【A3! 夏組】出稼ぎ 会話まとめ【二人の関係】

A3!

皇 天馬

天馬と春組

つづきを読む

佐久間 咲也 ”頼れる相談相手”

駅前 咲也「最近の夏組はどう?」
   天馬「いつも通りだ。落ち着きがなさすぎて困る」
   咲也「困るって言うわりには、楽しそうに見えるよ」
   天馬「た、楽しいわけないだろ!慣れただけだ!」

公園 天馬「春組は落ち着いて見えて、実は変な人多いよな」
   咲也「え?春組に変な人なんていないよ?」
   天馬「…リーダーもド天然だったな」
   咲也「???」

図書館 咲也「最近、至さんが前にも増してスマホを離してくれないんだ…」
    天馬「何か新作スマホゲームにハマってるらしいぞ」
    天馬「うちも一成が新しいカメラアプリに夢中で困ってる」
    咲也「そっか…。あとでカントクにアドバイス貰いにいこう!」

碓氷 真澄 ”鍵っ子繋がり”

駅前 真澄「ただいまって言い忘れたら監督に注意された。愛されてる」
   天馬「愛されてるかは別として…ただいまって言い慣れないよな」
   天馬「帰ると誰かが家にいるって、なんか変な気分だよね」
   真澄「分かる」

公園 真澄「…監督、もうすぐ帰ってくる。俺も帰らないと」
   天馬「おまっ、まさか監督にGPSでもつけてんのか!?」
   真澄「あいつに一番最初に「おかえり」って言うのは、俺」
   天馬「ちょ、今日のノルマまだ終わってないだろ!」

図書館 真澄「監督に一生「おかえり」「ただいま」って言って欲しい」
    天馬「なんだそれ、プロポーズか?」
    真澄「プロポーズの言葉はもう決めてる…天馬には教えない」
    天馬「知りたくねーよ!」

皆木 綴 ”おこづかい格差”

駅前 綴「なぁ、好奇心で聞くけど小遣いいくら…?」
  天馬「小遣い?一ヶ月――」
   綴「聞かなきゃよかった…セレブ怖い…」
  天馬「いつまでショック受けてんだよ」

公園 綴「お、駄菓子屋だ。毎日50円って決めて買ってたな」
  天馬「50円!?50円で買える菓子があるのか…?」
   綴「駄菓子屋、寄ってくか?50円もあなどれないぞ」
  天馬「仕方ないから、夏組のやつらに土産買ってくか」

図書館 綴「天馬のサインうん万の価値があるんだな…」
   天馬「何考えてんだよ…」
    綴「金困ったらよろしくな!なーんて、冗談に決まってるだろ」
   天馬「おい、綴さんちょっと本気だろ!」

茅ヶ崎 至 ”ファンサ上手”

駅前 天馬「ファンサといえばウィンクに決まってる!」
    至「まじか。シラけたら責任よろ」
    至「天馬、ウィンク下手だな」
   天馬「…帰ったら練習する」

公園 至「スキンシップ増やしてみるか。一部にはファンサだし」
  天馬「本当にそんなのがファンサになんのか…?」
  天馬「スキンシップちょっと増やすだけでこんなに喜ばれるのか…」
   至「これぞ神ファンサ」

図書館 至「最強のファンサ思いついたわ」
   天馬「最強のファンサ…?」
   天馬「……アンタこえーよ。あんなファンサありか…」
    至「攻略してくこの感じ、まじ快感だわ」

シトロン ”スシトモ”

駅前 シトロン「今日はワタシ、甘エビの役やるネ!」
     天馬「どんな芝居する気だ!」
   シトロン「オー、ピチピチしたらお腹すいたネ…」
     天馬「寿司でも食って帰るか」

公園 シトロン「テンマはスシネタ何が好きネ?」
     天馬「寿司といったら大トロだろ」
   シトロン「トロットロだからトロ…。ニホンゴ単純で簡単ネ~」
     天馬「ちゃんと日本語しゃべれるようになってから言え」

図書館 シトロン「テンマ、良いスシ屋見つけたネ!」
      天馬「お、美味いのか?」
    シトロン「ガリがガッリガリで絶品ヨ!」
      天馬「絶賛ポイントガリかよ!てかガッリガリって何だ!」

卯木 千景 ”こっそり家庭教師”

駅前 天馬「…千景さん、アンタ頭良いんだろ」
   千景「悪くない方だと思うけど…天馬は俺に何か頼みでもあるのかな」
   天馬「課題が進まなくて…横でアドバイスの1つや2つもらえると助かる」
   千景「つまり教えて欲しいってことか。いいよ、俺でよければ手伝おう」

公園 千景「勉強を教えるのは紬の役目だと思っていたけど…どうして俺に?」
   天馬「べ、別に…深い理由はない…」
   千景「いつもみんなに混じって教えてもらうのが恥ずかしいんだっけ?」
   天馬「べ、別にそういうワケじゃない!」

図書館 天馬「千景さんが教えてくれたテストのヤマ、大当たりだったぞ!」
    千景「それは良かった。紬も点数見て驚くな」
    千景「ちなみに、名前はちゃんと書いたか?」
    天馬「…あ」

天馬と夏組

つづきを読む

瑠璃川 幸 ”年中無休喧嘩ペア”

駅前 天馬「やば、サングラス忘れた…」
    幸「芸能人ぶっちゃって…うざ」
    幸「帰るよ。この前みたいに迷子にならないでよね」
   天馬「迷子じゃない!はぐれただけだ!」

公園 幸「さっきから静かだけど、緊張してんの?」
  天馬「してない!お前こそビビって逃げんな」
   幸「うわー心臓はや。やっぱり緊張してたんじゃん」
  天馬「うるさい触るな!」

図書館 天馬「今朝、お前オレのこと蹴り飛ばしただろ」
     幸「ポンコツ役者が起きないからでしょ」
    天馬「おい、最後オレの足踏んだだろ!?」
     幸「気のせいじゃない?」

向坂 椋 ”プチ師弟関係”

駅前 天馬「オレがフォローしてやるから、お前は好きに芝居しろ」
    椋「背中で語る系王子様だ…!カッコいい!」
   天馬「締め方が雑すぎる。…まぁ、中盤の返しは悪くなかった」
    椋「(王道ツンデレ…!胸キュンポイントだ…!)」

公園 天馬「オレがホンモノの王子様ってのを見せてやる」
    椋「天馬くんの王子様…!楽しみだなぁ」
   天馬「どうだ?カッコよかっただろ?」
    椋「うん!オレ様王子って少女漫画のテッパンだよね!」

図書館 天馬「稽古の成果、見せてみろ」
     椋「う、うん!頑張ります!」
    天馬「まだまだ王子には程遠いな。帰って反省会だ」
     椋「ぼ、ボクを一人前の王子様にしてください…!」

斑鳩 三角 ”一方的疑似兄弟?”

駅前 三角「じー…」
   天馬「なんだよ。またサンカク探しか?」
   三角「てんま、背伸びたでしょ!」
   天馬「お、分かるか?180もすぐそこだ」

公園 天馬「腹減ったな。終わったら腹ごしらえだな」
   三角「てんま!オレ、いいもの持ってるよ!」
   天馬「良いものって、どうせおにぎりだろ?」
   三角「正解~!オレと半分こしよ~」

図書館 三角「てんまに今日だけさんかく役譲ってあげる!」
    天馬「そんな役いるか!」
    三角「てんまさんかく役上手~!偉い、偉い~」
    天馬「頭撫でるな!ていうかサンカク役なんてやってない!」

三好 一成 ”初めてのオトモダチ?”

駅前 一成「……パシャリ」
   天馬「隠し撮りやめろ!」
   一成「テンテン~、この写真上げていい?」
   天馬「は?…ってオレの寝顔!いつ撮ったんだよ!」

公園 一成「あ、ちょい待ち。LIMEの返事させて」
   天馬「はぁ!?帰ってからにしろ!」
   天馬「お前ボディタッチ多いんだよ…」
   一成「仲良しの証拠じゃん☆」

図書館 一成「イエーイ、テンテンとツーショ♪」
    天馬「うわっ、何だよいきなり!」
    天馬「写真ばっか撮って何に使うんだよ」
    一成「インステ~。あ、タグつけちゃお」

兵頭 九門 ”お肉大好き”

駅前 九門「腹減った~。今晩のご飯なんだろう?」
   天馬「考えるまでもない。今日はカレーの日だ…」
   九門「カレーならビーフカレーがいい!お肉ゴロゴロの!」
   天馬「ああ。…もちろん野菜は少なめで」

公園 九門「近くにおいしい中華まんの店があるって兄ちゃんが言ってた!」
   天馬「ああ、あの店か。下校途中たまに寄るぞ」
   天馬「オレのおススメは、フカヒレ入りプレミアリッチ豚まんだ」
   九門「セレブの食べ物だ…!さすが天馬さん…!」

図書館 九門「うまい肉が食いて~…。トロトロの豚の角煮…」
    天馬「この後のストリートACTうまく出来たら豚の角煮まん奢ってやる」
    天馬「まぁ、いつもよりは良かった。豚の角煮まんでも食べてくか?」
    九門「やったー!天馬さん大好き!」

天馬と秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”仲良しセレブ高校生ペア”

駅前 万里「天馬、帰りに買い物付き合え」
   天馬「はいはい。仕方ないな」
   天馬「そういや、オレもスニーカー見たい」
   万里「んじゃ、いつもんとこ行きますか~」

公園 天馬「この公園、前撮影で使ったな」
   万里「そういや天馬、一応げーのーじんだったな」
   天馬「オレのサイン欲しいなら書くけど?」
   万里「はは、バーカ。いらねーよ」

図書館 天馬「今度の新作、どれも良いな。色迷う」
    万里「俺なら迷わず黒だけど、天馬はなんかちげーな」
    万里「つか、全色買っておけばよくね?」
    天馬「名案。そうする」

兵頭 十座 ”セレブと用心棒”

駅前 天馬「……」
   十座「なんだ?」
   天馬「…やっぱり、なんでもない」
   十座「変な奴だな」

公園 天馬「……その、この前はありがとな」
   十座「……何の話だ?」
   天馬「この前、変な奴に絡まれてるところ助けてくれただろ」
   十座「……ああ。あんなのなんてことねーよ」

図書館 十座「芸能人も大変だな。イメージってのも大事なんだろ」
    天馬「もう慣れた。いつも一人で何とかしてきたし」
    十座「何かあったら俺で良ければ呼べよ」
    天馬「……ああ」

七尾 太一 ”O高補習常連組”

駅前 太一「あー!あそこにいるのサトゥーだ!」
   天馬「げっ、生活指導の佐藤…」
   太一「天チャン、サトゥー苦手っしょ?」
   天馬「あいつと仲が良いお前はどうかしてる」

公園 太一「天チャン、補習何教科だった?」
   天馬「補習前提か!」
   太一「も、もしかして補習回避!?天チャンがいないの寂しいッス~」
   天馬「不本意だが今回もお前と補習うけてやるよ!」

図書館 天馬「補習のせいで始めるの遅くなったな…」
    太一「今から挽回ッス!」
    天馬「コイツと補習ってことは脳レベルが同じなのか…?信じたくない」
    太一「わーん!天チャンひどいッスー!」

伏見 臣 ”初めて知るお袋の味”

駅前 天馬「今日は撮影だから夕飯はいらない」
    臣「分かった。ちゃんと食って来いよ」
    臣「今夜は天馬が好きなハンバーグだったんだけどな」
   天馬「…や、やっぱり寮で食べる」

公園 臣「今日も夜練やるのか?」
  天馬「ああ。本番近いからな」
   臣「夜食用意しておく。リクエストあったら早めに言ってくれ」
  天馬「この前作ってくれたアレ、豚汁が良い」

