀吉にダイエットさせるって言ってました」
   一成「あ~確かに最近亀吉ちょいやばめだよね」
   咲也「鳥のダイエットってどうやってするんでしょう…?」
   一成「ちょいフォロワーに聞いてみるわ!」

図書館 咲也「亀吉に「ババよこせ」って言われたんですけど…おばさん?」
    一成「ババってフランスのパンだよん。亀吉オキニ~」
    咲也「間食させてたのバレたらカントクに怒られちゃいますよ…」
    一成「ダイジョブ、ダイジョブ~!」

兵頭 九門 ”お日様ボーイズ”

駅前 九門「咲也さん!今日もいい天気っすね!」
   咲也「うん!気分も明るくなるね!」
   九門「ストリートACTめちゃ楽しかったっす!もう一回やりましょう!」
   咲也「じゃあ次は公園に行ってみよう!」

公園 九門「こんなに天気がいいと寮に帰るのが勿体なくなっちゃうな~」
   咲也「そうだね…。あ、寄り道して帰ろうか!」
   咲也「野球がテーマの戯曲を見つけたから、河川敷でよんでいかない?」
   九門「すげー!そんなのあるんすね!お供します!」

図書館 咲也「九門くんのジャージカッコいいね!」
    九門「えへへ。オレのお気に入りっす!」
    九門「かっこいいジャージが沢山ある古着屋見つけたんで行きましょ!」
    咲也「本当?オレ、古着好きだから嬉しいな」

咲也と秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”花学古着好きペア”

駅前 咲也「万里くんのTシャツかっこいいですね!どこで買ったの?」
   万里「馴染みの古着屋」
   咲也「万里くんでも古着屋行くんですね!オレも古着好きだよ!」
   万里「まじ?じゃあ、今度その店連れてってやんよ」

公園 万里「俺のよく行く古着屋、この近く」
   咲也「へ~。じゃあ、帰りに寄って行きましょう!」
   万里「ほら、あそこの古着屋。すげぇおススメ」
   咲也「Tシャツが一枚…ん万円!?」

図書館 咲也「古着の良いところは、安いところですよね!」
    万里「ビンテージっぽいとこじゃね?」
    咲也「ビンテージ…なんだかカッコいいです!」
    万里「だろ?今度着なくなったの咲也にやるよ」

兵頭 十座 ”不器用まっすぐ!”

駅前 咲也「お客さんいっぱいですね…!」
   十座「……」
   咲也「十座くん、もしかして緊張してました?」
   十座「…別に、してねえ」

公園 咲也「公園でお芝居か…何が良いかな」
   十座「俺にプランがある。設定は公園デビューで行くぞ」
   咲也「ちょっと失敗しちゃったけど、失敗は成功の基っていうし…!」
   十座「…必ず次に活かす」

図書館 咲也「ええっと…お、オレから芝居始めますね!」
    十座「お、おう。いつでも来い」
    十座「今回は少し上手くいった…気がする」
    咲也「うんうん!帰りにクレープ食べていきましょう!」

七尾 太一 ”元気印BOYS”

駅前 咲也「ShowMustGoOn!で頑張ろう!」
   太一「ShowMustGoOn! 響きがかっけ~!」
   咲也「他のストリートACT見ていこう!」
   太一「サックン真面目~!でも、そーいうとこが好きッス♪」

公園 太一「花学の制服めちゃイケッス!憧れる!」
   咲也「O高の学ランもカッコイイと思うけどな」
   咲也「今度、制服交換してみる?」
   太一「するするー!夢のブレザーデビューッス!」

図書館 太一「俺っちとサックン、髪の色ちょっと似てるよね!」
    咲也「本当だ!誉さんも赤いよね!」
    太一「赤髪ブラザーズ結成するッス~!」
    咲也「なんかカッコいいね…!帰ったら誉さんを誘おう♪」

伏見 臣 ”積極的皿洗い”

駅前 咲也「臣さん、今日もお皿洗い手伝います!」
    臣「ありがとな。いつも助かってるよ」
    臣「今夜は中華料理にするか」
   咲也「しゅうまい…ありますか?あ、お皿洗いは任せてください!」

公園 咲也「はぁ…」
    臣「今朝皿を割ったこと、まだ落ち込んでるのか?」
    臣「咲也に怪我がなくてよかったよ」
   咲也「臣さん優しい…!これから気をつけます!」

図書館 咲也「綴くんにお皿洗いのテクニック伝授してもらいました!」
     臣「皿洗いバイト、沢山やってそうだもんな」
    咲也「お皿洗い、最近ちょっと楽しみなんです」
     臣「ちょっと分かる気がするよ。これからもよろしく頼むな」

古市 左京 ”はじまりの二人”

駅前 左京「まさかお前とストリートACTをすることになるなんてな」
   咲也「ちょっと感慨深いですね」
   咲也「あれ、あそこで見てるのって迫田さん…?」
   左京「アイツ…仕事してろってあれほど…」

公園 咲也「ストリートACTをしてると、あの日のことを思い出します!」
   左京「ほぅ。過去を懐かしめるとは、それだけ成長したってことか?」
   咲也「オレ、ちゃんと成長できてますか…?」
   左京「さあな。それは監督さんに聞いてみろ」

図書館 左京「初心忘るべからずだ」
    咲也「はい!」
    咲也「オレ、劇団のみんなともっともーっとお芝居がしたいです!」
    左京「…そうだな、俺も…フッ、なんでもない」

泉田 莇 ”ノー反抗期と反抗期”

駅前 莇「…アンタ、リーダーなのに礼儀がどーとか言わないんだな」
  咲也「オレは一緒にお芝居ができればそれでいいから!」
  咲也「それに莇くんはたしか…」
   莇「???」

公園 咲也「ええと…莇くんは今反抗期…なんだよね?」
    莇「別にそんなんじゃないけど。誰に言われた?」
   咲也「左京さんが「坊は反抗期だから色々大目にみてくれ」って…」
    莇「あのクソキンパメガネ…。レンズ叩き割る」

図書館 咲也「左京さんは莇くんのことが大事なんだね!」
     莇「は?んなわけねぇだろ」
     莇「…アンタ、反抗期とは無縁の顔してる」
    咲也「そ、そうかな?」

咲也と冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”優等生リーダーズ”

駅前 咲也「今日ってリーダー会議の日でしたよね」
    紬「うん。議題は何が良いかな…」
    紬「俺の方で議題、いくつか考えておくね」
   咲也「いつもありがとうございます!」

公園 咲也「たまには公園でミーティングも良いかもしれませんね!」
    紬「確かに。リラックスした空気でできそうだよね」
   咲也「お弁当持ち寄るのも良さそうですね!」
    紬「まるでピクニックみたいだけど…それも良いかもね」

図書館 咲也「冬組の稽古はすごくストイックなイメージがあります」
     紬「誉さんのポエムや、密くんの昼寝で脱線することも多いけどね…」
    咲也「冬組の稽古、今度見学しても良いですか?」
     紬「もちろん。春組と冬組で合同稽古も良いかもね」

高遠 丞 ”カラダ作り目標”

駅前 咲也「うーん、まだまだだなぁ…」
    丞「何がだ?」
   咲也「丞さんを目標に体作りしてるんですけど…なかなか」
    丞「筋肉は一日にして成らずだ。そんなすぐには無理だろ」

公園 咲也「ランニングは何キロ走るのがいいんでしょう」
    丞「3キロくらいから少しずつ増やしていけばいい」
   咲也「今夜からランニング始めてみます!」
    丞「俺も付き合ってやる。最近あまり走れてなかったからな」

図書館 咲也「前よりも体力がついた気がします!」
     丞「その調子で頑張れ」
     丞「せっかくだから、うさぎ跳びで帰ってみるか」
    咲也「ええ!?」

御影 密 ”毛布、かけてくれた。”

駅前 密「咲也、この前はありがとう」
  咲也「この前…?」
   密「この前、寝てるオレに毛布かけてくれたでしょ」
  咲也「あ!なんだか寒そうだったので、風邪ひかなくてよかったです!」

公園 密「ぐー…すぴー…」
  咲也「密さん、今日はどこでお昼寝を……」
  咲也「もしかして、リラックスしてお芝居するために寝るんですか?」
   密「…うん」

図書館 咲也「図書館ってなんだか落ち着きますよね!」
     密「うん。静かでいい寝床」
     密「今夜は寒そう。また毛布かけて」
    咲也「はい!任せてください!」

有栖川 誉 ”戯曲朗読コンビ”

駅前 咲也「誉さんのおススメの戯曲教えてください」
    誉「シェイクスピア作品はどれもおススメさ」
    誉「今日も戯曲の朗読をしていこうではないか」
   咲也「はい!あ、椋くんも誘ってみますね!」

公園 咲也「誉さんが中庭で読んでいた不思議な戯曲は何ですか?」
    誉「お目が高いね咲也くん!あれはワタシの作品なのだよ♪」
   咲也「誉さんは本当に多才ですね!」
    誉「ふふん♪キミも将来、ワタシのようになりたまえ」

図書館 誉「今日は『テンペスト』の朗読をしよう」
   咲也「わぁ!いいですね!」
   咲也「図書館で『テンペスト』借りてきますね!」
    誉「ついでにワタシの詩集も借りてくると良い」

雪白 東 ”やや刺激強め”

駅前 東「さーく…♪」
  咲也「うわ!?み、耳元で囁かれると何だか照れちゃいます…」
  咲也「あ、東さんのオーラ…何だかドキドキしちゃうな…」
   東「ふふっ、咲は初心で可愛いね」

公園 咲也「東さんて、すごくオーラがありますよね…」
    東「そう?自分じゃ分からないな」
   咲也「きっと、オトナの色気ってやつですね…」
    東「ふふっ、褒めてもらえているのかな。ありがとう」

図書館 東「咲の髪、ふわふわしていて触り心地良さそうだよね」
   咲也「そうですか?東さんの髪はいつもサラサラですよね…」
    東「ボクの髪、触ってみる?あとで咲の髪触らせて」
   咲也「ええ!?えっと…えーっと…はい…!」

ガイ ”釣り好き日誌”

駅前 咲也「ガイさんは、釣りが趣味って本当ですか?」
   ガイ「ああ、ザフラにいた頃はよく釣りに行っていた」
   咲也「オレ、合宿で初めて釣りをしました!そこですごいことがあって…」
   ガイ「すごいこと?気になるな。今度教えてくれ」

公園 咲也「川で幻の魚を釣って名前もつけさせてもらったんです!」
   ガイ「幻の魚の名付け親か。それは貴重な体験だ」
   咲也「レインボー・ソラトブーノ・パタパターナって名前をつけました!」
   ガイ「レインボー…?ずいぶんと奇怪な容姿をしていたのだな」

図書館 ガイ「先日、監督と釣り堀に行ってきた」
    咲也「釣り堀が近くにあるんですか!?知らなかったです」
    ガイ「この帰りに寄っていくか?俺でよければ釣り方を教えよう」
    咲也「うわぁ!いいんですか?よろしくお願いします、ガイさん」

碓氷 真澄

真澄と春組

つづきを読む

佐久間 咲也 ”花学先輩後輩ペア”

駅前 咲也「今日の宿題終わった?」
   真澄「とっくに終わってる」
   咲也「えっ、もう終わったの?すごい!オレはこれからだよ…!」
   真澄「監督と話す時間、減るのが嫌だから」

公園 咲也「真澄くんのクラス担任って誰だっけ?」
   真澄「名前、忘れた。監督じゃないなら誰でも同じ」
   咲也「カントクが担任になったら学校の人気者になりそうだよね」
   真澄「絶対になる。でも、あの人は誰にも渡さない」

図書館 咲也「今日の朝礼、学園長の話長かったね…」
    真澄「寝てたから知らない」
    真澄「監督の話なら何時間でも聞いていたい」
    咲也「真澄くんは本当にカントクのことが大好きだね!」

皆木 綴 ”手のかかる弟”

駅前 綴「えーっと、まず俺から芝居始めるから…って寝るな!」
  真澄「すぅ…すぅ…」
  真澄「監督の顔が見たい…」
   綴「はいはい、じゃあ帰ろうなー」

公園 真澄「綴、俺やりたい役があるんだけど」
    綴「お、珍しいな」
   真澄「俺、監督の夫役やりた―――」
    綴「だと思ったよ!てか彼氏飛ばして夫かよ!」

図書館 真澄「消えたい…もう生きていけない…」
     綴「今朝監督に怒られたこと、まだ気にしてんのか?」
     綴「…監督にカレーパンでも買って帰るか?」
    真澄「こくり」

茅ヶ崎 至 ”交わらないポリシー”

駅前 真澄「監督が見てないんじゃ、やる気でない」
    至「目の前にいる客、全員監督さんだと思えば良いんじゃない」
    至「…真澄さ、ファンサって知ってる?」
   真澄「知らない」

公園 至「顔は良いんだから、もうちょっと笑えば?」
  真澄「何のために?監督のためなら笑うけど」
  真澄「至は何のために外面作ってんの?疲れない?」
   至「はは。大人には色々あるんだよ」

図書館 真澄「至が王子キャラとか、似合わなすぎ」
     至「俺もそう思う」
     至「あ?緊急メンテ?ふざけんな」
    真澄「…至を王子だと思ってる女、同情する」