図書館 天馬「ここに来てから外での食事が味気ない気がする」
     臣「そうなのか?」
    天馬「お袋の味って、こういうことなのか…?」
     臣「はは、お袋の味か。そういう褒め言葉も悪くないな」

古市 左京 ”ユニット内指導者ペア”

駅前 左京「夏組は全体の演技力がどんどん上がっているみたいだな」
   天馬「ふんっ、オレが付いてるんだ。当然だろ」
   天馬「秋組もアンタのおかげか大分まとまったんじゃないか」
   左京「皇に褒められるとはな。まあ、礼は言っておく」

公園 天馬「うちは騒がしくて集中力が足りないんだよな…」
   左京「それはうちもだな。すぐに喧嘩おっぱじめやがる」
   左京「収拾がつかなくなったら、一発喝入れて睨め。大抵これで収まる」
   天馬「たぶんそれ、うちじゃ効果ないな……」

図書館 天馬「一成と三角が秋組みたいなアクションやりたいってうるさい」
    左京「殺陣なら俺が指導してやろう。みっちりとな」
    左京「二度とフルーチェさんなんざ呼べないようにしてやる」
    天馬「根性から叩き直してやってくれ」

泉田 莇 ”一方的盆栽フレンズ”

駅前 天馬「中庭に出してきた鉢…アイツらに悪さされてないか心配だ」
    莇「あの立派な盆栽、天馬さんのか。渋い趣味もってんだな」
   天馬「莇お前…盆栽のこと分かるのか!?」
    莇「? 詳しくはねぇけど親父が趣味で育ててっから」

公園 天馬「夏組のやつら、盆栽の良さをこれっぽっちも理解してない」
    莇「対象年齢たけぇからな…。高校生の趣味じゃねぇだろ」
   天馬「オレたちで劇団に盆栽の良さを広めていくぞ!」
    莇「…は?」

図書館 天馬「莇、『月刊 盆栽の友』って知ってるか?」
     莇「ああ…盆栽の専門誌か。親父が定期購読してた」
    天馬「オレが表紙を飾ることになったらメイクにお前を指名するからな!」
     莇「まじ?あざっす。」

天馬と冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”団内園芸部”

駅前 天馬「中庭の手入れ、一人で大変じゃないか?」
    紬「ちょっとだけね。でも楽しいから苦じゃないよ」
    紬「良かったら天馬くんも一緒にどう?園芸部、作ろうよ」
   天馬「園芸部か…悪くないな」

公園 紬「緑が多いと落ち着くね」
  天馬「ああ。空気も新鮮だし癒される」
   紬「肥料買って帰りたいんだけど付き合ってくれる?」
  天馬「仕方ないな。良い店教えてやる」

図書館 紬「天馬くんは盆栽が好きなんだよね?」
   天馬「そうだ。盆栽は手入れが難しいが、その分奥深い」
   天馬「幸によく「盆栽と結婚する気か」って言われる」
    紬「あはは。幸ちゃんらしいな」

高遠 丞 ”実力派プロ役者ペア”

駅前 天馬「芝居のテーマ、どうする?」
    丞「そんなの先に決めたら面白くないだろ」
   天馬「くっそ…最後まで丞さんのペースだった」
    丞「慣れだろ。ストリートACTは死ぬほどやったからな」

公園 丞「昨日、お前の映画観た。素直に良い芝居だと思ったよ」
  天馬「と、突然褒められると反応に困るだろ…!」
  天馬「オレも丞さんの舞台見た。悔しいけどオレには出来ない芝居だった」
   丞「そうか、ありがとな」

図書館 天馬「丞さんなら映像モノでもやっていけるんじゃないか」
     丞「そうだな、話をもらったことはあるが…」
     丞「…やっぱり芝居をするなら生モノの方が良い」
    天馬「確かにな。オレも今なら気持ちが分かる」

御影 密 ”ギモーヴって何?”

駅前 密「天馬、またあのおいしいマシュマロ買ってきて」
  天馬「あのマシュマロ…?」
  天馬「あのマシュマロってギモーヴか?正確にはマシュマロじゃないぞ」
   密「マシュマロじゃない…?」

公園 密「天馬、ギモーヴ」
  天馬「そんなに気に入ったのか?今度またもらってきてやるよ」
   密「ギモーヴ…」
  天馬「しつこい!次の現場の日まで待て!」

図書館 密「ところでギモーヴって何?マシュマロじゃないマシュマロ?」
   天馬「材料と作り方が微妙にマシュマロとは違うらしい」
   天馬「東さんやアリスさんなら売ってる場所知ってるんじゃないか」
    密「ギモーヴ、頼んでみる。天馬もよろしく」

有栖川 誉 ”ニンジン処理係”

駅前 誉「オレンジーノ~ポリポリーノ~トラビアーノ~~♪」
  天馬「なんだその変な歌…」
   誉「さっきのは今朝食べてあげた天馬くんのニンジンの歌さ♪」
  天馬「歌にするな!」

公園 誉「この公園は出店が多いな。食欲をそそられるよ」
  天馬「帰りに食ってくか?」
  天馬「げっ、このサンドイッチ、ニンジン入ってる…」
   誉「どれ、ワタシが食べてあげよう。…ぱくり」

図書館 誉「今夜の夕飯は何かな」
   天馬「スペイン料理だって臣さんが言ってたぞ」
    誉「スペイン料理…ということは前菜はニンジンサラダだね♪」
   天馬「まじかよ…」

雪白 東 ”ただいま警戒中”

駅前 天馬「……」
    東「……」
    東「天馬ボクのこと嫌い?」
   天馬「…別に、そうじゃない」

公園 東「天馬、ボクとは距離おくよね。何で?」
  天馬「本能的に…?」
   東「酷いなぁ。ボクはただ天馬と仲良くしたいだけなのに」
  天馬「アンタが言うとなんか意味深なんだよ!」

図書館 東「ボクの何がいけないのかな?教えて、天馬?」
   天馬「ど、どこがって…。何か口に出したら終わりな気がする…」
    東「ふふっ、野生のワンコを相手にしてるみたいで楽しいけど」
   天馬「そういうところだよ!」

ガイ ”百面相とポーカーフェイス”

駅前 天馬「夏組のやつら…いつもオレのことからかって遊びやがって…」
   ガイ「愛されている証拠だろう。いいことだ」
   ガイ「皇は感情の変化が明瞭でリアクションが大きいせいもあるだろう」
   天馬「ポーカーフェイス…ってやつ目指してみるか」

公園 ガイ「皇はダウトやポーカーが苦手そうに見える」
   天馬「そ、その通りだ。勝ったことなんてほとんどない」
   ガイ「カードゲームで鍛えるのも手だ。特訓なら付き合おう」
   天馬「ガイさんとか?できればもっとライトな相手から始めたい…」

図書館 ガイ「どうだ?特訓の成果は…ん?今すれ違った集団…」
    天馬「!?ぎゃああああエ、エイリアンーーー!!!」
    ガイ「驚いたな。よくできた特殊メイクだ」
    天馬「ポ、ポーカーフェイスすぎだろう…」

瑠璃川 幸

幸と春組

つづきを読む

佐久間 咲也 ”お日様とブリザード”

駅前 咲也「幸くん、素敵なあだ名ありがとう!」
    幸「本気で言ってんの?」
   咲也「元気100%って言われたの初めてで…。なんだか照れちゃうけど」
    幸「薄めたい。今すぐ薄めたい」

公園 幸「元気の濃度高すぎ。30%くらいにして」
  咲也「よ、よく分からないけどやってみるよ!」
   幸「濃度は相変わらず100%のままか…」
  咲也「つ、次は頑張るよ!」

図書館 幸「元気100%は気持ちが落ちる時ってないの?
   咲也「あんまりないかな。お芝居やってると元気になるし!」
    幸「しばらくは薄めるのは諦める。100%のまま頑張りなよ」
   咲也「えっと…ありがとう!」

碓氷 真澄 ”塩対応コンビ”

駅前 真澄「監督にたくさんファンサしろって言われた」
    幸「は?めんどくさ…」
   真澄「握手の列、出来てる…」
    幸「はーい、どうもどうもー」

公園 幸「塩対応も一部の人にとってはファンサでしょ」
  真澄「もしかして監督も塩対応の方が好き…?」
  真澄「帰ったら監督にしてみる、塩対応」
   幸「はいはい、頑張ってー」

図書館 幸「サイコストーカーも監督に毎日されてんじゃん、塩対応」
   真澄「アイツは照れてるだけ。可愛い」
   真澄「手を振ったらファンサになんの?」
    幸「なるでしょ。感激で一生忘れないんじゃない?」

皆木 綴 ”毒舌サンドバッグ”

駅前 綴「今日は時代モノにするか。配役は…」
   幸「村人C。はい、決まり」
   綴「本当に村人Cにしやがったな!?」
   幸「即興のわりに、良く出来たスジだったでしょ?」

公園 綴「俺が作った昼飯、美味かっただろ?」
   幸「まあまあ。余命一年って感じの味」
   綴「つか余命一年ってどんな味だよ!?」
   幸「味が薄めってこと。語彙鍛えろ」

図書館 幸「ちゃーんと存在感出してよね?」
    綴「出す!ぜってー出す!」
    綴「幸さぁ、俺のことなんだと思ってる?サンドバッグ?」
    幸「何度も言ってるじゃん。村人C」

茅ヶ崎 至 ”外面トラップ”

駅前 幸「あんた、外見と中身ギャップありすぎ。詐欺か」
   至「幸にだけは言われたくないな」
   至「俺のあだ名、なんだっけ?」
   幸「インチキエリート。的を射た良いあだ名でしょ?」

公園 至「幸、メイド喫茶で働いたらかなり人気になるんじゃない」
   幸「ケンカ売ってんの?」
   至「一部のメイドヲタに需要あるんじゃないかなって」
   幸「その顔面に生んでくれた親に感謝しなよ、まじで」

図書館 幸「顔は良いのに中身が残念とか余計に残念だよね」
    至「これは結局貶されてるのかな?」
    至「ちょっと笑えば騙されてくれるんだから、世の中ちょろいよね」
    幸「ま、それは分かる。可愛いって無敵だし」

シトロン ”歌舞伎鑑賞仲間”

駅前 シトロン「週末の歌舞伎ティペットGETしたヨー!」
      幸「丞にも言っておく。ついでにチケットね」
   シトロン「ワタシもシトロン屋ー!って呼ばれたいヨ!」
      幸「シトロン屋~。はい、満足?」

公園 シトロン「今日はいっぱいカブくヨ!」
      幸「それ意味分かって使ってる?」
   シトロン「MANKAIカンパニーも歌舞伎に挑戦するネ!」
      幸「衣装作りは楽しそう」

図書館 シトロン「シトロン流の中締め披露するヨ!」
       幸「流し目でしょ」
    シトロン「中締めパーフェクトだったヨ!歌舞伎役者役もばっちりネ♪」
       幸「もうツッコむのやめよ」

卯木 千景 ”お試し眼鏡トルソー”

駅前 幸「ねえ、この後ちょっと買い物に付き合って欲しいんだけど」
  千景「いいよ。荷物持ちでもすればいいのかな」
   幸「荷物持ち兼メガネトルソー」
  千景「メガネトルソー…」

公園 幸「あそこに良さげなメガネがある。ちょっと後でかけてみて」
  千景「はいはい」
  千景「このメガネでいいのかな。…はい、かけたよ」
   幸「メガネとったら目が3になると思ったのに期待外れ。面白さ5点」
図書館 千景「…あのメガネ、本当に衣装用?」
     幸「ねえ、次はあっちのメガネかけて」
    千景「このメガネ、前衛的すぎないか…?機能性が皆無だ」
     幸「面白さは満点だからよし」

幸と夏組

つづきを読む

皇 天馬 ”年中無休喧嘩ペア”