シトロン ”背後にシトロン”

駅前 シトロン「マスミ、今日もカントクの部屋入れてもらえなかったネ」
     真澄「!?アンタまた覗き見してたのか」
   シトロン「いつでもみんなの背後にシトロンダヨ♪」
     真澄「それ、ただのホラー」

公園 シトロン「ワタシ都市伝説なりたいヨ!」
     真澄「背後にシトロン、すでに都市伝説並みのホラー」
   シトロン「『口だけ女』には負けたくないネ!」
     真澄「それ、たぶん『口さけ女』」

図書館 シトロン「壁にミミ―、障子にメアリー、背後にシトロン…流行らせたいネ」
      真澄「やめろ」
    シトロン「今夜も背後に要注意ネ…♪」
      真澄「悪寒がする…」

卯木 千景 ”手品弟子入り”

駅前 真澄「…千景、頼みがある」
   千景「なに?なんとなく予想はついてるけど」
   真澄「もっと俺に手品教えろ。完璧にマスターして、アイツに見せる」
   千景「やっぱりそうか。いいよ、教えてあげる」

公園 千景「どんな手品にする?カード、コイン、それからロー…」
   真澄「ろー…?」
   真澄「で、さっきの”ろー”って?何か言いかけてた」
   千景「何でもないよ。……ロープなんて言ったら監督さんの身が危ないし」

図書館 千景「真澄、監督さんに手品見せたんだろ?うまくいった?」
    真澄「うん。アイツ、すごく笑ってた。もっといろいろな手品覚えたい」
    真澄「次はロープのマジックやりたい。すごいやつ…」
    千景「…すごいやつ、か。分かった探しておくよ」

真澄と夏組

つづきを読む

皇 天馬 ”鍵っ子繋がり”

駅前 真澄「ただいまって言い忘れたら監督に注意された。愛されてる」
   天馬「愛されてるかは別として…ただいまって言い慣れないよな」
   天馬「帰ると誰かが家にいるって、なんか変な気分だよね」
   真澄「分かる」

公園 真澄「…監督、もうすぐ帰ってくる。俺も帰らないと」
   天馬「おまっ、まさか監督にGPSでもつけてんのか!?」
   真澄「あいつに一番最初に「おかえり」って言うのは、俺」
   天馬「ちょ、今日のノルマまだ終わってないだろ!」

図書館 真澄「監督に一生「おかえり」「ただいま」って言って欲しい」
    天馬「なんだそれ、プロポーズか?」
    真澄「プロポーズの言葉はもう決めてる…天馬には教えない」
    天馬「知りたくねーよ!」

瑠璃川 幸 ”塩対応コンビ”

駅前 真澄「監督にたくさんファンサしろって言われた」
    幸「は?めんどくさ…」
   真澄「握手の列、出来てる…」
    幸「はーい、どうもどうもー」

公園 幸「塩対応も一部の人にとってはファンサでしょ」
  真澄「もしかして監督も塩対応の方が好き…?」
  真澄「帰ったら監督にしてみる、塩対応」
   幸「はいはい、頑張ってー」

図書館 幸「サイコストーカーも監督に毎日されてんじゃん、塩対応」
   真澄「アイツは照れてるだけ。可愛い」
   真澄「手を振ったらファンサになんの?」
    幸「なるでしょ。感激で一生忘れないんじゃない?」

向坂 椋 ”恋って素晴らしいですよね”

駅前 椋「恋っていいよね…」
  真澄「最高」
   椋「恋をすると、胸が苦しくて…」
  真澄「でも世界が輝いて見える」

公園 椋「いいな…ボクも恋、したいな…」
  真澄「監督以外なら、応援してやる」
   椋「運命の人って、やっぱりいるのかな!?」
  真澄「いる。俺の運命の相手は監督だから」

図書館 真澄「監督を見ると、胸の真ん中がぎゅってなる」
     椋「わああああそれが胸キュンですね!!」
    真澄「胸キュン…毎日してる」
     椋「素敵ですね!まるで少女漫画みたいです…!」

斑鳩 三角 ”お名前一文字違いペア”

駅前 三角「おれとますみ、名前似てるね!」
   真澄「似てない」
   三角「「みすみ」「ますみ」一文字違い!似てるでしょ?」
   真澄「似てない」

公園 三角「ますみもさんかく好き?」
   真澄「俺が好きなのは監督」
   三角「ますみもさんかく好きになれる!オレと名前似てるから!」
   真澄「意味分かんないんだけど」

図書館 三角「カントクさんも、おれとますみ名前似てるって言ってた~」
    真澄「監督が言うなら認める」
    三角「オレもカントクさん好き~」
    真澄「は?アンタにはサンカクがあるだろ」

三好 一成 ”LIME友だち?”

駅前 一成「LIMEたまには返事ちょうだいよ~」
   真澄「面倒くさい」
   一成「オレたちLIMEトモダチ~イエーイ♪パシャリ」
   真澄「勝手に友達にするな、写真も撮るな」

公園 一成「ねね!昨日オレが送ったスタンプめちゃオシャじゃない?」
   真澄「見てない」
   一成「見て、このスタンプ女の子にちょー人気なんだって!」
   真澄「…買う」

図書館 一成「あ!まっすーがカントクちゃんにカレーのスタンプ使ってる!」
    真澄「勝手に見るな」
    一成「あ、カントクちゃんからLIMEきた」
    真澄「俺には来てない…。消せ」

兵頭 九門 ”ヘッドフォンかっけー!”

駅前 九門「ねえねえ、真澄さん。そのヘッドホンって音楽聴く用?」
   真澄「? 当たり前。ヘッドホンは音楽聴くためのもの」
   九門「いや~めっちゃカッコいいからオシャレ用かな~って!」
   真澄「これはデザインだけじゃない。性能も抜群」

公園 真澄「このヘッドホンはハイレゾ対応」
   九門「すげー!かっけー!」
   九門「…ところでハイレゾってなに?」
   真澄「……」

図書館 九門「オレもかっけーヘッドホン欲しいな~。真澄さんおススメ教えて!」
    真澄「…別にいいけど」
    真澄「俺のおススメはこれ。もちろんハイレゾ対応」
    九門「!? オレの小遣い何か月分…?」

真澄と秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”花学ハイスペックペア”

駅前 万里「なーんかお前にシンパシー感じるわ」
   真澄「…それって監督が好きってこと?」
   万里「お前も人生イージーモードって感じするからか?」
   真澄「は?監督との恋はハードモードだけど」

公園 真澄「…アンタ、監督のこと狙ってんの?」
   万里「はあ?いきなりなんだよ。つーか俺先輩な」
   真澄「恋愛に先輩も後輩も関係ない」
   万里「めんどくせぇ後輩だな、おい…」

図書館 真澄「アンタのこと、学校で見たことない」
    万里「あー、基本サボってるからな」
    万里「昨日、屋上で告白されてたろ?やるじゃん」
    真澄「別に。監督以外の女、興味ない」

兵頭 十座 ”デフォルト不愛想ペア”

駅前 真澄「アンタ、愛想悪すぎ」
   十座「お前には言われたくねぇな」
   真澄「監督の笑顔が見たい…」
   十座「…そうか」

公園 真澄「はぁ…監督がいないとやる気になれない」
   十座「そうか」
   真澄「臣の手伝いしたら、監督に褒められた」
   十座「良かったな」

図書館 真澄「…監督の声が聞こえた気がした」
    十座「…大丈夫か?」
    真澄「監督にカレーパン買って帰る」
    十座「分かった。先に帰ってる」

七尾 太一 ”超恋愛脳ズ”

駅前 真澄「はぁ…好き…監督が好きすぎて辛い」
   太一「く~!俺っちもそんな恋して~!」
   太一「俺っち遠距離恋愛とかちょっと憧れるッス!」
   真澄「監督と離れるとか、無理」

公園 太一「あ~!あんなところでカップルがキ、キ…!」
   真澄「俺も監督とキスしたい…」
   太一「俺っちもいつか彼女と公園でキ、キッスを…!」
   真澄「監督と…キス…ふふ」

図書館 太一「俺っちも真澄クンみたいにモテて~!超モテて~!」
    真澄「監督以外、どうでも良い」
    太一「近くに恋愛成就のパワースポットがあるらしいよ!」
    真澄「行く」

伏見 臣 ”花ムコ修行中”

駅前 真澄「美味しいカレーの作り方、教えて」
    臣「カントクのためか…。まるで花婿修行だな」
    臣「そういえばお前、包丁握ったことあるのか?」
   真澄「ない。けど、たぶんすぐに覚える」

公園 臣「料理は愛情だ。…まあ、そこは問題なさそうだな」
  真澄「監督への愛情なら誰にも負けない」
  真澄「結婚したらアイツのために毎日カレーを作る」
   臣「毎日カレーか…それは確かに愛がなきゃできないな…」

図書館 真澄「サプライズでカレーを渡して…プロポーズ」
     臣「そこまでやるのか…?」
    真澄「アイツの喜ぶ顔、早くみたい」
     臣「カントクにバレないように、こっそり練習しないとな」

古市 左京 ”恋のライバル…?”

駅前 真澄「……」
   左京「なんだ。ガンつけやがって」
   真澄「アイツは渡さない」
   左京「なるほど、そういうことか…」

公園 左京「ん?あのポスターの俳優…監督さんが好きって言ってた奴か」
   真澄「!!!ライバルが増えた…」
   真澄「監督、ああいう男が好きなのか…メモ」
   左京「ふっ、若いな…」

図書館 真澄「芝居も恋愛も、アンタに負ける気はない」
    左京「ガキのくせに生意気言いやがって」
    左京「…言っておくが、俺も負けるつもりはねえ」
    真澄「のぞむところ」

泉田 莇 ”黒髪クールボーイズ”

駅前 莇「……。」
  真澄「……。」
  真澄「…疲れた」
   莇「…だな」

公園 莇「いつもヘッドホンしてるけどなに聴いてんの?」
  真澄「…プログレとか。いろいろ。」
  真澄「…お前、音楽好きなんだろ。誉、趣味が合うって言ってた」
   莇「いや、好きなジャンルが同じだけで趣味は合わねぇな。全く」

図書館 真澄「これ、やる」
     莇「…CD?ジャケットデザインずいぶん奇抜だな…」
    真澄「それ、誉からもらった謎のCD。俺のおススメ。…聴いてないけど」
     莇「聴いてねぇのかよ!俺に押しつけんな!」

真澄と冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”おばあちゃん子”

駅前 真澄「アンタの雰囲気、ばあちゃんに似てる」
    紬「えっと…それは喜んで良いのかな…?」
   真澄「何かぽわぽわしてて、ちょっと…落ち着く」
    紬「真澄くんも俺と同じでおばあちゃん子だったんだね」

公園 紬「おばあちゃんの知恵袋って役に立つよね」
  真澄「年上との恋愛についても聞いておけばよかった」
   紬「おばあちゃんと恋話かぁ…ちょっと想像できないかも」
  真澄「いつか紹介するんだから、今のうちに話しておいた方がいい」

図書館 紬「真澄くんは、最近おばあちゃんに会った?」
   真澄「しばらく会ってない」
    紬「もしかしてカントクにもおばあちゃんを重ねて…」
   真澄「それはない」

高遠 丞 ”THE無口ズ”

駅前 丞「……」
  真澄「……」
  真澄「終わった」
   丞「終わったな」

公園 丞「…行くぞ」
  真澄「…分かった」
  真澄「…すぅ」
   丞「……」

図書館 真澄「はぁ…監督に会いたい」
     丞「お前、本当にそればかりだな」
    真澄「恋愛って難しい」
     丞「…そうだな」

御影 密 ”24時間快眠コンビ”

駅前 密「ぐー…すぴー…」
  真澄「すぅ…すぅ…」
  真澄「やり切った。眠い」
   密「寝る」

公園 真澄「天気が良い…すぅ…」
    密「ぐー…」
   真澄「ベンチで昼寝してく」
    密「賛成」

図書館 密「ぐーぐー」
   真澄「俺も寝よ」
    密「すやすや…」
   真澄「すやすや…」

有栖川 誉 ”音楽好きハイレゾペア”

駅前 誉「キミがいつもつけているヘッドホンはハイレゾ対応かい?」
  真澄「当然」
   誉「やはり音楽鑑賞はハイレゾに限る」
  真澄「監督の声もハイレゾで売って欲しい」

公園 真澄「この前アンタが貸してくれたCD…あれ、何?」
    誉「作詞・ワタシ、作編曲・支配人、歌唱・ワタシの合作だよ♪」
    誉「そうだ、次作は真澄くんも参加してみないかい?」
   真澄「断る」

図書館 誉「今日は歌いたくなる天気だね」
   真澄「別に」
    誉「今夜の睡眠導入にどんな歌を聴こうかな」
   真澄「俺は監督の子守歌」

雪白 東 ”B型マイペースペア”

駅前 真澄「アンタ、歩くの遅い」
    東「そう?真澄が早いんじゃないかな」
   真澄「監督の声、聞きたい」
    東「あ、水饅頭買って帰ろ♪」

公園 東「あ、あれカントクが好きって言ってた舞台俳優だ」
  真澄「あの人は渡さない」
  真澄「帰ったら、あの舞台俳優と俺どっちがカッコいいか聞く」
   東「ボク、余計なこと言っちゃったかな?」