駅前 天馬「やば、サングラス忘れた…」
    幸「芸能人ぶっちゃって…うざ」
    幸「帰るよ。この前みたいに迷子にならないでよね」
   天馬「迷子じゃない!はぐれただけだ!」

公園 幸「さっきから静かだけど、緊張してんの?」
  天馬「してない!お前こそビビって逃げんな」
   幸「うわー心臓はや。やっぱり緊張してたんじゃん」
  天馬「うるさい触るな!」

図書館 天馬「今朝、お前オレのこと蹴り飛ばしただろ」
     幸「ポンコツ役者が起きないからでしょ」
    天馬「おい、最後オレの足踏んだだろ!?」
     幸「気のせいじゃない?」

向坂 椋 ”フラ中プリティBOYS”

駅前 椋「今日、宿題たくさん出されちゃったね…どうしよう…」
   幸「一緒にやれば早く終わるでしょ」
   幸「帰ったらバルコニーね。お互いの部屋はうるさいのがいるから」
   椋「うん、分かった!」

公園 幸「今日、辞書貸してくれてありがと。助かった」
   椋「幸くんが忘れ物なんて珍しいね」
   椋「明日のお昼、一緒に食べよ」
   幸「いいよ。4限終わったら椋のクラス行く」

図書館 幸「テストの点数、どうだった?椋、何気に頭いいよね」
    椋「そ、そんなことないよ!国語以外はあんまり…」
    椋「幸くんは何でフラ中に入ったの?」
    幸「制服が可愛いから」

斑鳩 三角 ”さんかく衣装おねだり中”

駅前 幸「次の衣装は……」
  三角「さんかく~!」
   幸「やっぱり動きが多い芝居なら飾りは…」
  三角「さんかくさんかく~!」

公園 三角「ゆき~次の衣装はさんかくにしよ~」
    幸「しない。そもそもサンカクの衣装ってなに」
   三角「楽しかった~。さんかく飛びして帰ろ~」
    幸「ひとりでやれ」

図書館 三角「ゆき~さんかくの衣装作ってよ~」
     幸「すでにサンカクまみれの服きてるじゃん」
    三角「もっとさんかくな服がいい~!」
     幸「どんな服だ!」

三好 一成 ”夏組デザイナーズペア”

駅前 一成「ゆっきー、カレカノ役やろ☆」
    幸「却下」
   一成「帰ったら次公演のデザインミーティングしよ~」
    幸「りょーかい。衣装のデザインラフ持ってく」

公園 幸「衣装のデザイン、ちょっと悩んでるんだよね…」
  一成「まじかー。ちょいブレストする?」
  一成「やばたん!今めちゃんこ良いデザイン思い浮かんじゃった!」
   幸「衣装にも活かせられるやつなら聞いてあげる」

図書館 一成「ゆっきー、やっぱりオレら本格的にチーム組まない?」
     幸「もう夏組ってユニット組んでるでしょ」
    一成「オレの愛、ゆっきーに届け~ちゅっちゅ~☆」
     幸「うざ、キモ、近寄るな」

兵頭 九門 ”アクセ好き”

駅前 九門「あそこのアクセのお店行ったことある?オレのお気に入りなんだ!」
    幸「へえ、九門も好きなんだ。オレもあの店よく行く」
   九門「アクセ見てこうよ!そんでオレにかっけぇやつ選んで!」
    幸「まあ、別にいいけど。選んだやつに文句つけないでよね」

公園 九門「ねえ、衣装で使ってるアクセあれも幸が作ってんの?」
    幸「まあ大体はね。既製品使うと費用かさんでヤクザがうるさいし」
   九門「アクセも作れるなんてやっぱ幸はすげーな!」
    幸「大げさすぎ。褒めたってなにも出ないから」

図書館 幸「今日はアクセパーツの特売日か。ちょっと付き合って」
   九門「いいの!?うん!いくいく!」
   九門「ねえ幸!いつかオレにもアクセ作って!」
    幸「…いつかね。今日使いたいパーツ見つけたら一応教えといて」

幸と秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”ファッショニスタたち”

駅前 幸「…その服、いくら?」
  万里「突然だな。」
   幸「生地見れば質の良さは分かる。ちょっと触らせて」
  万里「ちょ、おい!」

公園 万里「衣装って全部幸のデザインなんだろ?」
    幸「当然。他に出来るヤツこのカンパニーにはいないでしょ」
   万里「衣装のネックレス、終わったら買い取り希望」
    幸「分かった。あとで材料費プラスアルファで計算しとく」

図書館 幸「いいとこで服買ってんでしょ。今度連れてって」
   万里「別にいーけど、代わりに条件がある」
   万里「ファッションコーディネート対決やんね?モデル天馬で」
    幸「ふーん、面白そうじゃん。モデルはポンコツだけど」

兵頭 十座 ”秘めた情熱”

駅前 十座「よし、やるぞ」
    幸「仏頂面のクセになーに気合入れちゃってんのさ」
    幸「クールに見えてハートは熱い…。中身までテンプレか」
   十座「???」

公園 十座「性別分かってても、やっぱり妙な気分だな…」
    幸「何の話?」
    幸「動きが雑なんだよね。オレの作った衣装殺す気?」
   十座「わ、悪い…」

図書館 十座「テンプレヤンキーってどういう意味だ?」
     幸「辞書使え。ついでに頭も使え」
     幸「ケンカすんのは勝手だけど、衣装傷つけたらころす」
    十座「気をつける」

七尾 太一 ”隠れ幼なじみ”

駅前 幸「馬鹿犬って昔から馬鹿犬なの?」
  太一「馬鹿とか犬っぽいとは言われてたけど馬鹿犬は幸チャンが初ッス!」
   幸「馬鹿犬、行くよ~」
  太一「わんわん☆」

公園 太一「ゆ、幸チャンの初恋っていつ…?」
    幸「いきなり何?教えるわけないじゃん」
   太一「えっと、俺っちの初恋は~」
    幸「興味ない」

図書館 太一「たまには幸チャンに名前で呼んでもらいたいッス!」
     幸「今日のストリートACT、上手くできたらね」
     幸「…生地屋寄って帰るよ、太一」
    太一「うん!…え!?ゆ、幸チャ~ン!」

伏見 臣 ”団内手芸部”

駅前 臣「俺も服作りに挑戦してみるかな…」
   幸「それ以上オカン力あげてどうすんの」
   臣「スカートが簡単らしい。幸、教えてくれるか?」
   幸「その見てくれでスカートとか…まじ?」

公園 臣「幸も羊毛フェルト本格的にやってみないか」
   幸「楽しそう。やる」
   幸「手芸屋寄って帰ろ」
   臣「ああ。あとスーパーもな」

図書館 臣「太一、毎晩裁縫の練習してるぞ」
    幸「へー。どうりで急に上達したわけだ」
    臣「俺が教えたってこと、太一には内緒にしてくれ」
    幸「はいはい」

古市 左京 ”衣装予算バトル開戦”

駅前 左京「そろそろ次公園の予算組をするか…」
    幸「そうだね…」
    幸「言っておくけど、今回も譲らないから」
   左京「それはこっちの台詞だ」

公園 左京「今回も衣装の予算は20万だ」
    幸「はぁ?なめてんの?」
   左京「予算内で賄うのも衣装係の仕事だ」
    幸「妥協してクオリティ落としたくないって言ってんの」

図書館 幸「26万」
   左京「23万」
    幸「…25万」
   左京「いいだろう」

泉田 莇 ”デザイナー様とメイク様”

駅前 幸「衣装デザイン考えてるんだけどメイクの意見聞きたい」
   莇「わかった。あとで見せて」
   幸「衣装の色数多めにしたいんだけど役者が負けそうなんだよね」
   莇「…衣装、いいじゃん。俺がメイクでいい感じに仕上げる」

公園 幸「九門のサイズが変わった…。筋肉だるま、許さない」
   莇「あんま怒ってると、肌荒れるぞ。放っておけば」
   幸「銭ゲバヤクザが深夜に十座にチョコ与え続けてたら?」
   莇「あ?想像できねぇけどとりあえずぶっころす」

図書館 莇「…幸さん、肌荒れはじめてる。睡眠とれてねぇだろ」
    幸「まじ?まあ、衣装づくり佳境だし仕方ないか」
    幸「アンタが手伝ってくれたら睡眠時間ちょっと増えるんだけど?」
    莇「…ちっ。わかった、考えとく」

幸と冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”実はO型コンビ”

駅前 幸「紬って見かけの割に大雑把なところあるよね」
   紬「そうかも。あんまり細かいことは気にしないかな」
   紬「幸ちゃんは大雑把っていうか、豪快で男らしいよね」
   幸「モノ作りは別だけど、ちまちましたこと好きじゃないんだよね」

公園 幸「オレ、よくA型って間違えられる」
   紬「あはは、俺も。丞と逆だと思ってる人多いんだよね」
   幸「紬との芝居、やりやすい。天馬と大違い」
   紬「俺は、幸ちゃんと天馬くん芝居の相性もいいと思うけどな」

図書館 幸「天馬はリーダーのくせに手がかかる。本当にポンコツ」
    紬「幸ちゃん、何だかんだ面倒見いいよね」
    幸「紬って実はすごく頑固でしょ」
    紬「そうかも。特に芝居に関してはね」

高遠 丞 ”胸囲キープして”

駅前 幸「…ねぇ、太った?」
   丞「は?」
   丞「太ってはない。胸周りに筋肉少し乗せただけだ」
   幸「ふざけんな。胸囲キープしろ」

公園 幸「すぐに筋肉つけるのやめろ」
   丞「ついちまうんだから仕方ないだろ」
   幸「アンタだけ何回サイズ測り直したと思ってんの?」
   丞「稽古と公演期間中はキープしてるから良いだろ」

図書館 幸「今日からしばらく筋トレ禁止。紬に監視頼むから」
    丞「分かった、善処はする」
    丞「…腕立てって筋トレに入るか?」
    幸「脳にまで筋肉つけてどうする」

御影 密 ”採寸中に寝るな”

駅前 幸「起きろサイコスリーパー」
   密「サイコスリーパー…」
   密「ぐー…すぴー…」
   幸「…置いてこ」

公園 密「採寸、一瞬で終わらせる幸、すごい」
   幸「アンタがすぐ寝るからだよ」
   幸「次の採寸こそは寝ないでよね。大変なんだから」
   密「がんば…ぐー…」

図書館 幸「コイツ、どうしたら起きるんだろう…」
    密「マシュマロ、食べたい…ぐー…」
    密「ぐー…」
    幸「マシュマロ食べさせながら採寸するか」

有栖川 誉 ”ソルト&ビネガー”

駅前 誉「幸くん、ワタシの素晴らしい詩を聞きたくないかい?」
   幸「聞きたくない」
   幸「芝居中にポエム読むのやめろ、この恥知らずポエマー」
   誉「恥知らずポエマー…!詩興が沸いたぞ♪」

公園 誉「幸くん!また良いフレーズを閃いて――」
   幸「はーい、はじめまーす」
   幸「早く帰りたい早く帰りたい」
   誉「そんなに早くワタシの詩を聞きたいのかい?ワガママさんめ」

図書館 誉「幸くんのような淡泊でさっぱりとした言動を塩というらしい」
    幸「じゃあアンタは酢だね」
    誉「ワタシが酢?どういう意味だい?」
    幸「思わず顔をしかめる」

雪白 東 ”団内美容部”

駅前 東「幸、最近ちょっと肌荒れてるんじゃない?」
   幸「衣装作りで立て込んでるからね。すぐ直る」
   東「若いっていいね」
   幸「アンタは年齢不詳すぎ」

公園 幸「あず姉って年いくつなの?」
   東「そんなに気になる?」
   東「ふふっ、年齢なんてどうでもいいじゃない」
   幸「若作りしてるヤツが言うな」

図書館 幸「…あず姉、いつもより髪に艶がある」
    東「椿オイルをもらったからつけてみたんだ」
    東「幸には必要ないかもしれないけど、予備をあげるよ」
    幸「ありがと。試してみる」