図書館 東「丞に、人の話を聞けって怒られちゃった」
   真澄「俺もよく綴に言われる」
    東「B型ってだけでネガティブな印象もたれるのはちょっとね」
   真澄「解せない」

ガイ ”レコードコレクターズ”

駅前 ガイ「碓氷は音楽が好きだと聞いた」
   真澄「好き。監督の次の次くらいに」
   ガイ「俺も音楽は好きな方だ。王家の次の次くらいに」
   真澄「…重すぎ」

公園 ガイ「この近くにレコード店はあるだろうか」
   真澄「…ある。行きつけ」
   ガイ「碓氷もレコードが好きなのか?若いのに珍しいな」
   真澄「俺はLPのジャケットが好きなだけ。音も嫌いじゃないけど」

図書館 ガイ「碓氷に教えてもらった店、いいものが多く長居してしまった」
    真澄「…これLPじゃないけどおススメ。たまにはCDもいいと思う」
    真澄「…誉がくれたCD。アンタなら気に入るかも」
    ガイ「有栖川の?興味深い。帰ったら聴いてみよう」

皆木 綴

綴と春組

つづきを読む

佐久間 咲也 ”お兄ちゃんと一緒”

駅前 綴「今日の芝居は兄弟設定でいくか。咲也、兄と弟どっちやりたい?」
  咲也「じゃ、じゃあ兄役で…!」
  咲也「全然ダメだった…。途中から役逆転してましたよね」
   綴「だな…。経験値低い俺らには難しかったか」

公園 咲也「公園で遊んだ覚えあんまりないな…」
    綴「マジで!?」
    綴「昔は弟たちと毎日公園で遊んでたな」
   咲也「やっぱり綴さんは素敵なお兄ちゃんですね!」

図書館 咲也「綴くんは、春組のお兄ちゃんって感じですよね!」
     綴「咲也以外、弟にはしたくない人だらけだけどな…」
    咲也「春組が兄弟だったら、やっぱり長男は至さんなのかな」
     綴「上2人が放浪者で、真ん中が苦労性ってのはテンプレなのか…」

碓氷 真澄 ”手のかかる弟”

駅前 綴「えーっと、まず俺から芝居始めるから…って寝るな!」
  真澄「すぅ…すぅ…」
  真澄「監督の顔が見たい…」
   綴「はいはい、じゃあ帰ろうなー」

公園 真澄「綴、俺やりたい役があるんだけど」
    綴「お、珍しいな」
   真澄「俺、監督の夫役やりた―――」
    綴「だと思ったよ!てか彼氏飛ばして夫かよ!」

図書館 真澄「消えたい…もう生きていけない…」
     綴「今朝監督に怒られたこと、まだ気にしてんのか?」
     綴「…監督にカレーパンでも買って帰るか?」
    真澄「こくり」

茅ヶ崎 至 ”トリセツください。”

駅前 綴「いい加減スマホしまってください」
   至「スマホは小道具ってことでどう?」」
   綴「本当にスマホ小道具でやり切ったよ、この人…」
   至「うっし、デイリー消化~♪」

公園 至「綴もガチャ回してみる?」
   綴「レアなカードなんて当たりませんよ」
   至「うわー、見事にドブった…マジか…さすが綴」
   綴「よく分かんねーけど何かムカつく」

図書館 至「あ、ちょっと待った。経験値3倍フィーバー始まった」
    綴「はいはい。良いから始めますよー」
    至「綴、疲れた顔してる。俺で良ければ相談に乗るけど?」
    綴「誰のせいだと思ってんすか!ったく…いっそリモコンが欲しい」

シトロン ”目指せ漫才の星”

駅前  綴「なんで蝶ネクタイしてんすか!」
 シトロン「今日はストリートMANZAI違うネ?」
 シトロン「ツヅルのツッコミは人間コック砲級ネ!」
    綴「コックさん弾にしちゃダメだろ!人間国宝な!」

公園 シトロン「ツヅル、本場のなんでやねん!見せて欲しいヨ!」
      綴「やりません。てか本場ってなんだよ…」
   シトロン「オー、ツヅルの頭はコーヒープリンみたいネ~」
      綴「なんでやねん!」

図書館 シトロン「ツヅル、漫才は「もうええわ」で終わるセロリーネ!」
       綴「へー、そんなセロリーが…ってそれセオリーな!」
    シトロン「ツヅル、どんどんツッコミ上達してきたヨー!」
       綴「シトロンさんの思うツボな気がする…!」

卯木 千景 ”トンデモエピbot”

駅前 綴「うーん…」
  千景「綴、なにか悩み事?俺で良ければ聞くよ」
   綴「脚本のネタ帳を読み返したんすけど、どれもありきたりで…」
  千景「俺もなにか提供できるネタがないか考えておくよ」

公園 綴「今までで一番やばかった仕事の失敗ってなんすか?」
  千景「うーん。3年前にロストバゲージが原因であわや1千万の損失を…」
  千景「…っていう映画を飛行機で見たって話だったんだけどね」
   綴「1千万が頭にチラついて芝居がボロボロだった…」

図書館 綴「さっき話しかけられた外国人の男の子、知り合いですか?」
   千景「この近辺をフィールドにしてる情報屋だよ。ああ見えて俺より年上」
    綴「いや、どう見ても子供にしか…てか情報屋ってなんすか!?」
   千景「あはは。いつか脚本のネタにでも使って」

綴と夏組

つづきを読む

皇 天馬 ”おこづかい格差”

駅前 綴「なぁ、好奇心で聞くけど小遣いいくら…?」
  天馬「小遣い?一ヶ月――」
   綴「聞かなきゃよかった…セレブ怖い…」
  天馬「いつまでショック受けてんだよ」

公園 綴「お、駄菓子屋だ。毎日50円って決めて買ってたな」
  天馬「50円!?50円で買える菓子があるのか…?」
   綴「駄菓子屋、寄ってくか?50円もあなどれないぞ」
  天馬「仕方ないから、夏組のやつらに土産買ってくか」

図書館 綴「天馬のサインうん万の価値があるんだな…」
   天馬「何考えてんだよ…」
    綴「金困ったらよろしくな!なーんて、冗談に決まってるだろ」
   天馬「おい、綴さんちょっと本気だろ!」

瑠璃川 幸 ”毒舌サンドバッグ”

駅前 綴「今日は時代モノにするか。配役は…」
   幸「村人C。はい、決まり」
   綴「本当に村人Cにしやがったな!?」
   幸「即興のわりに、良く出来たスジだったでしょ?」

公園 綴「俺が作った昼飯、美味かっただろ?」
   幸「まあまあ。余命一年って感じの味」
   綴「つか余命一年ってどんな味だよ!?」
   幸「味が薄めってこと。語彙鍛えろ」

図書館 幸「ちゃーんと存在感出してよね?」
    綴「出す!ぜってー出す!」
    綴「幸さぁ、俺のことなんだと思ってる?サンドバッグ?」
    幸「何度も言ってるじゃん。村人C」

向坂 椋 ”図書委員経験者”

駅前 綴「椋、委員会とか入ってないのか?」
   椋「3年間図書委員をやってます」
   綴「図書委員って楽だよな~カウンター座ってるだけだし」
   椋「隠れてお菓子も食べられますしね」

公園 綴「俺が中学の頃なんて漫画の伝記ばかり読んでたな…」
   椋「面白いですよね!ボクも好きです」
   綴「図書室の匂いって落ち着くよな」
   椋「分かります!ついつい長居しちゃうんですよね」

図書館 綴「ここの図書館品揃えよくて助かる」
    椋「アリスさんの詩集も置いてありました!」
    綴「あ、資料欲しかったんだ。図書館に置いてっかなー」
    椋「何の資料ですか?ボクも探すの手伝います!」

斑鳩 三角 ”スーパーさんかく欠品中”

駅前 三角「頑張ったらスーパーさんかくクンプレゼントするね!」
    綴「いや、いらないっす…」
   三角「残念~スーパーさんかくクン欠品中だ~」
    綴「なんか悔しい…!いらないけど!」

公園 三角「今日はスーパーさんかくクンGETできるかな~?」
    綴「いらないけど、欲しい…いや、本当にいらないんだけど」
   三角「はい!ノーマルさんかくクン~!」
    綴「スーパーじゃないのかよ!」

図書館 綴「スーパーさんかくクンってなんなんすか?」
   三角「スーパーなさんかくクンだよ~」
   三角「残念!スーパーさんかくクン欠品中かも~」
    綴「かもってなんすか!かもって!」

三好 一成 ”俺たち同窓生”

駅前 綴「三好さん、高校の時から全然変わってないっすね…」
  一成「つづるんも地味なとこ全然変わんないね!」
  一成「つづるんが劇団誘ってくれて本当に良かったよー!」
   綴「まさか三好さんが入団するなんて思わなかったっすよ…」

公園 一成「つづるんさ~高校の時カノジョいたっけ~?」
    綴「いてもいなくても、何か言いたくない…」
   一成「ね~つづるん~カノジョは~?」
    綴「しつこい…黙秘で」

図書館 一成「つづるん、うちの学年の女子にけっこー人気だったよ~?」
     綴「ま、まじっすか!?」
    一成「弟にしたい後輩ナンバーワンだった!」
     綴「そっちかー!」

兵頭 九門 ”野球部勧誘中”

駅前 九門「野球やりて~なぁ…」
    綴「じゃあ、今日のストリートACTは野球モノにするか?」
   九門「綴さん、野球詳しいんすね!」
    綴「まあ、夏組の脚本書くためにちょっと勉強したからな」

公園 九門「綴さん!オレと野球部作ろ!」
    綴「いや、俺はもうサッカー部入ってるから…」
   九門「掛け持ちでもいいっすよ!二足の草鞋ってやつ!」
    綴「サッカー部と野球部掛け持ちってハードすぎだろ…体がもたない」

図書館 九門「野球部の活動はお菓子つき!どう!?」
     綴「女子か!つーか、なんで俺なんだよ…」
    九門「綴さんは頼まれたら断れないし、掛け持ち得意だってカズさんが!」
     綴「善意に付け込まれてる…!?てか掛け持ちってバイトの話な!」

綴と秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”人生難易度格差”

駅前 綴「……月の小遣いいくら?」
  万里「小遣い?んなもん貰ったことね―けど」
   綴「実はお前もアルバイトで生計……」
  万里「基本カード払いっしょ。キャッシュは最小限でよし」

公園 綴「人生経験としてバイトはやっとけ」
  万里「歯ごたえがあるバイトならやってもいーけど」
   綴「興味があるバイトあったら言えよ。紹介してやるから」
  万里「へいへい~」

図書館 綴「今月金ねぇ~って思ったことある?」
   万里「あー……ねーな」
    綴「俺も人生スーパーウルトライージーモードとか言ってみてぇ」
   万里「俺は綴のハードモード羨ましいけどな」

兵頭 十座 ”ガラの悪い弟?”

駅前 十座「……」
    綴「緊張すんのは分かる。ただ客睨むのはやめとけ」
    綴「コンビニでアイスでも買って帰るかー」
   十座「うす」

公園 綴「お前もわりかし苦労人タイプだろ」
  十座「思ったことないっす」
   綴「お前、一人でため込むタイプの顔してるわ」
  十座「???どんな顔っすか?」

図書館 綴「見かけはいかついけど可愛いとこあるよな、十座」
   十座「はじめて言われたっす…」
    綴「伏見さんがお前に菓子作ってやりたくなる気持ち、分かるわ」
   十座「???」

七尾 太一 ”下の子思いお兄ちゃん”

駅前 綴「そーいや、太一って実は長男なんだよな?」
  太一「ッス!俺っちもお兄ちゃんポジ狙っちゃうッスよ!」
   綴「お前弟キャラだろ?お兄ちゃんキャラまでとろうとすんな!」
  太一「お兄ちゃんキャラはテッパン!モテには貪欲にいくッス!」

公園 綴「長年お兄ちゃんやってると我慢が身についちゃうんだよなぁ」
  太一「分かる!く~甘やかしてくれる年上のカノジョが欲し~!」
  太一「綴くんはいい人止まりで終わるタイプっしょー!」
   綴「お前本当にモテのことしか頭にないんだなぁ…」

図書館 綴「何か太一とは近いもんを感じるんだよなー」
   太一「綴クンに言われるとなんか嬉しくないッス!」
    綴「無性に実家の弟たちに会いたくなってきたわ」
   太一「俺っちも妹に会いたいッス」

伏見 臣 ”葉大生チューボー組”

駅前 綴「夕飯、何にします?」
   臣「ミネストローネと鶏のコンフィだ」
   綴「鳥料理にすると、また亀吉がうるさいんじゃないんすか?」
   臣「あー、そういえばうちはデリケートな問題抱えてたな」

公園 綴「昼飯は俺が作ります。レタスチャーハンすけど」
   臣「綴のチャーハンはパラパラしてて美味いんだよな」
   臣「デザートは俺が作るよ。杏仁豆腐でいいか?」
   綴「デザートあると、みんなテンションあがるんすよね~」

図書館 綴「監督が買い物に出たってことは…」
    臣「今夜はカレーだな」
    綴「今回はマトンカレーとみた」
    臣「なんだかんだ、カントクのカレーは美味いんだよなぁ」

古市 左京 ”映画鑑賞仲間”

駅前 綴「この前教えてもらった映画めっちゃ面白かったっす」
  左京「気に入ったなら良かった。脚本に役立ててくれ」
   綴「まだDVD借りに行ってもいいっすか?」
  左京「ああ。いつでも来い」

公園 左京「シアタールームが借りられるところを見つけた」
    綴「お、良いっすね!今度行きましょう!」
    綴「寮にもシアタールーム欲しいっすねぇ」
   左京「決して無駄な出費ではないが…まあ、いずれだな」

図書館 綴「たまにすげぇB級映画観たくなることありません?」
   左京「超進化したザリガニが世界征服する映画、結構おススメだぞ」
    綴「今度B級映画祭りやりましょう」
   左京「いい提案だ。集めておこう」

泉田 莇 ”メイク映え舞台希望”

駅前 綴「メイクとして、こんな舞台がやりたいとか要望あるか?」
   莇「…派手にメイクできるやつ」
   莇「例えば、ビジュ――」
   綴「ビジュアル系バンドは却下」

公園 莇「ラッパーの歌舞伎役者とかどう?」
   綴「発想が斬新だな…」
   莇「じゃあサッカー選手の歌舞伎役者」
   綴「とりあえず歌舞伎から離れろ」

図書館 莇「…亡霊たちの顔とか、どう?」
    綴「へえ、アンデッドとは一味違った感じで面白そうだな!」
    莇「クソ左京は落ち武者にしてやる」
    綴「バッチリ私怨混ざってんな…」

綴と冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”脚本の相談相手”

駅前 紬「今度の脚本、順調?」
   綴「あー、それがイマイチなんすよね…」
   紬「俺で良ければ相談乗るよ」
   綴「お願いしたいっす。月岡さんの意見は的確で助かります」

公園 綴「高遠さんて、なかなかいい感想くれないっすよね…」
   紬「丞はほめるのが下手なんだ。いつも台本楽しそうに読んでるよ」
   綴「脚本家として、もっと勉強します」
   紬「うん。頑張ってね」

図書館 紬「次はどんな役をあててくれるのか楽しみだな」
    綴「月岡さんのイメージを覆すような役、あてたいっすね」
    綴「月岡さんなら女性役もアリか…」
    紬「ええ!?流石に恥ずかしいけど…もらった時は全力で演じるよ!」

高遠 丞 ”元ガソスタ店員ズ”

駅前 綴「高遠さん、もしかしてガソスタでバイトしてたことあります?」
   丞「ああ。学生時代やってた」
   綴「シフト表にいた「高遠」って高遠さんのことだったんすね~」
   丞「まさかこんなところで元同僚と会うとはな…」

公園 綴「俺、オイル交換が何気に一番好きだったんすよね~」
   丞「俺はいかに早く出庫させるかに力入れてたな」
   丞「発声の練習にもなるし良いバイトだったな」
   綴「ガソスタって、結構きついけど慣れると楽しいんすよね」

図書館 綴「今度一緒に、元バイト先遊びにいってみません?」
    丞「いいな。ドライブがてら寄ってみるか」
    綴「ガソスタを舞台にした話…結構良さそうじゃないですか?」
    丞「シュールでいいかもな。良かったら主演で使ってくれ」

御影 密 ”運搬係代理”

駅前 密「ぐぅ…」
   綴「やべぇ…マシュマロ忘れた…」
   密「ぐーすぴー…」
   綴「有栖川さんも高遠さんもいないし、おぶって帰るか…」

公園 密「すぅ…」
   綴「よし、今日はマシュマロもってきた…ってもう寝てるし!」
   密「ぐー…ぐー…」
   綴「そろそろ楽に運ぶコツつかめてきそう…」

図書館 密「アリスが、綴は俺の運搬係代理だって言ってた」
    綴「有栖川さん!?」
    密「綴、今日も運搬よろしく…すぅ…」
    綴「了解っす…って人を運搬車扱いすんのやめてください!」

有栖川 誉 ”団内文芸部”

駅前 誉「そうだ!朗読会を開催しよう!」
   綴「朗読会か…。芝居の練習にもなりそうっすね」
   誉「朗読会で読むのはもちろんワタシの――」
   綴「あ、やっぱり俺不参加で」

公園 誉「文芸部のメンバーももう少し増やしたいね」
   綴「椋とか古市さんとか入ってくれそうっすよね」
   誉「勧誘のためにもやはりワタシの詩の朗読会を…」
   綴「しつこいっすよ~」

図書館 誉「脚本、煮詰まっているようだね。この本を参考にするといい」
    綴「ありがとうございます…って有栖川さんの詩集…!」
    誉「ワタシの新刊、本屋さん大賞間違いなしさ♪」
    綴「自信があるところは見習いたいけどな。そこだけ」

雪白 東 ”●●●屋バイト勧誘中”

駅前 綴「やっべ。今月ピンチだな…」
   東「ふふっ、良いバイト紹介してあげようか?」
   東「すっごく簡単で、シフトの融通もきくバイトだよ。しかも高給」
   綴「そんなバイトがこの世にあるんすか…!?」

公園 綴「雪白さん、この前言ってたわりの良いバイトって…」
   東「ふふっ、添い寝屋さんだよ。ボクの後継者♪」
   綴「添い寝屋なんて特殊職業俺にはできないっす!」
   東「簡単だってば。相手の話をきいて一緒に一晩寝てあげるだけ」

図書館 東「綴、ボクの後継者になる気になった?」
    綴「バイト勧誘から後継者勧誘になってんすけど…!」
    東「本当にやらないの?時給これくらいだよ?」
    綴「!!!!!ちょ、ちょっとだけ考えさせて下さい…」

ガイ ”苦労人世話係コンビ”

駅前 綴「シトロンさんの従者か…大変そうっすね」
  ガイ「まあ、幼い頃からだからな。慣れもある」
  ガイ「皆木にはシトロニアが大変苦労をかけたときく」
   綴「苦労かけられまくりです。ぶっちゃけ現在進行形っす」

公園 ガイ「皆木は脚本だけではなくツッコミのレパートリーも豊富なのだな」
    綴「シトロンさんに千本ノックならぬ千本ツッコミさせられたな…」
   ガイ「俺は昔、シトロニアに人面魚を捕ってこいと言われ秘境生活をした」
    綴「俺の苦労もかすむ…」

図書館 ガイ「皆木には従者の素質があるようだ」
     綴「嬉しくないっす」
    ガイ「従者としてザフラに就職するのはどうだろう?」
     綴「遠慮するっす」

茅ヶ崎 至

至と春組

つづきを読む

至と春組

駅前 至「確率0.001%ってエグすぎ…確定チケ試すか」
  咲也「???」
  咲也「至さん、いつものガチャですか?」
   至「そう。また咲也にお願いしようかな」

公園 至「まじで物欲センサー反応しすぎ」
  咲也「物欲センサー…?」
  咲也「至さんはオレの知らないこといっぱい知ってますね!」
   至「咲也は無駄なこと知らなくていいからな」

図書館 至「また10連ガチャ頼んでいい?」
   咲也「ボタン押すだけですよね!もちろんです!」
    至「限定URキタコレ!やっぱガチャは咲也だな」
   咲也「よく分からないですけど、役に立てて嬉しいです!」

碓氷 真澄 ”交わらないポリシー”

駅前 真澄「監督が見てないんじゃ、やる気でない」
    至「目の前にいる客、全員監督さんだと思えば良いんじゃない」
    至「…真澄さ、ファンサって知ってる?」
   真澄「知らない」

公園 至「顔は良いんだから、もうちょっと笑えば?」
  真澄「何のために?監督のためなら笑うけど」
  真澄「至は何のために外面作ってんの?疲れない?」
   至「はは。大人には色々あるんだよ」

図書館 真澄「至が王子キャラとか、似合わなすぎ」
     至「俺もそう思う」
     至「あ?緊急メンテ?ふざけんな」
    真澄「…至を王子だと思ってる女、同情する」

皆木 綴 ”トリセツください。”

駅前 綴「いい加減スマホしまってください」
   至「スマホは小道具ってことでどう?」」
   綴「本当にスマホ小道具でやり切ったよ、この人…」
   至「うっし、デイリー消化~♪」

公園 至「綴もガチャ回してみる?」
   綴「レアなカードなんて当たりませんよ」
   至「うわー、見事にドブった…マジか…さすが綴」
   綴「よく分かんねーけど何かムカつく」

図書館 至「あ、ちょっと待った。経験値3倍フィーバー始まった」
    綴「はいはい。良いから始めますよー」
    至「綴、疲れた顔してる。俺で良ければ相談に乗るけど?」
    綴「誰のせいだと思ってんすか!ったく…いっそリモコンが欲しい」

シトロン ”一級通訳者”

駅前 シトロン「近所のマダムがイタルのことイクメンって言ってたヨ!」
      至「自分で言うの恥ずかしいけどもしかしてイケメンかな」
   シトロン「イケメンはイケてるメンマの略ネ!」
      至「イケてるメンズね。流石にメンマにはなりたくない」

公園 シトロン「イタル、そろそろ体力全回復する時間ダヨ」
      至「まじだ。シトロンGJ」
   シトロン「ワタシただの留学生違うヨ。とっても焼肉ダースネ!」
      至「難問キタコレ。…役に立つ、と見た」

図書館 シトロン「イタルとの出会いは一回一円ダヨ!大切にするネ」
       至「安すぎわろ。一期一会であって欲しいな」
    シトロン「ワタシ日本語の勉強もっと頑張るヨ!」
       至「ま、今のままでもいいけどね。俺的にツボだし」

卯木 千景 ”エリート商社マンズ”

駅前 至「明日のA社との会食、先輩は…」
  千景「もちろんスルー。あそこの営業担当、苦手なんだよな」
   至「飲み会スルーの割に顧客との関係良好って…それどんな特殊スキル」
  千景「それは秘密」

公園 至「総務の子から先輩にって、預かってる物があるんですけど」
  千景「奇遇だな。俺も経理の子から茅ヶ崎に預かりものしてる」
   至「中身チョコレートらしいですよ。残念でしたね」
  千景「お前には請求書の束とエナジードリンクみたいだぞ。仕事お疲れ」

図書館 至「最近ネトゲ始めてないですよね?丸眼鏡アバのギルマスが現れて…」
   千景「ネトゲは俺の守備範囲外。そんなことより、明日プレゼンだろ?」
    至「しまった…今夜はギルイベが…。千景さん、ちょっとだけ…」
   千景「いまわざと「先輩」呼びやめただろ?」

至と夏組

つづきを読む

皇 天馬 ”ファンサ上手”

駅前 天馬「ファンサといえばウィンクに決まってる!」
    至「まじか。シラけたら責任よろ」
    至「天馬、ウィンク下手だな」
   天馬「…帰ったら練習する」

公園 至「スキンシップ増やしてみるか。一部にはファンサだし」
  天馬「本当にそんなのがファンサになんのか…?」
  天馬「スキンシップちょっと増やすだけでこんなに喜ばれるのか…」
   至「これぞ神ファンサ」

図書館 至「最強のファンサ思いついたわ」
   天馬「最強のファンサ…?」
   天馬「……アンタこえーよ。あんなファンサありか…」
    至「攻略してくこの感じ、まじ快感だわ」

瑠璃川 幸 ”外面トラップ”

駅前 幸「あんた、外見と中身ギャップありすぎ。詐欺か」
   至「幸にだけは言われたくないな」
   至「俺のあだ名、なんだっけ?」
   幸「インチキエリート。的を射た良いあだ名でしょ?」

公園 至「幸、メイド喫茶で働いたらかなり人気になるんじゃない」
   幸「ケンカ売ってんの?」
   至「一部のメイドヲタに需要あるんじゃないかなって」
   幸「その顔面に生んでくれた親に感謝しなよ、まじで」

図書館 幸「顔は良いのに中身が残念とか余計に残念だよね」
    至「これは結局貶されてるのかな?」
    至「ちょっと笑えば騙されてくれるんだから、世の中ちょろいよね」
    幸「ま、それは分かる。可愛いって無敵だし」

向坂 椋 ”オトナベンチマーク”

駅前 椋「ボク、至さんのような王子様みたいなオトナになりたいです!」
   至「王子様ねー。普通のリーマンだけど、俺」
   椋「じー…」
   至「すごい見られてる。ていうか観察されてる」

公園 椋「至さんの髪型、漫画で見た王子様にそっくりです!」
   至「まじか。二次元化キタ」
   至「俺、どうせなら白馬よりドラゴンに乗りたいわ」
   椋「わぁ!エルフの王子様ですね!」

図書館 椋「至さん、今日もとってもカッコいいですね!」
    至「完徹明けだけどね」
    至「椋みたいなヒーラーパーティに欲しいわ」
    椋「パーティー…!?わぁ、オトナですね…!」

斑鳩 三角 ”さんかくなゲーム捜索中”

駅前 三角「いたる~!さんかくのゲーム持ってないの~?」
    至「サンカクのゲーム…パズルゲーでありそう」
   三角「さんかくパズルやりた~い!」
    至「探してみる。ちょい待ち」