ガイ ”歌舞伎プレ入門”

駅前 幸「シトロンは歌舞伎好きだけど、アンタは興味あんの?」
  ガイ「歌舞伎はTVショーの日本特集で少し見たことがある」
   幸「今度アンタも歌舞伎観に行ってみる?」
  ガイ「勉強になることが多そうだ。ぜひ同行させてくれ」

公園 ガイ「歌舞伎は初心者だ。マナーを教えてもらえると助かる」
    幸「黙って座っていればよし。私語は厳禁」
   ガイ「黙って、か。息を止めるのは得意だ。5分程なら造作なく…」
    幸「そこまでしなくていい」

図書館 ガイ「歌舞伎…奥が深いな。しかし屋号が難しい」
     幸「大丈夫。アンタのご主人様は未だに言えてないから」
    ガイ「有名なのは…酒屋、八百屋、米屋だったか?」
     幸「商店街か。主人が主人なら従者も従者…」

向坂 椋

椋と春組

つづきを読む

佐久間 咲也 ”天然純真無垢コンビ”

駅前 咲也「オレが敵の魔法使い役をやるから椋くんは王子様役ね!」
    椋「良いんですか!?」
   咲也「椋くんの王子様は細かい仕草がカッコいいよね!」
    椋「ありがとうございます!咲也くんの魔法使いも素敵でした…!」

公園 椋「あ…!」
  咲也「ど、どうしたの?」
   椋「あそこでカップルさんが抱き合ってて…」
  咲也「ほ、ほんとだ…!何だかこっちが照れちゃうね」

図書館 咲也「図書館、新刊が入荷したって書いてある!」
     椋「本当だ!帰りに寄ってこうか」
    咲也「椋くんはどんな本を借りたいの?」
     椋「ぼ、ボクは気になってた恋愛小説を…!」

碓氷 真澄 ”恋って素晴らしいですよね”

駅前 椋「恋っていいよね…」
  真澄「最高」
   椋「恋をすると、胸が苦しくて…」
  真澄「でも世界が輝いて見える」

公園 椋「いいな…ボクも恋、したいな…」
  真澄「監督以外なら、応援してやる」
   椋「運命の人って、やっぱりいるのかな!?」
  真澄「いる。俺の運命の相手は監督だから」

図書館 真澄「監督を見ると、胸の真ん中がぎゅってなる」
     椋「わああああそれが胸キュンですね!!」
    真澄「胸キュン…毎日してる」
     椋「素敵ですね!まるで少女漫画みたいです…!」

皆木 綴 ”図書委員経験者”

駅前 綴「椋、委員会とか入ってないのか?」
   椋「3年間図書委員をやってます」
   綴「図書委員って楽だよな~カウンター座ってるだけだし」
   椋「隠れてお菓子も食べられますしね」

公園 綴「俺が中学の頃なんて漫画の伝記ばかり読んでたな…」
   椋「面白いですよね!ボクも好きです」
   綴「図書室の匂いって落ち着くよな」
   椋「分かります!ついつい長居しちゃうんですよね」

図書館 綴「ここの図書館品揃えよくて助かる」
    椋「アリスさんの詩集も置いてありました!」
    綴「あ、資料欲しかったんだ。図書館に置いてっかなー」
    椋「何の資料ですか?ボクも探すの手伝います!」

茅ヶ崎 至 ”オトナベンチマーク”

駅前 椋「ボク、至さんのような王子様みたいなオトナになりたいです!」
   至「王子様ねー。普通のリーマンだけど、俺」
   椋「じー…」
   至「すごい見られてる。ていうか観察されてる」

公園 椋「至さんの髪型、漫画で見た王子様にそっくりです!」
   至「まじか。二次元化キタ」
   至「俺、どうせなら白馬よりドラゴンに乗りたいわ」
   椋「わぁ!エルフの王子様ですね!」

図書館 椋「至さん、今日もとってもカッコいいですね!」
    至「完徹明けだけどね」
    至「椋みたいなヒーラーパーティに欲しいわ」
    椋「パーティー…!?わぁ、オトナですね…!」

シトロン ”憧れの●●様”

駅前  椋「シトロン様はどこか異国の王子様のような気品がありますよね…!」
 シトロン「ムクは本当に王子様が好きネ」
    椋「白馬の王子様もいいけど豹を侍らせる王子様も素敵です!」
 シトロン「ヒョウ知ってるヨ!ハードな雨のことネ!」

公園 シトロン「ムク、王子になりたいなら帝王学マスターするネ」
      椋「帝王学…!うわぁ、かっこいいです!」
   シトロン「ワタシがシトロン流帝王学伝授してあげるヨ」
      椋「よ、宜しくお願いします…!」

図書館 椋「新刊にシトロン様そっくりの王子様が出てきました…!」
 シトロン「ワオ、もしかしたらモデルはワタシかもしれないネ」
 シトロン「漫画のプリンスのコスプレ、ムクのためにチャレンジするネ♪」
    椋「わぁ、楽しみです!幸くんに衣装頼んでみます!」

卯木 千景 ”世界の本お取り寄せ”

駅前 椋「このあいだ千景さんが読んでいた本は外国の本ですか?」
  千景「うん。出張に行ったら必ず現地の本屋に寄るようにしてるんだ」
  千景「椋は本好きだよね。今度なにか買ってきてあげようか?」
   椋「いいんですか!?うわぁ、楽しみにしてます!」

公園 千景「はい、これこの前の出張先で買ってきた本。猫の話だって」
    椋「ありがとうございます!すごくオシャレな装丁ですね!」
   千景「簡単な単語でできてるから、読むのにそんなに苦労はしないと思う」
    椋「外国語の勉強にもなりますね!読むのが楽しみです!」

図書館 椋「千景さんに頂いた猫さんの本、面白くて一気に読んじゃいました!」
   千景「もう?早いな」
   千景「また買ってくるよ。今度はラブストーリーがいいかな?」
    椋「はい!楽しみにしてますね!」

椋と夏組

つづきを読む

皇 天馬 ”プチ師弟関係”

駅前 天馬「オレがフォローしてやるから、お前は好きに芝居しろ」
    椋「背中で語る系王子様だ…!カッコいい!」
   天馬「締め方が雑すぎる。…まぁ、中盤の返しは悪くなかった」
    椋「(王道ツンデレ…!胸キュンポイントだ…!)」

公園 天馬「オレがホンモノの王子様ってのを見せてやる」
    椋「天馬くんの王子様…!楽しみだなぁ」
   天馬「どうだ?カッコよかっただろ?」
    椋「うん!オレ様王子って少女漫画のテッパンだよね!」

図書館 天馬「稽古の成果、見せてみろ」
     椋「う、うん!頑張ります!」
    天馬「まだまだ王子には程遠いな。帰って反省会だ」
     椋「ぼ、ボクを一人前の王子様にしてください…!」

瑠璃川 幸 ”フラ中プリティBOYS”

駅前 椋「今日、宿題たくさん出されちゃったね…どうしよう…」
   幸「一緒にやれば早く終わるでしょ」
   幸「帰ったらバルコニーね。お互いの部屋はうるさいのがいるから」
   椋「うん、分かった!」

公園 幸「今日、辞書貸してくれてありがと。助かった」
   椋「幸くんが忘れ物なんて珍しいね」
   椋「明日のお昼、一緒に食べよ」
   幸「いいよ。4限終わったら椋のクラス行く」

図書館 幸「テストの点数、どうだった?椋、何気に頭いいよね」
    椋「そ、そんなことないよ!国語以外はあんまり…」
    椋「幸くんは何でフラ中に入ったの?」
    幸「制服が可愛いから」

斑鳩 三角 ”夏組ほのぼの領域”

駅前 三角「オレさんかく役やるから、むくは王子様役ね」
    椋「わぁ~王子様役うれしいです!」
   三角「むくの王子様かっこよかったよ~」
    椋「三角さんのサンカクもすごく素敵でした」

公園 椋「見てください!あそこに猫さんがいます!」
  三角「こんにちはって言ってるよ~」
   椋「三角さん、猫語が分かるんですか!?」
  三角「わかるよ~。ニャニャニャ~ン♪」

図書館 三角「大きな図書館~。さんかくの本あるかな~?」
     椋「サンカクの本ですか…どうだろう…」
     椋「サンカクの本、探して帰りましょう」
    三角「わーい!さんかくさんかく~♪」

三好 一成 ”超円満仲良し同室ペア”

駅前 椋「ど、どうしよう…緊張してきた…」
  一成「お客さんはみーんなプチシューだと思えばダイジョブだよ☆」
   椋「カズくんのおかげでリラックスしてお芝居できたよ」
  一成「良かった~。んじゃ、プチシュー買って帰ろん♪」

公園 一成「むっくん!おみみが今日のおやつパンケーキだって!」
    椋「わー、臣さんのパンケーキ楽しみだなぁ」
   一成「オレがチョコペンで猫さん描いて~」
    椋「じゃあ、ボクは王子様描いてあげるね」

図書館 一成「ん~、激ヤバねむたん~…」
     椋「カズくん、昨日は遅くまで起きてたみたいだもんね」
    一成「むっくんの声めちゃんこ癒される~」
     椋「え、そう?ボクもカズくんの声聞いてると落ち着くよ」

兵頭 九門 ”妄想いとこズ”

駅前 椋「今日のお芝居のテーマは何がいいかな?」
  九門「うーん…。あ!椋が好きな猫にしよ!」
   椋「お芝居楽しかったね!次は九ちゃんが好きなやつにしよう!」
  九門「いいの?ありがとう、椋!」

公園 九門「椋、あそこのマンホールがもし…異界に繋がってたらどうする!?」
    椋「ええ!?ど、どうしよう…」
    椋「きゅ、九ちゃん!早く封印の紋を施さないと…ままま魔物が!」
   九門「だ、大丈夫!オレのこの魔剣で椋のこと守るから…!」

図書館 椋「図書館には鍵のかかった地下室があるんだって…。そこには…」
   九門「あわわわわ!も、もしかして…!?」
   九門「!!!と、図書館の屋根に影が…!」
    椋「ええええ!?死んだ司書の呪縛霊がボクたちを祟ろうと…!」

椋と秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”ケンカはダメです!”