公園 至「サンカクのゲームありそうでないな…」
  三角「がんばれがんばれ~!さんかくさんかく~!」
  三角「さんかくゲーム、作っちゃう?」
   至「なる。それもあり」

図書館 至「三角、どんなサンカクゲーやりたい?」
   三角「うーん…、さんかくをさんかくにするゲーム!」
    至「サンカクをサンカクにするとか、もしかして:脳トレゲー」
   三角「のうとれー?さんかくだよ?」

三好 一成 ”SNS検定一級”

駅前 一成「たるち氏フォロワーめちゃ伸びたね!」
    至「実況の新作アップしたからかな」
    至「ラーメン食べたい。美味い店知らない?」
   一成「ちょい待ち。フォロワーに聞いてみる」

公園 一成「1000ええな達成!うぇーい♪」
    至「おめ」
   一成「いたるんとの写真あげていい?」
    至「顔にスタンプよろ。身バレは避けたい」

図書館 一成「いたるんの拡散力ぱね~」
     至「一応、フォロワー5桁いるから」
    一成「うわー通信制限きたーテンサゲ~」
     至「まじか。どんまい」

兵頭 九門 ”中二病ペア”

駅前 至「九門は隠してるみたいだけど俺にはわかるよ」
  九門「な、なんの話っすか…!?」
   至「九門はどこを護ってんの?ちなみに俺は第二の門・陰」
  九門「!!!オレは…第九の門・焔っす」

公園 九門「オレがこういうの好きだってことみんなには隠しててください…!」
    至「こういうのって…中二病ってこと?」
    至「中二病を恥じるな。むしろ誇れ。ビー・プラウド!」
   九門「大人に言われると、なんか謎の気持ちがわいてくるっす…!」

図書館 九門「超かっけー詠唱考えたんだ!芝居で使ってみるから、見て!」
     至「九門の考えた最強のロゴス俺が見定めてあげるよ」
    九門「ロゴスバトルめっちゃ楽しかった!」
     至「なかなかやるな。今度、紬入れて3人で中二病ACTやろうか」

至と秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”ガチゲーマー組”

駅前 万里「至さんギルイベもう完走とかやばすぎじゃね」
    至「ギルマスなめんな」
    至「イベ支援してやろうか?」
   万里「なんか悔しいんでいいっす」

公園 至「やば、イベガチャきたわ。ちょっと課金してくる」
  万里「いってらー」
   至「早速緊急メンテとかまじか。しね」
  万里「これは8時間コース」

図書館 至「昨日お前にキル食らったのまだ根に持ってるから」
   万里「ガキっすか。ゲームの世界は非情っしょ」
    至「詫びとして、帰ったら限定クエ付き合え」
   万里「そのつもりっすよ。俺も集めたい強化素材あるし」

兵頭 十座 ”格ゲー感あるよね”

駅前 至「……」
  十座「な、なんすか…?」
   至「↓↑○△→↑←」
  十座「!?」

公園 至「十座みてると無性にコマンド打ちたくなるわ」
  十座「コマンド…?ゲームっすか?」
   至「俺が↑→って言ったら回し蹴りしてみて」
  十座「う、うす…?」

図書館 至「昔ハマった格ゲーに十座みたいなキャラいたんだよなぁ」
   十座「格ゲー…やったことねぇ」
    至「俺が→↑○△↓↓って言ったら波動砲撃って」
   十座「流石に無理っす」

七尾 太一 ”無課金vs廃課金”

駅前 至「限定ガチャ、これは欲しい」
  太一「あ、俺っちもまわしてみるッス!」
  太一「やったー!こつこつ溜めた石で激レアゲットッス♪」
   至「…太一、俺にケンカ売ってんの?」

公園 太一「俺っちも課金したことくらいあるッスよ!300円!」
    至「は?課金厨なめんな」
   太一「至サンの装備すげー!裏技ッスか!?」
    至「裏技?地道な結果だよ。課金は裏切らない」

図書館 太一「俺っちも至サンのギルド入りたいッス!」
     至「300レベ超えてから来い」
    太一「俺っちは無課金でイベント走るッスよー!」
     至「全力で潰す」

伏見 臣 ”夜食供給”

駅前 至「夜食のラーメンよろ」
   臣「トンコツですよね」
   至「焼きおにぎりもプラスで」
   臣「はは、了解です」

公園 至「昨日夜食に頼んだおにぎりいつの間にか消えてたんだけど」
   臣「あー、犯人はたぶん三角ですね…」
   至「俵おにぎりにすればおけ」
   臣「なるほど。分かりました」

図書館 臣「夜食、たまには軽いものにしないと胃もたれしませんか?」
    至「夜だからこそカロリーが欲しい」
    臣「鶏白湯ラーメンもおススメですよ」
    至「じゃあ今夜はそれで」

古市 左京 ”オトナのエリートコンビ”

駅前 至「うちの劇団、そんなに困窮してるんですか?」
  左京「困窮ってほどでもねぇが、決して余裕があるわけじゃない」
  左京「画像データに金突っ込むなら劇団への月謝増やせ」
   至「それはお断りします」

公園 至「経理、俺もちょっと見ましょうか」
  左京「それは助かる。…が、変な支出はするなよ」
   至「いっそのこと、株投資はじめてみるとか」
  左京「投資する金すら今は勿体ない」

図書館 至「経済学、少しは分かるんで何かあったらいつでもどうぞ」
   左京「そうだな。今度相談させてもらう」
    至「買い時の株も教えましょうか」
   左京「個人的に聞いておこう」

泉田 莇 ”生活改善希望”

駅前 莇「じー…」
   至「…そっと目を逸らす俺」
   莇「肌のコンディション落ちてんな。公演期間だったら裏拳3発だった」
   至「いやいや、裏拳3発くらう方が被害甚大なんですけど」

公園 莇「今日から至さん、21時就寝、夜食禁止な」
   至「外道すぎワロタ」
   至「夜食は譲るから21時就寝だけは勘弁してほしいんだけど…」
   莇「ちっ。スキンケアの工数増やすからな」

図書館 至「言われた通り、夜食禁止してスキンケア頑張りました」
    莇「…ふーん。元の肌質いいしな。ま、ギリギリ及第点」
    至「…よし、今夜はピザとコーラでオールナイト♪」
    莇「ぶっころす」

至と冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”カテキョ経験者”

駅前 至「紬のカテキョの生徒って小学生?」
   紬「前は小学生も教えてたけど今は高校生がメインかな」
   紬「至くんも、咲也くんの家庭教師引き受けてあげてたよね」
   至「一回だけね。咲也は手のかからない生徒だから」

公園 至「紬はいかにも、優しくて教え上手な先生って感じ」
   紬「あはは。そう思ってもらえてたら嬉しいけど」
   紬「至くんもカテキョ向いてそうだね」
   至「そうかな。ま、咲也のカテキョは悪くなかったけど」

図書館 紬「学生組を集めて宿題を見てあげるんだけど、至くんもどう?」
    至「イベ中だからパス」
    紬「俺理系はあまり得意じゃなくて。至くんがいてくれたら心強いな」
    至「教え上手で頼み上手か…。分かった、ちょっとだけね」

高遠 丞 ”同世代フランクペア”

駅前 至「やば、経験値アップフィーバー始まった。丞、あとはよろ」
   丞「おい、ふざけるな」
   至「招待キャンペーンキタ。丞、招待メール送っていい?」
   丞「好きにしろ。登録だけならしてやる」

公園 至「よく同じ相手と何年もいられるよね。飽きない?」
   丞「兄弟みたいなもんだから飽きるとかはないな」
   至「丞カラダ鍛えすぎ。隠されし森の巨神兵かよ」
   丞「ゲームのキャラに例えるのやめろ」

図書館 丞「茅ヶ崎も一緒にサッカー…悪い、なんでもない」
    至「あれ、今俺もしかして馬鹿にされた?」
    至「高校の頃、丞みたいな筋肉馬鹿の体育の先生いたわ。なつかし」
    丞「筋肉馬鹿…お前は体育の時保健室常連のタイプか?」

御影 密 ”ラノベの主人公?”

駅前 至「本当に記憶ないの?」
   密「ない」
   至「ラノベ主人公みたいな設定やば」
   密「ラノベ…?」

公園 至「御影密って名前からしてラノベ主人公感出てる」
   密「よく分からないけど、寝る」
   密「ぐー…すぴー…」
   至「ゲームだったら属性:闇 アサシンって感じだわ」

図書館 密「ぐーすぴー…」
    至「ラノベ展開待ってるんだけど」
    至「記憶戻ったら教えて」
    密「分かった。…なんかちょっと楽しそう?」

有栖川 誉 ”耳栓必須”

駅前 誉「ん~オランダのナンだ~羽ばたくグライダー~♪」
   至「……」
   誉「おや、至くんは耳栓をして…まさかおねむなのかい?」
   至「……」

公園 誉「おや、朝耳栓を外し忘れてしまったのかな。とってあげよう」
   至「怖いほどポジティブ」
   誉「至くん、実はおっちょこちょいのドジっ子属性なのだね♪」
   至「ド天然な変人とか一番面倒なやつだ…」

図書館 誉「ワタシも耳栓を買ったよ!ん?至くんの声が聞こえないな」
    至「馬鹿と天才紙一重とはまさにこのこと」
    誉「キミに詩を書いたんだ!有り難く聞きたまえ♪」
    至「安定の耳栓装着っと」

雪白 東 ”ふまじめ寄り道組”

駅前 東「ノルマ達成しないと今夜のおかずが一つ減るらしいよ」
   至「左京さんの提案かー。ま、やるしかないですね」
   東「ギリギリノルマいかなかったね。まぁ自腹でかさ増しすれば良いか」
   至「その発想、天才」

公園 東「日差しが強いとテンション下がるよね…」
   至「スマホの画面も見づらい」
   東「疲れちゃった。ちょこっとお茶してかない?」
   至「賛成」

図書館 東「今日は怒りをテーマにストリートACTしろだって」
    至「うわ、めんどいやつ。スルーで良いんじゃない?」
    東「やりきった、やりきった♪」
    至「さーて、ゲームの続きを…」

ガイ ”朝シャン仲間”

駅前 至「ガイさんが朝シャン派とはちょっと意外でした」
  ガイ「赤ちゃん派?子供は嫌いではないが…」
   至「朝シャンね。朝にシャンプーすることですよ」
  ガイ「なるほど、略語というわけか。また一つ日本語を覚えた」

公園 ガイ「朝に運動で汗を流すことが多いから、朝のシャワーは必至だ」
    至「なる。ついでに寝ぐせもリセットされていいですよね」
   ガイ「従者は身だしなみが大事だ。寝ぐせがあっては困るからな」
    至「ガイさん、いつも身綺麗にしてますよね。髪もセットしてるし」

図書館 ガイ「最近シャンプーが水っぽい気がするのだが…気のせいだろうか」
     至「ついでにシャワーの水圧も弱い」
    ガイ「バスルームに住み着く魔物かなにかの仕業だろうか…」
     至「いや、寮に住んでるヤクザの仕業だと思います」

シトロン

シトロンと春組

つづきを読む

佐久間 咲也 ”トンデモ常識教室”

駅前 シトロン「ワタシそろそろピザが切れるネ…サクヤ、さよならダヨ…」
     咲也「ええ!?今夜臣さんに頼んでピザを作ってもらいましょう!」
     咲也「シトロンさんともっとお芝居していたいです…!」
   シトロン「オー、サクヤは本当に可愛くてだいすきダヨー!」

公園 シトロン「ワタシのこのネックレスには呪いがかかっているネ…」
     咲也「ええ!?の、呪い!?」
   シトロン「呪いのことは、ワタシとサクヤの秘密ダヨ」
     咲也「は、はい…!呪いをとく方法オレも探します!」

図書館 シトロン「『ナイフでは切れない』最近覚えた日本語ダヨ!」
      咲也「な、なぞなぞかな…?オレももっと国語勉強しなきゃ…」
    シトロン「サクヤも一緒にスライディングジャパニーズするネ♪」
      咲也「す、スライディング…?野球かな…?」

碓氷 真澄 ”背後にシトロン”

駅前 シトロン「マスミ、今日もカントクの部屋入れてもらえなかったネ」
     真澄「!?アンタまた覗き見してたのか」
   シトロン「いつでもみんなの背後にシトロンダヨ♪」
     真澄「それ、ただのホラー」

公園 シトロン「ワタシ都市伝説なりたいヨ!」
     真澄「背後にシトロン、すでに都市伝説並みのホラー」
   シトロン「『口だけ女』には負けたくないネ!」
     真澄「それ、たぶん『口さけ女』」

図書館 シトロン「壁にミミ―、障子にメアリー、背後にシトロン…流行らせたいネ」
      真澄「やめろ」
    シトロン「今夜も背後に要注意ネ…♪」
      真澄「悪寒がする…」

皆木 綴 ”目指せ漫才の星”

駅前  綴「なんで蝶ネクタイしてんすか!」
 シトロン「今日はストリートMANZAI違うネ?」
 シトロン「ツヅルのツッコミは人間コック砲級ネ!」
    綴「コックさん弾にしちゃダメだろ!人間国宝な!」

公園 シトロン「ツヅル、本場のなんでやねん!見せて欲しいヨ!」
      綴「やりません。てか本場ってなんだよ…」
   シトロン「オー、ツヅルの頭はコーヒープリンみたいネ~」
      綴「なんでやねん!」

図書館 シトロン「ツヅル、漫才は「もうええわ」で終わるセロリーネ!」
       綴「へー、そんなセロリーが…ってそれセオリーな!」
    シトロン「ツヅル、どんどんツッコミ上達してきたヨー!」
       綴「シトロンさんの思うツボな気がする…!」

茅ヶ崎 至 ”一級通訳者”

駅前 シトロン「近所のマダムがイタルのことイクメンって言ってたヨ!」
      至「自分で言うの恥ずかしいけどもしかしてイケメンかな」
   シトロン「イケメンはイケてるメンマの略ネ!」
      至「イケてるメンズね。流石にメンマにはなりたくない」

公園 シトロン「イタル、そろそろ体力全回復する時間ダヨ」
      至「まじだ。シトロンGJ」
   シトロン「ワタシただの留学生違うヨ。とっても焼肉ダースネ!」
      至「難問キタコレ。…役に立つ、と見た」

図書館 シトロン「イタルとの出会いは一回一円ダヨ!大切にするネ」
       至「安すぎわろ。一期一会であって欲しいな」
    シトロン「ワタシ日本語の勉強もっと頑張るヨ!」
       至「ま、今のままでもいいけどね。俺的にツボだし」

卯木 千景 ”デタラメコンビ”

駅前 シトロン「ワタシに協力なライバルが出現してしまったネ…」
     千景「シトロンのライバルか。それは気になるな」
   シトロン「チカゲネ!カンカンドンドンなエピソードはキャラかぶりダヨ!」
     千景「トンチンカンなエピソード、か?この時点でシトロンの勝ちだよ」

公園 シトロン「チカゲ、ワタシやってしまったね…」
     千景「面倒ごとの処理なら引き受けるよ」
   シトロン「10円落としたネ…ご縁が2つ減ったヨ…」
     千景「ここは俺の手品の出番かな?」

図書館 シトロン「ツムギに闘魂買って帰る約束したネ!キレイに炸裂させるヨ!」
      千景「じゃあ中庭にギャラリー集めないとな」
    シトロン「我が国に伝わる手品見せるヨ!ん〜…ハイ!今ツヅルがコケたネ」
      千景「ザフラの手品は呪いだったか。覚えておこう」

シトロンと夏組

つづきを読む

皇 天馬 ”スシトモ”

駅前 シトロン「今日はワタシ、甘エビの役やるネ!」
     天馬「どんな芝居する気だ!」
   シトロン「オー、ピチピチしたらお腹すいたネ…」
     天馬「寿司でも食って帰るか」

公園 シトロン「テンマはスシネタ何が好きネ?」
     天馬「寿司といったら大トロだろ」
   シトロン「トロットロだからトロ…。ニホンゴ単純で簡単ネ~」
     天馬「ちゃんと日本語しゃべれるようになってから言え」

図書館 シトロン「テンマ、良いスシ屋見つけたネ!」
      天馬「お、美味いのか?」
    シトロン「ガリがガッリガリで絶品ヨ!」
      天馬「絶賛ポイントガリかよ!てかガッリガリって何だ!」

瑠璃川 幸 ”歌舞伎鑑賞仲間”

駅前 シトロン「週末の歌舞伎ティペットGETしたヨー!」
      幸「丞にも言っておく。ついでにチケットね」
   シトロン「ワタシもシトロン屋ー!って呼ばれたいヨ!」
      幸「シトロン屋~。はい、満足?」

公園 シトロン「今日はいっぱいカブくヨ!」
      幸「それ意味分かって使ってる?」
   シトロン「MANKAIカンパニーも歌舞伎に挑戦するネ!」
      幸「衣装作りは楽しそう」

図書館 シトロン「シトロン流の中締め披露するヨ!」
       幸「流し目でしょ」
    シトロン「中締めパーフェクトだったヨ!歌舞伎役者役もばっちりネ♪」
       幸「もうツッコむのやめよ」

向坂 椋 ”憧れの●●様”

駅前  椋「シトロン様はどこか異国の王子様のような気品がありますよね…!」
 シトロン「ムクは本当に王子様が好きネ」
    椋「白馬の王子様もいいけど豹を侍らせる王子様も素敵です!」
 シトロン「ヒョウ知ってるヨ!ハードな雨のことネ!」

公園 シトロン「ムク、王子になりたいなら帝王学マスターするネ」
      椋「帝王学…!うわぁ、かっこいいです!」
   シトロン「ワタシがシトロン流帝王学伝授してあげるヨ」
      椋「よ、宜しくお願いします…!」

図書館 椋「新刊にシトロン様そっくりの王子様が出てきました…!」
 シトロン「ワオ、もしかしたらモデルはワタシかもしれないネ」
 シトロン「漫画のプリンスのコスプレ、ムクのためにチャレンジするネ♪」
    椋「わぁ、楽しみです!幸くんに衣装頼んでみます!」

斑鳩 三角 ”出会いはおにぎり”

駅前 三角「しとろんのおにぎり食べちゃってごめんね~。美味しかったよ!」
 シトロン「ミスミはおにぎりが好きネ。あの時はビックリしたヨ~」
 シトロン「今度一緒におにぎり作るネ!」
   三角「つくるつくる~!さんかくさんかく~!」

公園 シトロン「小腹がすいたヨ」
     三角「おにぎりならあるよ!」
     三角「おひねりいっぱ~い!」
   シトロン「おにぎり買って帰るヨー!」

図書館 三角「おにぎりって~英語でなんていうの?」
  シトロン「ライスボール、ダヨ」
    三角「ライスボール…?ボールじゃなくてさんかくだよ?」
  シトロン「オー、いつかこんな時が来る思ってたネ」

三好 一成 ”難解日本語使い”

駅前 シトロン「カズはとっても駄洒落ネ~!」
     一成「日本語間違ってるっぽいけどとりまありがとん♪」
   シトロン「カズの使う言葉は不思議ネ。何語ダヨ?」
     一成「ベースは日本語でちょいアレンジ加えてる感じ~?」

公園 一成「ロンロン、バイブスあげてこ!」
 シトロン「分かったヨ!とってもブルブルするヨー!」
   一成「ロンロン今度オレの絵のデルモやってよ!」
 シトロン「出る藻?がんばって出してみるヨー!」

図書館 シトロン「演劇の世界も焼肉定食ネ」
      一成「一気にハラヘリペコリンコ~」
      一成「オレたち相性やばたん!シトカズコンビ作っちゃお!」
    シトロン「祝・血栓ネ!」

兵頭 九門 ”ザフラ式健康法伝授”

駅前 シトロン「クモンはケッコンオタクネ?」
     九門「け、結婚!?それとも血痕!?ど、どっちでもないっす…!」
   シトロン「我が国に伝わるスペシャルなメソッド教えてあげるネ!」
     九門「よくわかんねーけど丁重にご遠慮申し上げる候っす…!」

公園 九門「健康マニアって言ったんすね!いや~綴さんに聞いて良かった!」
 シトロン「オー、そうヨ!クモンは日本語リスニング苦手ネ!」
 シトロン「寝る前にヒョウ、ゴリラ、最後にラフレシアのポーズをするネ」
   九門「それがシトロンさんの国秘伝の健康法…!やってみます!」

図書館 九門「教えてもらった健康法、毎晩すみーさんと試してます!」
  シトロン「ケツゾクは力なりネ!もっともっと頑張れダヨ!」
    九門「すみーさん以外の夏組のみんなにも教えてあげよーっと♪」
  シトロン「稽古前の柔軟に取り入れるのがおススメダヨ♪」

シトロンと秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”カラオケ大好きコンビ”

駅前 シトロン「昨日のカラオケもベリーホットだったヨ」
     万里「何だかんだ4時間もいちまったな~」
   シトロン「今日も採点100点目指すヨ!」
     万里「もち」

公園 シトロン「バンリはロックが好きネ?」
     万里「そうでもねーけどなんか歌いやすいんだよな」
     万里「シトロンの歌う曲はいつもジャンル不明だけどな」
   シトロン「日本のカラオケすごいヨ!何でも入ってるネ!」

図書館 シトロン「寮の屋根裏にカラオケルーム作ってみるヨー!」
      万里「支配人の部屋カラオケルームにしちゃダメだろ」
      万里「あ~、無性に歌いてぇ…」
    シトロン「まだフリータイム間に合うネ!GOするヨ!」

兵頭 十座 ”ジャパニーズヤンキー!”

駅前 シトロン「ジャパニーズヤンキーワタシ、会いたかったヨー!」
     十座「あ…?なんでだ…?」
   シトロン「ヤンキーは学園モノで一番涙誘うポジションネ!」
     十座「???」

公園 シトロン「ジューザ、リーゼント絶対似合う思うネ!」
     十座「そうっすか…?」
     十座「リーゼントはしたことねぇな」
   シトロン「ジューザはリーゼントよりもオールバック派ネ!」

図書館 シトロン「メリケンサックどこに忍ばせてるネ?」
      十座「いや、持ってねぇっす」
    シトロン「空き地の決闘ある時は招待してほしいヨー!」
      十座「う、うす」

七尾 太一 ”語尾がくどいズ”

駅前 シトロン「タイチとってもキュートネ。すぐにラバーできるヨ!」
     太一「本当ッスか!?早くカノジョ欲しいッス~!」
   シトロン「タイチの語尾、とってもユニークネ」
     太一「シトロンに言われたくないッス!」

公園 シトロン「タイチはお手と待てが出来るネ?」
     太一「俺っち犬じゃないッスー!できるけど!やっちゃうけど!」
   シトロン「タイチ、お手ネ」
     太一「ワン♪…って、やらせないで欲しいッス~!」

図書館 太一「合コン憧れるッス~!」
  シトロン「ワタシが主催やるネ!」
  シトロン「とりあえずキツネたくさん捕まえておくダヨ!」
    太一「コンの意味やっぱり間違ってるッス~!」

伏見 臣 ”母国の味探求中”

駅前 シトロン「オミに、我が国の味を再現してみて欲しいネ」
      臣「たまには故郷の味、食べたいよな」
      臣「材料は日本で揃うのか?調味料とか」
   シトロン「モーマンタイダヨ!ワタシが空輸しておくネ」

公園 シトロン「我が国のレシピを取り寄せておいたネ」
      臣「ありがとう」
      臣「まいったな…。レシピが全部外国語で読めない…」
   シトロン「ワタシが翻訳するからダイジョブネ!」

図書館 シトロン「オミ、レシピを日本語に翻訳しておいたヨ」
       臣「…これはこれで読解困難だ」
    シトロン「オミ、今夜のディナー楽しみにしてるヨー!」
       臣「…頑張ります」

古市 左京 ”温泉好き湯けむりペア”

駅前 シトロン「ぶらり温泉旅するネ!」
     左京「たまにはいいだろう。心身共に癒しは必要だ」
   シトロン「温泉発掘して、ONSENカンパニー始めるヨ!」
     左京「それは却下だ」

公園 シトロン「温泉に行くなら南ネ」
     左京「いや、北だろう」
   シトロン「温泉と言えばフルーツ牛乳と卓球がセットダヨ!」
     左京「なに?コーヒー牛乳とマッサージ機だろうが」

図書館 シトロン「寮のお風呂も天然温泉にするヨ!」
      左京「ONSENカンパニー、まだ諦めてなかったのか…」
    シトロン「温泉はいい財源になるネ。ガッポガッポ間違いなしダヨ」
      左京「…それは一理あるな。維持費の面をクリアできれば…」

泉田 莇 ”異国メイク勉強中”

駅前  莇「シトロンさんの顔って特徴的だよな」
 シトロン「特徴的?」
 シトロン「エキゾチックでアメイジングなビューティーフェイスってことネ?」
    莇「…そこまでは言ってねぇけど」

公園 シトロン「アザミは外国のメイク興味あるネ?」
      莇「ある。シトロンさんの国のメイクどんな感じ?」
   シトロン「目はコンゴウインコのごとし唇はゴクラクチョウのごとしダヨ」
      莇「???」

図書館 莇「シトロンさんの国は確か南国…カラーメイクってことか。」
 シトロン「オー、そういう言い方もあるヨ!ワタシの顔で試してみるネ?」
 シトロン「ワタシまぶたラメラメでメラメラギラギラにしてほしーヨー!」
    莇「よくわかんねぇけどメイク中は黙らせるからな」

シトロンと冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”正しい日本語教室”

駅前 シトロン「ツムギはカテキョで日本語教えてるネ?」
      紬「日本語というか、現国かな」
   シトロン「ワタシの日本語の先生にもなって欲しいネ!」
      紬「俺なんかで良ければいつでも教えるよ」

公園 シトロン「ビチバチお願いネ」
      紬「うん、ビシバシいくよ」
   シトロン「ストリートACTは懐が深いネ~」
      紬「奥が深い、かな?正しい日本語もちょっとずつ学んでいこうね」