駅前 万里「あー、体なまってんなぁ…」
    椋「はっ!ケ、ケンカはダメです~!」
   万里「あ?体なまってるって言っただけだろ」
    椋「ケンカは運動じゃないです!血じゃなくて汗を流しましょう!」

公園 椋「万里さんはケンカが好きなんですか…?」
  万里「好きっつーか…燃えるっつーか」
  万里「兵頭と同じ血流れてんなら、実は椋もケンカつえーんじゃね?」
   椋「ボ、ボクはカラカラでなよなよのモヤシだからケンカなんて…!」

図書館 万里「椋も男なら一回ガチでケンカやっとけー」
     椋「正義の不良さんはカッコいいけど痛いのはちょっと…」
     椋「万里さん!ボクにケンカのやり方教えてください…!」
    万里「マジ?…やべぇ、兵頭にぶっ殺されそうだな」

兵頭 十座 ”いとこ同士”

駅前 椋「十ちゃんとお芝居が出来て嬉しいな」
  十座「…そうか」
  十座「悪い、足ひっぱっちまったな」
   椋「そんなことないよ!十ちゃん、かっこよかったよ」

公園 椋「昨日読んだ漫画のヒーローが十ちゃんにそっくりだったんだよ」
  十座「そ、そうか」
   椋「すっっごく面白いから、帰ったら貸してあげるね!!」
  十座「お、おう…」

図書館 椋「お母さんが十ちゃんに会いたがってたよ」
   十座「そうか。今度、向坂の方に顔出す」
    椋「昔よく九ちゃんと3人で遊んだボードゲーム、まだある?」
   十座「探せばあると思う。またやるか?」

七尾 太一 ”むっちゃん&たいっちゃん”

駅前 椋「太一くんの髪かっこいいね!」
  太一「あざす!むっちゃんのふわふわパーマも超可愛い!」
  太一「むっちゃん、髪型も王子様意識してんの?」
   椋「そういうワケじゃないけど…王子様っぽいかな…?えへへ」

公園 太一「むっちゃんも俺っちのこと「たいっちゃん」って呼んでよ!」
    椋「ええ!?でも、太一くん年上だし…」
    椋「た、たいっちゃん…!」
   太一「なーに、むっちゃん♪」

図書館 椋「ワンコ系男子は年上のヒロインからモテることが多いんだよ…!」
   太一「と、年上から!?お、俺っち、おねーサンのお相手できるかな?」
    椋「あ、でもワンコ系男子は当て馬になることも多くて…」
   太一「あ、当て馬は嫌ッス~!」

伏見 臣 ”羊毛フェルト入門”

駅前 椋「この前はフェルトの猫さん、ありがとうございました!」
   臣「また作ってやるからな。次はウサギなんてどうだ?」
   椋「羊毛フェルトの動物さんたちで動物園を作りたいです」
   臣「ははは。じゃあ、頑張って色々作ってみるよ」

公園 椋「羊毛フェルトって、難しいですか…?」
   臣「慣れれば簡単だぞ」
   臣「羊毛フェルトの材料、買って帰るか?」
   椋「はい!」

図書館 椋「はぁ…。羊毛フェルト練習しても全然うまくできなくて…」
    臣「慣れもあるからな。焦らず一緒に頑張ろう」
    椋「図書館で羊毛フェルトの本借りていきます!」
    臣「俺も付き合うぞ。料理本も見ていきたいし」

古市 左京 ”オススメ少女漫画貸借中”

駅前 左京「あの本、お前が読んでる漫画の新刊じゃないか」
    椋「本当だ!帰りに買って行っても良いですか?」
    椋「すっごく面白い漫画なんです!良かったら読んでください!」
   左京「今借りてるもの読み終わったら貸してもらう」

公園 椋「この前貸した漫画どうでした!?すごくキュンキュンしませんか?」
  左京「中だるみはあるが、まあラストは悪かねぇな」
   椋「ヒロインの女の子、ちょっとカントクさんに似てますよね」
  左京「そうか…?まあ、髪型と性格はちっと似てるかもしれないな」

図書館 椋「MANKAIカンパニーも漫画にならないかな…」
   左京「コミカライズか…なるほど悪くない視点だ」
   左京「聖地巡礼で劇場への客足も増えそうだ。グッズの在庫もはける」
    椋「ゆくゆくは映画化やドラマ化も…!」

泉田 莇 ”少女漫画は破廉恥”

駅前 椋「莇くんも少女漫画同好会に入らない?」
   莇「クソ左京がいんだろ?ぜってーやだ」
   椋「そっか…。そうだよね、莇くん反抗期だし…」
   莇「みんな揃いも揃って人を反抗期扱いすんじゃねぇ」

公園 椋「これ!ボク一押しの少女漫画『ワンルーム★二人の距離』!」
   莇「!!!ど、同棲!?破廉恥なもん見せんな!」
   莇「クソ左京、あんな破廉恥なもん読んでんのか…。変態かよ…」
   椋「少女漫画、キラキラしててとっても素敵なのになぁ…」

図書館 椋「どんな少女漫画なら読めそう?ボク、探してくるよ!」
    莇「うーん…」
    莇「接吻は言語道断、手繋ぎは婚約後 とりあえず男女の色恋なければ」
    椋「そ、そんな少女漫画じゃときめかないよ~!」

椋と冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”…天使かな?”

駅前 椋「はぁ…ボクはやっぱりダメなんだ…」
   紬「椋くん?何かあったなら相談乗るよ」
   椋「今日返ってきたテストの点数がすごく悪くて…」
   紬「そっか。俺でよければ答え合わせ付き合うよ」

公園 椋「わぁ、お花が咲いてます!可愛い…」
   紬「それはヒメジョオンだね。キレイに咲いてる」
   椋「カントクさんにあげたら喜んでくれるかなぁ」
   紬「うん、きっと喜んでくれるんじゃないかな」

図書館 紬「カントクが俺たちを見て「天使」って呟いたんだけど…」
    椋「紬さんは天使役をやったからで…ボクは何でしょう?」
    紬「「天使」って何か流行りの表現なのかな…?」
    椋「それならカズくんに聞いてみましょう!」

高遠 丞 ”体力自慢体育会系ペア”

駅前 丞「今日のストリートACTは少しハードだぞ」
   椋「が、頑張ります!」
   丞「…向坂、案外体力あるんだな」
   椋「えへへ。体力にはちょっと自信があります」

公園 椋「体を動かすのってすごく気持ち良いですよね」
   丞「健康にも良いし、ストレス解消にもなるしな」
   丞「今日は走って帰るか。寮まで+10キロでどうだ」
   椋「いいですね!」

図書館 椋「丞さんはいつも何キロ走ってるんですか?」
    丞「日によるが、平均10キロってとこだな」
    椋「ボクもランニング、始めようかな…」
    丞「良いんじゃないか。芝居には体力も大事だ」

御影 密 ”猫好き仲間”

駅前 椋「近くに猫カフェがあるらしいですよ!」
   密「猫カフェ…マシュマロある?」
   椋「猫さんクッキーならあるんですけど…」
   密「クッキー…ぐー…」

公園 椋「この公園にはいっぱい猫さんがいるんですよ!」
   密「日向ぼっこ、気持ちよさそう」
   椋「猫さん、気持ちよさそうに寝てますね。なんだかボクも眠く…」
   密「ぐぅ…」

図書館 椋「猫さん、可愛いけどひっかかれると痛いですよね…」
    密「ひっかかれたこと、ない」
    椋「猫さんにひっかかれないコツあるんですか!?」
    密「? 瞬時に避ければ良いだけ」

有栖川 誉 ”昼下がりのお茶会ペア”

駅前 椋「昨日アリスさんが淹れてくれた紅茶美味しかったです!」
   誉「そうだろう!なんといってもワタシが淹れた紅茶だからね♪」
   椋「紅茶を淹れるコツ、今度教えてください!」
   誉「もちろん。詩と共に分かり易く説明してあげよう♪」

公園 椋「今日もお空が綺麗だなぁ」
   誉「うむ。さわやかに撫でる風が詩興をそそるよ」
   誉「今日はこのまま公園でお茶をしていこう」
   椋「お茶会日和ですもんね!」

図書館 椋「今日のお茶請けは何にしましょう?」
    誉「和菓子の気分かな♪」
    誉「ちょうど編集部でもらったどら焼きがあるんだ」
    椋「じゃあ今日は紅茶じゃなくて緑茶ですね」

雪白 東 ”5年後に期待”

駅前 東「椋、また身長伸びたんじゃない?」
   椋「えへへ、ちょっとだけ伸びました」
   東「椋は5年後くらいには丞の身長抜かしちゃうかもね」
   椋「そんなに大きくなれるかなぁ…」

公園 東「椋は将来いい男になれるよ。それこそ王子様みたいな」
   椋「ええ!?ほ、本当ですか…?」
   東「王子様みたいに成長した椋を見るのが楽しみだよ」
   椋「頑張って大きくなります…!

図書館 椋「大人の色気って、どうしたら出るんでしょう…」
    東「ふふっ、椋には早いんじゃないかな?」
    東「ボクはもうちょっと可愛い椋を見ていたいな…?」
    椋「うう…やっぱりボクに大人の色気は早いかもしれません…」

ガイ ”プリンス流儀指南”

駅前 ガイ「向坂は王子に憧れていると聞いた」
    椋「はい!かっこよくて素敵な王子様になるのが夢です!」
    椋「ボクが王子様だなんて、夢のまた夢の夢の夢…ですけどね…」
   ガイ「そんなことはない。俺でよければ力を貸そう」

公園 ガイ「王子には教養と知識、それからスマートな身のこなしが大事だ」
    椋「どれも今のボクにはないものばっかりだ…」
   ガイ「立派な王子は一日にして成らず。まずは身のこなしから習得だ」
    椋「はい!よろしくお願いします!」

図書館 ガイ「身のこなしは合格点を超えた。いつ王子役がきても問題ないな」
     椋「ありがとうございます!教養もがんばって身につけますね!」
     椋「あ、あそこの女性、何か困ってるみたいです!ボク行ってきます!」
    ガイ「王子にとって最も重要なこと…”思いやり”は標準装備だな」

斑鳩 三角

三角と春組

つづきを読む

佐久間 咲也 ”サクサクサンカク”

駅前 三角「かずはさくやのこと「サクサク」って呼んでるよね」
   咲也「名前に「サク」が2つ入ってるからですね、きっと」
   三角「「サクサク」って何だかさんかくっぽい~!」
   咲也「うーん、確かにそうかも…?」

公園 三角「サクサクなさんかく探したい~」
   咲也「サンカクの形をしたクッキーですか?」
   咲也「三角さん!おひねりの中にサンカククッキーが!」
   三角「ほんとだ~!さんかくさんかく~!」

図書館 三角「サクサクさんかくの歌作った!」
    咲也「すごいです!どんな歌ですか?」
    三角「サックサクさんかく~♪さくやも歌って!」
    咲也「さ、サクサクサンカク~?」

碓氷 真澄 ”お名前一文字違いペア”

駅前 三角「おれとますみ、名前似てるね!」
   真澄「似てない」
   三角「「みすみ」「ますみ」一文字違い!似てるでしょ?」
   真澄「似てない」

公園 三角「ますみもさんかく好き?」
   真澄「俺が好きなのは監督」
   三角「ますみもさんかく好きになれる!オレと名前似てるから!」
   真澄「意味分かんないんだけど」

図書館 三角「カントクさんも、おれとますみ名前似てるって言ってた~」
    真澄「監督が言うなら認める」
    三角「オレもカントクさん好き~」
    真澄「は?アンタにはサンカクがあるだろ」

皆木 綴 ”スーパーさんかく欠品中”

駅前 三角「頑張ったらスーパーさんかくクンプレゼントするね!」
    綴「いや、いらないっす…」
   三角「残念~スーパーさんかくクン欠品中だ~」
    綴「なんか悔しい…!いらないけど!」

公園 三角「今日はスーパーさんかくクンGETできるかな~?」
    綴「いらないけど、欲しい…いや、本当にいらないんだけど」
   三角「はい!ノーマルさんかくクン~!」
    綴「スーパーじゃないのかよ!」

図書館 綴「スーパーさんかくクンってなんなんすか?」
   三角「スーパーなさんかくクンだよ~」
   三角「残念!スーパーさんかくクン欠品中かも~」
    綴「かもってなんすか!かもって!」

茅ヶ崎 至 ”さんかくなゲーム捜索中”

駅前 三角「いたる~!さんかくのゲーム持ってないの~?」
    至「サンカクのゲーム…パズルゲーでありそう」
   三角「さんかくパズルやりた~い!」
    至「探してみる。ちょい待ち」

公園 至「サンカクのゲームありそうでないな…」
  三角「がんばれがんばれ~!さんかくさんかく~!」
  三角「さんかくゲーム、作っちゃう?」
   至「なる。それもあり」

図書館 至「三角、どんなサンカクゲーやりたい?」
   三角「うーん…、さんかくをさんかくにするゲーム!」
    至「サンカクをサンカクにするとか、もしかして:脳トレゲー」
   三角「のうとれー?さんかくだよ?」

シトロン ”出会いはおにぎり”

駅前 三角「しとろんのおにぎり食べちゃってごめんね~。美味しかったよ!」
 シトロン「ミスミはおにぎりが好きネ。あの時はビックリしたヨ~」
 シトロン「今度一緒におにぎり作るネ!」
   三角「つくるつくる~!さんかくさんかく~!」

公園 シトロン「小腹がすいたヨ」
     三角「おにぎりならあるよ!」
     三角「おひねりいっぱ~い!」
   シトロン「おにぎり買って帰るヨー!」

図書館 三角「おにぎりって~英語でなんていうの?」
  シトロン「ライスボール、ダヨ」
    三角「ライスボール…?ボールじゃなくてさんかくだよ?」
  シトロン「オー、いつかこんな時が来る思ってたネ」

卯木 千景 ”にゃんこNG”

駅前 三角「今日のストリートACTのお題は…ジャジャン!猫のお昼寝〜!」
   千景「……」
   三角「ちかげ〜飼い主役はダメだよ〜。猫さんやってくれないと!」
   千景「てっきり愛猫家が主人公かと。それに猫役は年齢的にちょっとね」

公園 三角「ね〜ちかげも猫さんやろ?ひそかは前やったよ!舞台で!」
   千景「あいつは特殊なんだ。一緒にするのはやめてくれ」
   三角「オレとひそかと3人で猫さんと追いかけっこしよ!楽しいよ〜」
   千景「…考えとくよ」

図書館 三角「あ!あんなところに猫さんの兄弟がいる!あとで遊ぼう、だって!」
    千景「…俺のことは気にしないで、三角は遊んでおいで」
    三角「ちかげは猫さん苦手だけど、猫さんはちかげのこと好きだよね」
    千景「…ちっとも嬉しくない」

三角と夏組

つづきを読む

皇 天馬 ”一方的疑似兄弟?”

駅前 三角「じー…」
   天馬「なんだよ。またサンカク探しか?」
   三角「てんま、背伸びたでしょ!」
   天馬「お、分かるか?180もすぐそこだ」

公園 天馬「腹減ったな。終わったら腹ごしらえだな」
   三角「てんま!オレ、いいもの持ってるよ!」
   天馬「良いものって、どうせおにぎりだろ?」
   三角「正解~!オレと半分こしよ~」

図書館 三角「てんまに今日だけさんかく役譲ってあげる!」
    天馬「そんな役いるか!」
    三角「てんまさんかく役上手~!偉い、偉い~」
    天馬「頭撫でるな!ていうかサンカク役なんてやってない!」

瑠璃川 幸 ”さんかく衣装おねだり中”

駅前 幸「次の衣装は……」
  三角「さんかく~!」
   幸「やっぱり動きが多い芝居なら飾りは…」
  三角「さんかくさんかく~!」

公園 三角「ゆき~次の衣装はさんかくにしよ~」
    幸「しない。そもそもサンカクの衣装ってなに」
   三角「楽しかった~。さんかく飛びして帰ろ~」
    幸「ひとりでやれ」

図書館 三角「ゆき~さんかくの衣装作ってよ~」
     幸「すでにサンカクまみれの服きてるじゃん」
    三角「もっとさんかくな服がいい~!」
     幸「どんな服だ!」

向坂 椋 ”夏組ほのぼの領域”

駅前 三角「オレさんかく役やるから、むくは王子様役ね」
    椋「わぁ~王子様役うれしいです!」
   三角「むくの王子様かっこよかったよ~」
    椋「三角さんのサンカクもすごく素敵でした」

公園 椋「見てください!あそこに猫さんがいます!」
  三角「こんにちはって言ってるよ~」
   椋「三角さん、猫語が分かるんですか!?」
  三角「わかるよ~。ニャニャニャ~ン♪」

図書館 三角「大きな図書館~。さんかくの本あるかな~?」
     椋「サンカクの本ですか…どうだろう…」
     椋「サンカクの本、探して帰りましょう」
    三角「わーい!さんかくさんかく~♪」

三好 一成 ”タメ年Wスリーペア”

駅前 一成「すみー!あの雲サンカクじゃない?」
   三角「ほんとだ―!さんかくさんかく~!」
   三角「お腹すいた~さんかく食べたい~」
   一成「おにぎりとサンドイッチの二択きたー!」

公園 一成「すみーとオレの共通点みつけちった!」
   三角「え~なになに~?」
   一成「オレたち名前に「三」がついてるー!大発見じゃね!?」
   三角「ほんとだ~!かず天才~!」

図書館 三角「オレとかずは「三」がつくからさんかく仲間♪」
    一成「それちょっと違うかもー!」
    一成「Wスリーペア結成記念に一枚♪パシャリ☆」
    三角「いえーい、さんかくポーズ♪」

兵頭 九門 ”さんかくかっけー!”

駅前 九門「すみーさん、今日もサンカク探しに行くんですか?」
   三角「もちろん!今日はいいさんかく見つけられる気がするんだ~」
   三角「カッコいいさんかく見つけたらくもんに最初に見せてあげる!」
   九門「いいんすか!?楽しみに待ってますね!」

公園 三角「みてみて、くもん!さっき見つけたさんかく!」
   九門「おぉ!かっけぇ!ギターのピックっすね!」
   九門「ピックの次は三角形のギター探さないとっすね!」
   三角「うんうん!見つけたら一緒にさんかくバンド結成しよ!」

図書館 九門「えへへ、今日はすみーさんにプレゼントがあるんだ!」
    三角「ええ!?なになに!?」
    九門「じゃーん!三角形の標識ステッカー!」
    三角「うわあ!かっこいい!帰ったらお部屋にはろ~!」

三角と秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”サンカク探し上級者”

駅前 三角「最近いいさんかく見つからない~しょぼぼーん…」
   万里「そもそも「いいサンカク」ってどんなんだ!」
   万里「…やべ、見つけちまったわ。サンカク…」
   三角「え~!?どこどこー!」

公園 万里「…これ、サンカクじゃね」
   三角「あ~!さんかくの葉っぱ!ありがとう!」
   三角「ばんり、スーパーさんかくクンあげる!」
   万里「なんだその不細工なサンカク…」

図書館 万里「何で俺がサンカク探し手伝ってんだよ…夏組リーダーがやれ」
    三角「てんまもサンカク探すの上手だよ~」
    三角「てんまも上手だけど、ばんりの方がさんかく探すの上手!」
    万里「…嫌な気しねぇのが複雑だわ」

兵頭 十座 ”目つきがさんかく!”

駅前 三角「じー…」
   十座「???」
   三角「やっぱり目つきがさんかく~!」
   十座「目つきがサンカク…?」

公園 三角「じゅーざはさんかく探すの好き?」
   十座「…サンカクは探したことないっす」
   三角「見て見て!あそこでさんかくケーキ売ってる!」
   十座「…寄ってくか」

図書館 三角「目からさんかくビーム出そう~」
    十座「流石に出ないッス」
    三角「さんかくな目つき良いな~!カッコいい~!」
    十座「あざっす」

七尾 太一 ”折り紙好き”

駅前 三角「うーん、たいちにはさんかくない~。がっかり~」
   太一「な、なんかショックッス!」
   太一「サンカク…いざ探してみるとないもんッスね~」
   三角「でしょ~?さんかく探しは奥が深い…」

公園 三角「折り紙ってすごい!一回折るだけでキレイなさんかく!」
   太一「俺っち、折り紙は得意ッスよ~!」
   太一「じゃーん!俺っちの妙技★ハイパー折り紙のドラゴン~!」
   三角「さんかくの方が良かった…」

図書館 三角「折り紙でスーパーさんかくクン作る~」
    太一「任せて欲しいッス!」
    三角「たいちは折り紙の天才~!」
    太一「えへへ、照れるッス~」

伏見 臣 ”おにぎりメーカーさん”

駅前 臣「今日も夕飯につける白米はおにぎりにしておくな」
  三角「ありがとう~!」
   臣「おにぎりの具なにがいい?」
  三角「高菜明太と梅干~」

公園 三角「お腹すいた!おみのおにぎり食べたい~」
    臣「そう言うと思って持ってきた。あとで食べよう」
   三角「おにぎりタイム~♪」
    臣「おう。まずは手を洗ってからな」

図書館 三角「あのさんかく何ー?」
     臣「あれはマカロンタワーだな」
    三角「おにぎりタワー作る!おみ、できる?」
     臣「へぇ、新しいな。やってみるか」

古市 左京 ”ココロがさんかく!”

駅前 三角「さきょーはいつもしかめっ面~」
   左京「うるさい。これから芝居だ、集中しろ」
   三角「さきょーはココロがさんかくだね~」
   左京「…意味が分からん」

公園 左京「斑鳩、今日はアクロバットをやれ」
   三角「ラジャー♪」
   左京「やはりアクロバットをいれるとチップが増えるな…」
   三角「おひねりいっぱい!さんかく買って良い?」

図書館 三角「沢山稼げたらさんかくアイスバー10本買って良い~?」
    左京「却下だ。出稼ぎの意味ねぇだろうが」
    左京「ちっ、今日のノルマは達成できずか」
    三角「相変わらずココロがさんかくですね~」

泉田 莇 ”さんかくメイクおねだり中”

駅前 三角「あざみ~さんかくメイクってできる?」
    莇「どんなメイクだ」
    莇「そもそもアンタすでにサンカクまみれだけど」
   三角「ゆきにも言われた~。これじゃ全然たりないんだよ~」

公園 莇「サンカクのメイクって具体的にはどんなの?」
  三角「う~ん…とにかくさんかくがいっぱい欲しい!」
   莇「ペイントすりゃいいのか…?参考資料持ってこい」
  三角「りょーかい♪」

図書館 莇「三角さん、サンカクメイク?の参考写真持ってきたか?」
   三角「うん!あとで見せるね!」
   三角「はい、これ~。」
    莇「…スーパーさんかくクン?余計わかんねぇ…」

三角と冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”お月見仲間”

駅前 三角「今夜は満月だって!」
    紬「じゃあ、またお月見しちゃう?」
    紬「これ、差し入れのお団子だって」
   三角「お月見にピッタリ~!」

公園 三角「支配人が「寮の屋根にお化けが~」って騒いでた~」
    紬「たぶんそれ、お月見してた俺たちのことだね…」
    紬「三角くんは軽々屋根の上にのぼれてすごいね」
   三角「簡単だよ?今度コツおしえてあげる!」

図書館 三角「つむぎは満月と三日月どっちがすき?」
     紬「うーん、三日月かな。優しい光だよね」
    三角「さんかくの月ってないのかな?」
     紬「月は丸いからね…。でも、光の加減でサンカクに見えるかも」

高遠 丞 ”三角筋がさんかく!”

駅前 三角「たすくムキムキ!」
    丞「ムキムキって程じゃないだろ」
   三角「かずが、たすくはさんかくの筋肉がすごいって言ってた!」
    丞「三角筋のことか…?」

公園 三角「さんかく筋ってどこ~?」
    丞「肩辺りにある筋肉だな」
   三角「オレもさんかく筋鍛える!ムキムキになる!」
    丞「アクロバットもやるなら必要かもな。ダンベル貸してやる」

図書館 三角「毎日ダンベルと椋持ち上げてる!ムキムキ?」
     丞「大分ついてきたな。今日からもう2セット増やせ」
    三角「たすくのさんかく筋見せて!脱いで!」
     丞「こんなところで脱げるか」

御影 密 ”運動神経おばけ”

駅前 三角「今日のお芝居は空中戦!」
    密「空中戦…。分かった」
   三角「わー!おひねりたくさーん!」
    密「マシュマロ買ってかえる」

公園 三角「部屋の窓から出かけたら怒られちゃった。ひそかもするよね?」
    密「オレは我慢してちゃんと玄関から出てる」
   三角「2階くらいなら飛び降りても平気なのにね」
    密「たぶん、平気なのオレたちだけ」

図書館 三角「さんかくマシュマロある~?」
     密「マシュマロ…忘れた…ショック…」
     密「ぐーすぴー…」
    三角「寝ちゃった!担いで帰ろ~」

有栖川 誉 ”さんかくポエム待ち”

駅前 三角「ありす、しきょうわいた?」
    誉「うーん…まだわかないのだよ…」
   三角「ぽえむまだ~?」
    誉「芸術とはそう簡単に生まれるものではないのだよ」

公園 三角「さんかくポエム思いついた!」
    誉「ほぅ。後ほど聞かせてもらおう」
   三角「サンサンさんかく~カクカクさんかく~おにぎりって神秘ー!」
    誉「…逸材かもしれない」

図書館 三角「ほまれのさんかくポエム聞きたい~」
     誉「図形のポエムか…それは初の試みかもしれないな」
    三角「図書館にほまれの本ある?」
     誉「ふふふ、実は先日入荷したのだよ!」

雪白 東 ”オトナのさんかく!”

駅前 東「はい、サンカクのお菓子」
  三角「わーい!八つ橋―!さんかくさんかく~」
   東「三角のおかげで今日はチップ沢山だね。内緒で寄り道してこ」
  三角「やったー!MVP、オレ☆」

公園 三角「あずまはどこがさんかく~?」
    東「ふふっ、どこだろうね。三角がみつけてみて」
   三角「あずまのさんかくはきっとオトナのさんかくだね」
    東「オトナのさんかくか…ふふっ、そうかもね♪」

図書館 三角「るんるん♪」
     東「上機嫌だね。いいサンカクみつかったのかな」
    三角「あずまの部屋行って良い?オトナのさんかく探す~!」
     東「ふふっ、良いよ。待ってるね」

ガイ ”異国のさんかく!”

駅前 三角「ザフラ王国には素敵なさんかくある~?」
   ガイ「…どうだろう。三角形の良し悪しを考えたことがなかった」
   ガイ「いい三角形とは具体的にはどういう三角形だ?」
   三角「ビビっときて~うわぁってなって~心がうきうき、ほかほかする~」

公園 ガイ「素敵な三角形とは感性次第…と仮定し、部下に空輸させた」
   三角「わ~ありがとう!会うのが楽しみ~」
   ガイ「宮殿のランプ、固形スパイス、民芸品などがあるようだ」
   三角「わくわく♪どきどき♪」

図書館 三角「がいがくれた異国のさんかくどれもいい感じだった~!」
    ガイ「気に入ってもらえたのなら良かった。また送らせよう」
    三角「ザフラ版さんかくカタログ作ってくれたら嬉しい~」
    ガイ「…品揃えに不安があるが善処はしよう」

三好 一成

一成と春組

つづきを読む

佐久間 咲也 ”亀吉のエサ係”

駅前 咲也「今朝亀吉にごはんあげてくれたの一成さんですよね?」
   一成「そうだよん♪珍しく早起きしちったからあげといた!」
   一成「あ、LIMEだ。亀吉が腹減ったから早く帰ってこいって」
   咲也「ええ!?亀吉LIMEするんですか!?」

公園 咲也「カントクが亀吉にダイエットさせるって言ってました」
   一成「あ~確かに最近亀吉ちょいやばめだよね」
   咲也「鳥のダイエットってどうやってするんでしょう…?」
   一成「ちょいフォロワーに聞いてみるわ!」

図書館 咲也「亀吉に「ババよこせ」って言われたんですけど…おばさん?」
    一成「ババってフランスのパンだよん。亀吉オキニ~」
    咲也「間食させてたのバレたらカントクに怒られちゃいますよ…」
    一成「ダイジョブ、ダイジョブ~!」

碓氷 真澄 ”LIME友だち?”

駅前 一成「LIMEたまには返事ちょうだいよ~」
   真澄「面倒くさい」
   一成「オレたちLIMEトモダチ~イエーイ♪パシャリ」
   真澄「勝手に友達にするな、写真も撮るな」

公園 一成「ねね!昨日オレが送ったスタンプめちゃオシャじゃない?」
   真澄「見てない」
   一成「見て、このスタンプ女の子にちょー人気なんだって!」
   真澄「…買う」

図書館 一成「あ!まっすーがカントクちゃんにカレーのスタンプ使ってる!」
    真澄「勝手に見るな」
    一成「あ、カントクちゃんからLIMEきた」
    真澄「俺には来てない…。消せ」

皆木 綴 ”俺たち同窓生”

駅前 綴「三好さん、高校の時から全然変わってないっすね…」
  一成「つづるんも地味なとこ全然変わんないね!」
  一成「つづるんが劇団誘ってくれて本当に良かったよー!」
   綴「まさか三好さんが入団するなんて思わなかったっすよ…」

公園 一成「つづるんさ~高校の時カノジョいたっけ~?」
    綴「いてもいなくても、何か言いたくない…」
   一成「ね~つづるん~カノジョは~?」
    綴「しつこい…黙秘で」

図書館 一成「つづるん、うちの学年の女子にけっこー人気だったよ~?」
     綴「ま、まじっすか!?」
    一成「弟にしたい後輩ナンバーワンだった!」
     綴「そっちかー!」

茅ヶ崎 至 ”SNS検定一級”

駅前 一成「たるち氏フォロワーめちゃ伸びたね!」
    至「実況の新作アップしたからかな」
    至「ラーメン食べたい。美味い店知らない?」
   一成「ちょい待ち。フォロワーに聞いてみる」

公園 一成「1000ええな達成!うぇーい♪」
    至「おめ」
   一成「いたるんとの写真あげていい?」
    至「顔にスタンプよろ。身バレは避けたい」

図書館 一成「いたるんの拡散力ぱね~」
     至「一応、フォロワー5桁いるから」
    一成「うわー通信制限きたーテンサゲ~」
     至「まじか。どんまい」

シトロン ”難解日本語使い”

駅前 シトロン「カズはとっても駄洒落ネ~!」
     一成「日本語間違ってるっぽいけどとりまありがとん♪」
   シトロン「カズの使う言葉は不思議ネ。何語ダヨ?」
     一成「ベースは日本語でちょいアレンジ加えてる感じ~?」

公園 一成「ロンロン、バイブスあげてこ!」
 シトロン「分かったヨ!とってもブルブルするヨー!」
   一成「ロンロン今度オレの絵のデルモやってよ!」
 シトロン「出る藻?がんばって出してみるヨー!」

図書館 シトロン「演劇の世界も焼肉定食ネ」
      一成「一気にハラヘリペコリンコ~」
      一成「オレたち相性やばたん!シトカズコンビ作っちゃお!」
    シトロン「祝・血栓ネ!」

卯木 千景 ”情報通コンビ”

駅前 一成「駅前の画材屋なくなっちゃったんだよね~。移転先どこだろ」
   千景「二駅先の地下街に画材屋がオープンしたらしいよ。そこじゃない?」
   一成「マジだ!サンキューチカちょん☆」
   千景「困ったときはお互い様だろ」

公園 千景「人に会いたいんだけど…静かで隠れ家っぽい喫茶店ないかな?」
   一成「いくつか知ってるから、後で教えてあげるねん♪」
   一成「…ちな、誰と会うの?友達?仕事相手?それとも…?」
   千景「誰だと思う?」

図書館 一成「今日も元気に情報収集♪チカちょんのソースはやっぱスレッド?」
    千景「それもあるけど…スレの情報は半信半疑かな。あくまでも参考」
    千景「一成の情報は最新で信ぴょう性が高くて助かるよ」
    一成「オレもチカちょんの情報に助けられてるよん☆あ、激辛情報以外」

一成と夏組

つづきを読む

皇 天馬 ”初めてのオトモダチ?”

駅前 一成「……パシャリ」
   天馬「隠し撮りやめろ!」
   一成「テンテン~、この写真上げていい?」
   天馬「は?…ってオレの寝顔!いつ撮ったんだよ!」

公園 一成「あ、ちょい待ち。LIMEの返事させて」
   天馬「はぁ!?帰ってからにしろ!」
   天馬「お前ボディタッチ多いんだよ…」
   一成「仲良しの証拠じゃん☆」

図書館 一成「イエーイ、テンテンとツーショ♪」
    天馬「うわっ、何だよいきなり!」
    天馬「写真ばっか撮って何に使うんだよ」
    一成「インステ~。あ、タグつけちゃお」

瑠璃川 幸 ”夏組デザイナーズペア”

駅前 一成「ゆっきー、カレカノ役やろ☆」
    幸「却下」
   一成「帰ったら次公演のデザインミーティングしよ~」
    幸「りょーかい。衣装のデザインラフ持ってく」

公園 幸「衣装のデザイン、ちょっと悩んでるんだよね…」
  一成「まじかー。ちょいブレストする?」
  一成「やばたん!今めちゃんこ良いデザイン思い浮かんじゃった!」
   幸「衣装にも活かせられるやつなら聞いてあげる」

図書館 一成「ゆっきー、やっぱりオレら本格的にチーム組まない?」
     幸「もう夏組ってユニット組んでるでしょ」
    一成「オレの愛、ゆっきーに届け~ちゅっちゅ~☆」
     幸「うざ、キモ、近寄るな」

向坂 椋 ”超円満仲良し同室ペア”

駅前 椋「ど、どうしよう…緊張してきた…」
  一成「お客さんはみーんなプチシューだと思えばダイジョブだよ☆」
   椋「カズくんのおかげでリラックスしてお芝居できたよ」
  一成「良かった~。んじゃ、プチシュー買って帰ろん♪」

公園 一成「むっくん!おみみが今日のおやつパンケーキだって!」
    椋「わー、臣さんのパンケーキ楽しみだなぁ」
   一成「オレがチョコペンで猫さん描いて~」
    椋「じゃあ、ボクは王子様描いてあげるね」

図書館 一成「ん~、激ヤバねむたん~…」
     椋「カズくん、昨日は遅くまで起きてたみたいだもんね」
    一成「むっくんの声めちゃんこ癒される~」
     椋「え、そう?ボクもカズくんの声聞いてると落ち着くよ」

斑鳩 三角 ”タメ年Wスリーペア”

駅前 一成「すみー!あの雲サンカクじゃない?」
   三角「ほんとだ―!さんかくさんかく~!」
   三角「お腹すいた~さんかく食べたい~」
   一成「おにぎりとサンドイッチの二択きたー!」

公園 一成「すみーとオレの共通点みつけちった!」
   三角「え~なになに~?」
   一成「オレたち名前に「三」がついてるー!大発見じゃね!?」
   三角「ほんとだ~!かず天才~!」

図書館 三角「オレとかずは「三」がつくからさんかく仲間♪」
    一成「それちょっと違うかもー!」
    一成「Wスリーペア結成記念に一枚♪パシャリ☆」
    三角「いえーい、さんかくポーズ♪」

兵頭 九門 ”海好き仲間”

駅前 一成「みてみて!この前潜った海の写真!」
   九門「うわあ…!めちゃくちゃキレーっすね!」
   九門「オレ、海に行くのも見るのも大好きなんすよね!」
   一成「まじで!?やばたん!オレたち海好きフレンドじゃん♪」

公園 九門「カズさんは、海の生き物でなにが好きっすか!?」
   一成「ん~オレはマンタかな!フォルムがおしゃんだし♪」
   一成「くもぴは~サメとみせかけてシャチでしょ!」
   九門「ええ!?なんで分かったんすか!?」

図書館 一成「くもぴはスキューバしたことある?」
    九門「ないっす!素潜りならあるけど…」
    一成「夏になったら一緒に海行ってスキューバしよ!オレ教える!
    九門「やべぇ!超楽しみっす!夏よ今すぐこい!」

一成と秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”イマドキ系男子”

駅前 一成「セッツァー新しいLIMEスタンプ試していい~?」
   万里「俺とのトーク画面何だと思ってんだよ」
   一成「この前セッツァーと撮った写真400ええな達成した!」
   万里「へー、なかなかいったじゃん。次は500めざそーぜ」