図書館 シトロン「ワタシの好きな日本語は一等当選ダヨ!イイネ!」
       紬「一騎当千の間違いかな…?それとも本当に一等当選…?」
    シトロン「事後解決してしまうのはツムギの悪いクセってタスク言ってたヨ」
       紬「た、たぶん自己完結かな?後で丞に聞いておこう…」

高遠 丞 ”言語圏外”

駅前 シトロン「脇肉血まみれでいくネ!」
      丞「脇肉…?大円筋のことか…?」
   シトロン「タスクの「伏せろふんどしー!」ってセリフかっこよかったネ!」
      丞「そんなセリフは言ってない」

公園 シトロン「タスクは癒しチューバ、ゴマと醤油どっちが好きネ?」
      丞「なんのことを言っているのかさっぱり分からん…」
   シトロン「稽古をしながら資金稼ぎまさに移籍二丁目ダヨ!」
      丞「春組のやつらはこの言葉が分かるのか…?」

図書館 シトロン「ツヅルがなかなかセリフ増やしてくれないネ…」
       丞「そりゃそうだろうな」
       丞「その話し方はわざとなのか…?」
    シトロン「オー、失礼ネ。ワタシはいつでもピュアっピュアダヨ」

御影 密 ”ダンス・ダンス・ダンス”

駅前 シトロン「~~~♪」
      密「ダンス…?」
   シトロン「ヒソカはダンス好きネ?」
      密「好きでも嫌いでもない」

公園 シトロン「我が国デハ、自然と一体化して踊るネ。これは水の舞~♪」
      密「自然と一体化…」
      密「~~~♪」
   シトロン「ワオ!風と一体化したダンス素晴らしいヨ!」

図書館 シトロン「今日の芝居のテーマはずばり、ダンスだヨ!」
       密「…分かった」
    シトロン「~~~♪」
       密「~~~♪」

有栖川 誉 ”お騒がせケミストリー”

駅前 シトロン「ホマレのポエムはクセになるヨー!」
      誉「キミのユニークな言葉もなかなか面白いね」
      誉「はっ!詩興が沸いたぞ!ふんふんふ~ん♪」
   シトロン「芸術は爆竹というヤツダヨ!」

公園 シトロン「いいこと思いついたヨ!ホマレの詩にワタシのダンスつけるネ」
      誉「ほぅ…それはなかなか面白そうだね」
   シトロン「これからどんどんコラボやっていくネ!」
      誉「うむ。監督くんにも提案してみよう」

図書館 誉「シトロンくん、今度合作の詩集を出さないかい?」
 シトロン「イイネ!とっても面白そうな企画ネ♪」
    誉「2人でカンパニーの活性化に努めていこうではないか♪」
 シトロン「エイエイオーダヨ♪」

雪白 東 ”雀鬼対決”

駅前 シトロン「アズマ、今夜も一勝負いくネ」
      東「ふふっ、負けないよ」
   シトロン「アズマのおかげで熱い夜を過ごせているネ。感謝ダヨ」
      東「ふふっ、どういたしまして」

公園  東「昨日は危うく左京くんに持っていかれるところだったね」
 シトロン「カズナリも抜け目ないヨ。ツワモノぞろいネ!」
 シトロン「アズマの連チャン止めるのはこのワタシダヨ」
    東「王子様、目が本気だね。楽しみにしてるよ」

図書館 シトロン「子どもたちが寝静まった午前0時にスタートダヨ」
       東「オトナの時間だね」
    シトロン「雀卓は戦場ネ」
       東「ふふっ、王子様の前では気が抜けないな」

ガイ ”ザフラ大使”

駅前 シトロン「≪ガイ、今日の予定は?≫」
     ガイ「≪和菓子屋の若旦那とお茶、米屋の店主とヨガのあと…≫」
   シトロン「≪私の予定ではない。お前の予定だ≫」
     ガイ「≪俺は従者だ。シトロニアの予定が俺の予定だ≫」

公園 ガイ「≪日本は少々変わったマスコットの着ぐるみが多い印象だ≫」
 シトロン「≪あれも日本のカルチャーの一つ…その名を『ゆるキャラ』≫」
 シトロン「≪そうだ、父上の『ゆるキャラ』を作るのはどうだろうか!」
   ガイ「≪王族の威厳が…≫」

図書館 シトロン「今日は一日ザフラ語禁止ネ!」
      ガイ「承知した」
    シトロン「ガイの聞き間違いのせいで外国人MANZAIになってしまったネ」
      ガイ「すまない。シトロニアの日本語はたまに難解で処理できなくてな」

卯木 千景

千景と春組

つづきを読む

佐久間 咲也 ”コイントス勝負”

駅前 千景「景気づけに一勝負。はい、どっちに入っているでしょう?」
   咲也「…み、右!」
   千景「咲也は右って答える確率が高いよね。敗因の9割はそれかもよ」
   咲也「ええ!?これから気をつけます!」

公園 咲也「今日はオレから!ええと、コインをこう持って…って、ああ!」
   千景「…コイン、どこかに転がっていったな」
   咲也「千景さんみたいにカッコよくコイントスができたらな…」
   千景「慣れだよ。このコインあげるから暇な時いじるようにしてごらん」

図書館 咲也「千景さんがくれたこのコイン…どこかの国の硬貨ですか?」
    千景「今は滅びてしまった小国のものだよ。幻の硬貨と呼ばれているんだ」
    千景「コインの話は冗談だよ。大事にしてくれたら嬉しいってこと」
    咲也「そうだったんですね!これからも大事にします!」

碓氷 真澄 ”手品弟子入り”

駅前 真澄「…千景、頼みがある」
   千景「なに?なんとなく予想はついてるけど」
   真澄「もっと俺に手品教えろ。完璧にマスターして、アイツに見せる」
   千景「やっぱりそうか。いいよ、教えてあげる」

公園 千景「どんな手品にする?カード、コイン、それからロー…」
   真澄「ろー…?」
   真澄「で、さっきの”ろー”って?何か言いかけてた」
   千景「何でもないよ。……ロープなんて言ったら監督さんの身が危ないし」

図書館 千景「真澄、監督さんに手品見せたんだろ?うまくいった?」
    真澄「うん。アイツ、すごく笑ってた。もっといろいろな手品覚えたい」
    真澄「次はロープのマジックやりたい。すごいやつ…」
    千景「…すごいやつ、か。分かった探しておくよ」

皆木 綴 ”トンデモエピbot”

駅前 綴「うーん…」
  千景「綴、なにか悩み事?俺で良ければ聞くよ」
   綴「脚本のネタ帳を読み返したんすけど、どれもありきたりで…」
  千景「俺もなにか提供できるネタがないか考えておくよ」

公園 綴「今までで一番やばかった仕事の失敗ってなんすか?」
  千景「うーん。3年前にロストバゲージが原因であわや1千万の損失を…」
  千景「…っていう映画を飛行機で見たって話だったんだけどね」
   綴「1千万が頭にチラついて芝居がボロボロだった…」

図書館 綴「さっき話しかけられた外国人の男の子、知り合いですか?」
   千景「この近辺をフィールドにしてる情報屋だよ。ああ見えて俺より年上」
    綴「いや、どう見ても子供にしか…てか情報屋ってなんすか!?」
   千景「あはは。いつか脚本のネタにでも使って」

茅ヶ崎 至 ”エリート商社マンズ”

駅前 至「明日のA社との会食、先輩は…」
  千景「もちろんスルー。あそこの営業担当、苦手なんだよな」
   至「飲み会スルーの割に顧客との関係良好って…それどんな特殊スキル」
  千景「それは秘密」

公園 至「総務の子から先輩にって、預かってる物があるんですけど」
  千景「奇遇だな。俺も経理の子から茅ヶ崎に預かりものしてる」
   至「中身チョコレートらしいですよ。残念でしたね」
  千景「お前には請求書の束とエナジードリンクみたいだぞ。仕事お疲れ」

図書館 至「最近ネトゲ始めてないですよね?丸眼鏡アバのギルマスが現れて…」
   千景「ネトゲは俺の守備範囲外。そんなことより、明日プレゼンだろ?」
    至「しまった…今夜はギルイベが…。千景さん、ちょっとだけ…」
   千景「いまわざと「先輩」呼びやめただろ?」

シトロン ”デタラメコンビ”

駅前 シトロン「ワタシに協力なライバルが出現してしまったネ…」
     千景「シトロンのライバルか。それは気になるな」
   シトロン「チカゲネ!カンカンドンドンなエピソードはキャラかぶりダヨ!」
     千景「トンチンカンなエピソード、か?この時点でシトロンの勝ちだよ」

公園 シトロン「チカゲ、ワタシやってしまったね…」
     千景「面倒ごとの処理なら引き受けるよ」
   シトロン「10円落としたネ…ご縁が2つ減ったヨ…」
     千景「ここは俺の手品の出番かな?」

図書館 シトロン「ツムギに闘魂買って帰る約束したネ!キレイに炸裂させるヨ!」
      千景「じゃあ中庭にギャラリー集めないとな」
    シトロン「我が国に伝わる手品見せるヨ!ん〜…ハイ!今ツヅルがコケたネ」
      千景「ザフラの手品は呪いだったか。覚えておこう」

千景と夏組

つづきを読む

皇 天馬 ”こっそり家庭教師”

駅前 天馬「…千景さん、アンタ頭良いんだろ」
   千景「悪くない方だと思うけど…天馬は俺に何か頼みでもあるのかな」
   天馬「課題が進まなくて…横でアドバイスの1つや2つもらえると助かる」
   千景「つまり教えて欲しいってことか。いいよ、俺でよければ手伝おう」

公園 千景「勉強を教えるのは紬の役目だと思っていたけど…どうして俺に?」
   天馬「べ、別に…深い理由はない…」
   千景「いつもみんなに混じって教えてもらうのが恥ずかしいんだっけ?」
   天馬「べ、別にそういうワケじゃない!」

図書館 天馬「千景さんが教えてくれたテストのヤマ、大当たりだったぞ!」
    千景「それは良かった。紬も点数見て驚くな」
    千景「ちなみに、名前はちゃんと書いたか?」
    天馬「…あ」

瑠璃川 幸 ”お試し眼鏡トルソー”

駅前 幸「ねえ、この後ちょっと買い物に付き合って欲しいんだけど」
  千景「いいよ。荷物持ちでもすればいいのかな」
   幸「荷物持ち兼メガネトルソー」
  千景「メガネトルソー…」

公園 幸「あそこに良さげなメガネがある。ちょっと後でかけてみて」
  千景「はいはい」
  千景「このメガネでいいのかな。…はい、かけたよ」
   幸「メガネとったら目が3になると思ったのに期待外れ。面白さ5点」

図書館 千景「…あのメガネ、本当に衣装用?」
     幸「ねえ、次はあっちのメガネかけて」
    千景「このメガネ、前衛的すぎないか…?機能性が皆無だ」
     幸「面白さは満点だからよし」

向坂 椋 ”世界の本お取り寄せ”

駅前 椋「このあいだ千景さんが読んでいた本は外国の本ですか?」
  千景「うん。出張に行ったら必ず現地の本屋に寄るようにしてるんだ」
  千景「椋は本好きだよね。今度なにか買ってきてあげようか?」
   椋「いいんですか!?うわぁ、楽しみにしてます!」

公園 千景「はい、これこの前の出張先で買ってきた本。猫の話だって」
    椋「ありがとうございます!すごくオシャレな装丁ですね!」
   千景「簡単な単語でできてるから、読むのにそんなに苦労はしないと思う」
    椋「外国語の勉強にもなりますね!読むのが楽しみです!」

図書館 椋「千景さんに頂いた猫さんの本、面白くて一気に読んじゃいました!」
   千景「もう?早いな」
   千景「また買ってくるよ。今度はラブストーリーがいいかな?」
    椋「はい!楽しみにしてますね!」

斑鳩 三角 ”にゃんこNG”

駅前 三角「今日のストリートACTのお題は…ジャジャン!猫のお昼寝〜!」
   千景「……」
   三角「ちかげ〜飼い主役はダメだよ〜。猫さんやってくれないと!」
   千景「てっきり愛猫家が主人公かと。それに猫役は年齢的にちょっとね」

公園 三角「ね〜ちかげも猫さんやろ?ひそかは前やったよ!舞台で!」
   千景「あいつは特殊なんだ。一緒にするのはやめてくれ」
   三角「オレとひそかと3人で猫さんと追いかけっこしよ!楽しいよ〜」
   千景「…考えとくよ」

図書館 三角「あ!あんなところに猫さんの兄弟がいる!あとで遊ぼう、だって!」
    千景「…俺のことは気にしないで、三角は遊んでおいで」
    三角「ちかげは猫さん苦手だけど、猫さんはちかげのこと好きだよね」
    千景「…ちっとも嬉しくない」

三好 一成 ”情報通コンビ”

駅前 一成「駅前の画材屋なくなっちゃったんだよね~。移転先どこだろ」
   千景「二駅先の地下街に画材屋がオープンしたらしいよ。そこじゃない?」
   一成「マジだ!サンキューチカちょん☆」
   千景「困ったときはお互い様だろ」

公園 千景「人に会いたいんだけど…静かで隠れ家っぽい喫茶店ないかな?」
   一成「いくつか知ってるから、後で教えてあげるねん♪」
   一成「…ちな、誰と会うの?友達?仕事相手?それとも…?」
   千景「誰だと思う?」