公園 万里「やっべ、スマホの電池切れそ。バッテリー持ってる?」
   一成「もちもち。ちょい待ち~。」
   万里「そのピアスいーじゃん、どこの?」
   一成「イイっしょ~?オキニだよーん」

図書館 一成「セッツァーって絶食系男子だよねぇ」
    万里「いや、流石にわかんねーわ」
    一成「ねね!カラオケ行っちゃわない?新譜歌いたい!」
    万里「賛成。天馬呼ぶか」

兵頭 十座 ”硬派with軟派”

駅前 一成「テンションあげてこ!ウェーイ!」
   十座「うぇ、うぇーい…。掛け声か何かっすか…?」
   一成「ねね!一緒にガンつけて写真とろ♪」
   十座「こうっすか?」

公園 一成「ヒョードルの~素敵なスマイル見てみたい~♪はい!」
   十座「……」
   一成「オレの神スマイルみてみて~」
   十座「神スマイル…?」

図書館 一成「オレとファンサの鬼めざそ~」
    十座「鬼を目指す…。やってみます」
    一成「ヒョードル!あれじゃただの鬼だから~!」
    十座「ファンサ、むずいっす」

七尾 太一 ”ワンワンコンビ”

駅前 一成「たいっちゃん、オレらワンワンコンビだって!」
   太一「太「一」と「一」成でワンワンか…!幸チャン天才!」
   一成「ワンワン♪」
   太一「ワンワン♪」

公園 一成「たいっちゃん、オレの作品でデルモデビューしちゃう!?」
   太一「やべー!しちゃうしちゃう!」
   一成「んじゃあ、脱いで~」
   太一「ええ!?ま、まさかのヌードモデル…!?」

図書館 太一「俺っちも合コン行きたいっす~!」
    一成「いこいこ!たいっちゃん絶対人気出る!」
    一成「合コン、ゆっきーみたいな子集めればおけっしょ?」
    太一「なななななんで幸チャン!?」

伏見 臣 ”食べ歩きグルメ組”

駅前 一成「駅前のタコス屋リニュったって!」
    臣「へぇ、ちょっと気になるな」
   一成「腹へり~。タコス屋寄ってこ~」
    臣「夕飯、食べられる程度にな」

公園 一成「このキャラメルプレッツェルウマー!おみみもはい、あーん」
    臣「本当だ、美味いな。こっちのセサミも食べるか?」
    臣「一成はよく食うのに太らないよな。胃下垂ってやつか」
   一成「そそ~。おみみは筋肉になっちゃうタイプっしょ」

図書館 一成「おみみのキッシュワゴン開店しよ!オレ、デザインやるし!」
     臣「はは。俺はカンパニーのみんなが美味しく食べてくれれば満足だ」
    一成「おみみはエプロン着た天使だね!」
     臣「俺が天使って…それも芸術家のセンスか?」

古市 左京 ”金髪ブリーチペア”

駅前 一成「フルーチェさんとオレ、ヘアカラー似てるよね☆」
   左京「言われてみればそうだな」
   一成「髪色オソロ発見記念日ってことで写真とろ♪」
   左京「撮らん。どうせくだらない加工をしてネットにあげるんだろう」

公園 一成「オレとフルーチェさん、兄弟って言っても通じそうじゃね!?」
   左京「…髪色、変えるか」
   一成「ヘイ、ブラザー!ウェーイ!」
   左京「頼むから近づくな、離れて歩け」

図書館 一成「髪サラサラ~うらやま!」
    左京「おい、触るな!」
    一成「せっかくだし、今度は外国人役とか良いかも!全編英語!」
    左京「英語使えるのか?そもそも客に通じんだろうが」

泉田 莇 ”プチプラアイテム好き”

駅前 一成「みてみて~新しいアクセ!可愛いけど激安だったんだ~」
    莇「一成さんはハイブラが好きなのかと思ってた」
   一成「安価でもいいモノ多いからね~。プチプラは正義!」
    莇「それ、すげぇ分かる」

公園 莇「一成さんの服のセンス結構好きかも」
  一成「アザミンに言われると超うれピコやばたん!」
  一成「オレたち好みけっこー似てるしおしゃマブフレンドなれるかも!」
   莇「…言葉のセンスは理解不能だけど」

図書館 一成「超プチプラ神ショップ見つけた!アザミンミン一緒いこ~」
     莇「みんみん…?…へぇ、デザインかっけぇな」
    一成「この店でお互いのフルコーデしちゃおうよ~!」
     莇「一成さんのセンスなら任せても心配ねぇか。…分かった」

一成と冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”テンアゲ↑若者語教室”

駅前 紬「バイト先の生徒の話す言葉がたまに分からなくて…」
  一成「ちな、なんて言葉?オレ分かるかも!」
   紬「「しょんどい」ってどういう意味なの?」
  一成「「正直しんどい」ってこと!これめちゃ使うからメモってちょ」

公園 一成「ツムツム~バイブス上げてこ♪」
    紬「バ、バイパス…?」
   一成「「バイブス」は、気分とかノリとかって意味だよん♪」
    紬「なるほど。勉強になるよ」

図書館 紬「カズくんがよく使う「ピコ」ってどういう意味…?」
   一成「特に意味はないよー!なんか響きがハッピーで可愛いから♪」
   一成「つむつむも言葉で遊んでこ!リピートアフターミー!よろピコ☆」
    紬「よ、よろピコ…!慣れないとちょっと恥ずかしいね」

高遠 丞 ”犬好きコンビ”

駅前 一成「犬好きとしては看板犬ほしいよね~」
    丞「亀吉の世話係がそんなこと言っていいのか?」
   一成「ワンコ連れて帰ってきたら亀吉怒っちゃうかな~?」
    丞「亀吉より先に監督に怒られるだろ」

公園 一成「タクスってなんか大型犬ぽいかも!土佐犬とか!」
    丞「土佐犬…」
   一成「オレって何犬ぽい!?わくわく♪」
    丞「…コーギー」

図書館 一成「みんなを犬に例えんの楽しい~むっくんは絶対トイプ!」
     丞「ぽいな。小さくて巻き毛が似てる」
    一成「タクスから見てつむつむって何犬ぽい~?」
     丞「……チワワ?」

御影 密 ”壁打ち状態”

駅前 一成「ひそひそ~写真とろ♪」
    密「ぐー…」
   一成「ひそひその芝居まじやばたん!」
    密「ぐーすぴー…」

公園 一成「ねね、今日のオレいつもより髪型決まってない?」
    密「マシュマロ食べたい…」
   一成「ひそひそ~LIMEおしえて!」
    密「ぐー…」

図書館 一成「ひそひそってー毎日なにしてんの~?今度合コンしよ!」
     密「すやすや…」
    一成「オレそろそろ寝てるひそひそと会話できそー!」
     密「ぐー…ぐー…」

有栖川 誉 ”芸術家肌コンビ”

駅前 一成「アリリン今度一緒に何か作品つくろ!」
    誉「ふむ、なかなか面白いコラボレーションになりそうだ」
   一成「…!なんか今やばめなアイディア降りてきそう!」
    誉「ワタシもなのだよ!歴史的傑作の予感…!」

公園 一成「アリリンの描いた絵見たけど色彩感覚まじぱない~」
    誉「ふふん♪ワタシは天才だからね♪」
   一成「アリリンの前髪アシメなのまじイケてんね!」
    誉「これはワタシのこだわりでね」

図書館 誉「ワタシが教科書に載る時の自画像は一成くんにお願いしよう」
   一成「まじでー!オレもBIGじゃん!」
   一成「今度展覧会やる時呼んでよー!てかフライヤーとかやらせて!」
    誉「もちろん。開催の要望がファン達から届いていたところなんだ♪」

雪白 東 ”海外旅行好きコンビ”

駅前 一成「アズー、行きたい国どこ?」
    東「ロシアかな。ボルシチのビーツは美容に良いしね」
   一成「オレ、何だかんだワイハが一番好き~」
    東「カズはスキューバダイビング好きだもんね」

公園 一成「アズーってめちゃマイル溜まってそー!」
    東「何だかんだすぐ溜まっちゃうよね」
   一成「今度マカオ行ってくるよん♪」
    東「いいね。現地に知り合いがいるからガイド頼もうか?」

図書館 一成「アズーって旅行誰と行ってんの?」
     東「ふふっ、ひみつ」
    一成「旅行、一緒に行こうよ!ヨーロッパあたりとか!」
     東「いいね。カズとの旅行は楽しそう」

ガイ ”リスニング難易度MAX”

駅前 一成「ガーイガイ♪」
   ガイ「……。ああ、俺のことか。その呼び名になかなか慣れなくてな」
   一成「う~ん、ガイガイは今日もゲキシブだねん♪」
   ガイ「劇物…?原因と詳細は不明だが俺に近寄らない方がいい」

公園 一成「え~午後から雨降っちゃうの~?テンションまじサゲッティ…」
   ガイ「荒ぶっちゃう右脳…?それほど残念そうにすることもないだろう」
   一成「ガイガイ~間違えるとこそこ?アプデちょいミスった系?」
   ガイ「炙りチョリソー吸っとけ…?腹が減ってきたな…」

図書館 一成「みてみて!このアドキャラまじハイクオだけどジワリティ高すぎ」
    ガイ「??????俳句王打倒地縛霊T高すぎ…?」
    ガイ「三好の日本語はまだまだ俺には難しいな…」
    一成「んー、日本語っていうか~カズナリミヨシ語?的な?」

兵頭 九門

九門と春組

つづきを読む

佐久間 咲也 ”お日様ボーイズ”

駅前 九門「咲也さん!今日もいい天気っすね!」
   咲也「うん!気分も明るくなるね!」
   九門「ストリートACTめちゃ楽しかったっす!もう一回やりましょう!」
   咲也「じゃあ次は公園に行ってみよう!」

公園 九門「こんなに天気がいいと寮に帰るのが勿体なくなっちゃうな~」
   咲也「そうだね…。あ、寄り道して帰ろうか!」
   咲也「野球がテーマの戯曲を見つけたから、河川敷でよんでいかない?」
   九門「すげー!そんなのあるんすね!お供します!」

図書館 咲也「九門くんのジャージカッコいいね!」
    九門「えへへ。オレのお気に入りっす!」
    九門「かっこいいジャージが沢山ある古着屋見つけたんで行きましょ!」
    咲也「本当?オレ、古着好きだから嬉しいな」

碓氷 真澄 ”ヘッドフォンかっけー!”

駅前 九門「ねえねえ、真澄さん。そのヘッドホンって音楽聴く用?」
   真澄「? 当たり前。ヘッドホンは音楽聴くためのもの」
   九門「いや~めっちゃカッコいいからオシャレ用かな~って!」
   真澄「これはデザインだけじゃない。性能も抜群」

公園 真澄「このヘッドホンはハイレゾ対応」
   九門「すげー!かっけー!」
   九門「…ところでハイレゾってなに?」
   真澄「……」

図書館 九門「オレもかっけーヘッドホン欲しいな~。真澄さんおススメ教えて!」
    真澄「…別にいいけど」
    真澄「俺のおススメはこれ。もちろんハイレゾ対応」
    九門「!? オレの小遣い何か月分…?」

皆木 綴 ”野球部勧誘中”

駅前 九門「野球やりて~なぁ…」
    綴「じゃあ、今日のストリートACTは野球モノにするか?」
   九門「綴さん、野球詳しいんすね!」
    綴「まあ、夏組の脚本書くためにちょっと勉強したからな」

公園 九門「綴さん!オレと野球部作ろ!」
    綴「いや、俺はもうサッカー部入ってるから…」
   九門「掛け持ちでもいいっすよ!二足の草鞋ってやつ!」
    綴「サッカー部と野球部掛け持ちってハードすぎだろ…体