図書館 一成「今日も元気に情報収集♪チカちょんのソースはやっぱスレッド?」
    千景「それもあるけど…スレの情報は半信半疑かな。あくまでも参考」
    千景「一成の情報は最新で信ぴょう性が高くて助かるよ」
    一成「オレもチカちょんの情報に助けられてるよん☆あ、激辛情報以外」

兵頭 九門 ”アンチ糖分”

駅前 千景「お客さんに差し入れをもらったよ」
   九門「まじ!?なんだろ~!あとで開けてみましょ!」
   九門「ええと、袋の中身は………シュークリーム…」
   千景「生クリームもたっぷりだな…」

公園 千景「お兄さんは重度の甘党なのに、弟くんは苦手なんだな」
   九門「食べられないわけじゃないけど…生クリームだけは無理…」
   九門「あ、オレが生クリーム嫌いって事兄ちゃんには言わないでね!?」
   千景「ずっと隠して生きてきたのか…?恐るべきブラコン根性だな…」

図書館 九門「兄ちゃんも椋も甘党なのに…なんでオレだけ…」
    千景「まあ、個人差だから。糖分は適度に摂取する程度でいい」
    九門「…はっ!もしかして…オレだけ血が繋がって…ない…!?」
    千景「大丈夫、その思考は間違いなくあの家系だ。安心していい」

千景と秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”脱出ゲーム道場破り”

駅前 千景「万里、面白そうなところ見つけたんだけど行く?」
   万里「スパイスとか激辛専門店とかじゃないっすよね…?」
   千景「頭と体を存分に使えるところだから」
   万里「…へぇ、面白そーじゃん」

公園 万里「おもしれー所って脱出ゲーかよ。まあ…楽しかったけど」
   千景「ネットではよくやってたんだけど実際に体験できるって聞いてさ」
   千景「調べたら他にもいくつかあるんだな。こことか歯応えありそう」
   万里「成功者いまだゼロとか燃えんじゃん。さくっと破ってやろーぜ」

図書館­ 千景「【何者?】ワンレンとメガネのコンビやばすぎな件【天鵞絨町】」
    万里「あ?なんすかそれ。…脱出ゲーのスレ?」­
    千景「あっという間に有名になっちゃったな」
    万里「ま、コレで少しは歯ごたえある脱出ゲーできてくれりゃいいけどよ」

兵頭 十座 ”辛党vs甘党”

駅前 十座「この前オススメしてもらった和菓子屋行きました」
   千景「赤唐辛子せんべい、絶品だっただろ?」
   十座「特盛生クリームぜんざいがうまくて常連になりそうっす」
   千景「…そうか。それは良かった」

公園 十座「近くにうまい中華まんの店があるんすけど、寄ってきます?」
   千景「いいね。小腹も空いてきたし」
   十座「オススメはイチゴ生チョコまんっす」
   千景「それは中華まんなのか…?」

図書館 十座「…イチゴ生チョコまん、一口どうっすか」
    千景「…じゃあ俺の激辛麻婆まん一口と交換してみようか」
    十座「もぐもぐ。(…甘いもんが食いてぇ)」
    千景「…もぐ。(…辛いものが食べたい)」

七尾 太一 ”世界の恋愛事情”

駅前 太一「ち、千景サンは…外国の女の人と付き合ったことあるッスか!?」
   千景「それは太一の豊かな想像力に任せるよ。けど、突然どうして?」
   太一「海外飛び回ってるから、恋愛もワールドワイドなのかなって!」
   千景「業務外の接触は避けてるから。期待に応えられなくて悪いな」

公園 太一「海外と日本じゃ、やっぱり恋愛の仕方って違うんスかね?」
   千景「まあそうだろうね。海外じゃ告白ってあんまりしないし」
   太一「ええ!?じゃあ、どうやってお付き合いが始まるんスか…!?」
   千景「なんとなく、雰囲気をお互い察して…って感じじゃないかな」

図書館 千景「日本人は恋愛も真面目だな。浮気が当たり前の国だってあるのに」
    太一「浮気なんて絶対ダメッス!浮気なんてされたら俺…立ち直れない…」
    太一「千景サンのおかげで、モテの教養が高まった気がするッス!」
    千景「モテの教養ね。そんなものがなくても、太一はいい恋愛ができるよ」

伏見 臣 ”激辛料理極め中”

駅前 臣「行きつけの激辛店があったら連れてってください。参考にするんで」
  千景「それはもちろん良いけど…無理に俺に合わせる必要はないよ」
  千景「臣の料理人魂に火をつけちゃったかな?」
   臣「いえ、料理担当として100点が欲しいだけなんで」

公園 臣「今日のグリーンカレー、辛さは足りてましたか?」
  千景「辛さの好みで言ったらもう一歩…いや二歩って感じかな」
   臣「千景さんのだけ辛めにしたんですけど…やっぱり足りなかったか」
  千景「でも味は文句なしにうまかった。店で出せるレベルだ」

図書館 千景「その袋の中身…。今夜はスパイス料理かな?」
     臣「流石、するどいですね」
     臣「旨味を損なわない激辛レシピが完成したんです。きっと驚きますよ」
    千景「へえ、それは興味深い。シェフのお手並み拝見だな」

古市 左京 ”エリート眼鏡ズ”

駅前 千景「俺たち「エリートメガネ」って呼ばれてるらしいですよ」
   左京「メガネキャラはエリートかヘタレに自動振り分けされるからな…」
   左京「しかしキャラが多いからと雑で安直な関係付けはうんたらかんたら」
   千景「メタ発言ですよ、それ」

公園 千景「左京さん、いつも同じメガネかけてますよね」
   左京「卯木はたまに違うもんかけてるな。理由でもあんのか」
   千景「TPOですよ。ビジネスは信頼が大事なんで」
   左京「その胡散臭さで信頼が大事とはよく言ったもんだな…」

図書館 左京「ところで卯木、出張手当とかで給料結構な額もらってんだろ」
    千景「唐突に金の話ですか」
    左京「ピンチの時はお前も財布だ。あと持ってるコネクション全部吐け」
    千景「金はともかく、コネクションだけは黙秘させてください」

泉田 莇 ”青少年健全育成条例”

駅前 千景「今日は若いカップルが多いな。…莇、平気?」
    莇「…は、はあ?何がだよ。いいからストリートACT始めるぞ!」
   千景「…あ、あそこのカップルがハグ――」
    莇「!!??……って、してねぇじゃねぇかクソメガネ!」

公園 千景「莇はウブなんだな。統計では昨今の若者は××が××…」
    莇「ばっ、テメッ、はあ!?」
    莇「左京はクソジジイメガネだけどテメェはクソハレンチメバネだ!」
   千景「はは。これはまたひどい言われようだな」

図書館 千景「莇は外見と中身のギャップがセールスポイントだな」
     莇「テメェも表裏やべーぞ」
     莇「テメェ、まじでまともなオトナじゃないな」
    千景「いまさら。反面教師にでもしてくれ」

千景と冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”マインドバトル”

駅前 紬「千景さんのこと、最初からちょっと身近に感じてたんですよ」
  千景「へえ…どうして?」
   紬「花を何度かいただいたので。あの時はありがとうございました」
  千景「どういたしまして」

公園 千景「紬、俺と話すとき絶対に目をそらさないって気づいてた?」
    紬「あはは。ちょっと露骨すぎましたね。すみません」
    紬「千景さん、本当に心が読めないから悔しくて、つい」
   千景「あはは。紬は意外と負けず嫌いなんだな」

図書館 紬「ああ、そうだ。あそこの花屋に寄って行きませんか?」
   千景「お庭番長と花屋か。楽しそうだね」
    紬「一輪ずつ、お互いに花を選びませんか?」
   千景「…なるほどね。それはいい案だ」

高遠 丞 ”メカ好き”

駅前 丞「寮の共用PCが壊れたらしい。寿命だから修理は無理だな」
  千景「スペック最悪なアレか。いい機会だし買い換えよう」
  千景「閲覧用と言っても、CPUももうちょっと良いのにしたいね」
   丞「ああ。…でも左京さんがどれだけ予算くれるかが問題だな」

公園 千景「この辺りに知り合いのジャンクショップがあるんだけど、行く?」
    丞「もちろん…と言いたいところだが…」
    丞「…その店、ブラックマーケットとかじゃないだろうな…?」
   千景「実は丞も中二病だったりする?」

図書館 丞「最近はなんでもフラットデザインで嫌になる」
   千景「丞はゴツいメカにこそロマンを感じるタイプか」
   千景「ああそうだ。今度ゴツいジャンクPCでも仕入れて分解してみる?」
    丞「…最高だ」

有栖川 誉 ”画伯ズ”

駅前 誉「昨日、一成くんたちのお絵かき大会とやらに参加したんだが…」
  千景「お絵かき大会…幼稚園みたいだな」
   誉「ワタシの絵を見たまえ。この大胆なタッチ…芸術的だろう?」
  千景「キュビズムを彷彿とさせる素敵な絵ですね」

公園 誉「千景くんも絵を描きたまえ!楽しいぞ」
  千景「あまり絵を描いた記憶はないな」
   誉「キミがどんな絵を描くのか気になるね。描いたら見せてくれたまえ」
  千景「普通だと思いますけど。わかりました」

図書館 千景「すすめられて落書きしてみたんですけど、見ます?」
     誉「ふむ。千景くんの芸術センスがいかほどか拝見させてもらおう♪」
    千景「どうぞ。咲也たちには意外だって言われました」
     誉「…力の抜ける感じが密くんの絵と似ているね…」

御影 密 ”月下の影”

駅前 密「こんな晴れた昼間に千景と並んで歩くの…なんか気持ち悪い」
  千景「それはこっちのセリフだ」
   密「はあ、疲れた。寝る。運搬よろしく」
  千景「はあ、鈍ったもんだな。…おい、お前昔より明らかに重くなったな」

公園 密「久々にオレを運べて嬉しかったでしょ?感謝のマシュマロを所望」
  千景「ふざけるな。俺だけは何があってもお前を甘やかさないぞ」
   密「千景は相変わらず口うるさくて神経質。お前も昼寝したらいいのに」
  千景「必要ない。俺の分までお前が呑気に寝ているからな」

図書館 密「…12月になると、あそこに小さなクリスマスマーケットが出る」
   千景「…何が言いたい?」
    密「ジンジャーブレッドが売ってる。あっちで食べるのと味も似てる」
   千景「…今年は3枚じゃ足りないな。店ごと買うか?」

雪白 東 ”専属珍酒バイヤー”

駅前 東「ねえ千景、今度買ってきて欲しいお酒があるんだけど…」
  千景「いいですよ。あとで教えてください」
   東「これこれ。出張に行った時でいいから、よろしく♪」
  千景「地球の裏側に行く用事は今のところないんですけどね」

公園 千景「出張土産に酒買ってきました。かなりのレアものですよ」
    東「ふふっ、今夜の晩酌が楽しみだな♪」
    東「へぇ、ずいぶん綺麗なボトルだね。香りもいい」
   千景「味も気に入ってもらえると良いんですけど」

図書館 東「もらったお酒、見かけと香りに油断しちゃった。ふふっ、ご馳走様」
   千景「見かけの割にエグいんですよね。…東さんみたいだったでしょ?」
    東「ふふっ、千景と飲み比べしたいな。今夜、どう?ふたりで」
   千景「ちょっとまだ心の準備が」

ガイ ”ザフラ語上級講座”

駅前 ガイ「卯木は語学が堪能なようだな」
   千景「まあ海外出張が多いので。ザフラ語も少し話せますよ」
   ガイ「ザフラ語はマイナー言語だ。習得も難しいだろう」
   千景「良かったら暇な時にでも教えてください。マスターしたいんで」

公園 ガイ「≪今日の芝居は宮廷料理人でいこう≫」
   千景「≪了解≫」
   ガイ「ザフラ語の聞き取りは文句なしだな」
   千景「ありがとうございます」

図書館 千景「そうだ、帰りにスパイス買って行きたいんですけど」
    ガイ「酸っぱい酢?酢はどれも酸っぱいと思うが…」
    千景「日本語は俺が教えましょうか?」
    ガイ「ああ。シトロニアと共に学ばせてくれ」

夏組、秋組、冬組も!

【A3! 夏組】出稼ぎ 会話まとめ【二人の関係】
アプリゲーム「A3!」出稼ぎ内の会話(夏組6人×23人)を、全パターンまとめました。天馬、幸、椋、三角、一成、九門の順。
【A3! 秋組】出稼ぎ 会話まとめ【二人の関係】
アプリゲーム「A3!」出稼ぎ内の会話(秋組6人×23人)を、全パターンまとめました。万里、十座、太一、臣、左京、莇の順。
【A3! 冬組】出稼ぎ 会話まとめ【二人の関係】
アプリゲーム「A3!」出稼ぎ内の会話(冬組6人×23人)を、全パターンまとめました。紬、丞、密、誉、東、ガイの順。
【A3!】特訓中セリフ&ボイス 全まとめ
アプリゲーム「A3!」特訓時のボイスとセリフを、全劇団員分まとめました。各組アンサンブル、裏方組のセリフもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました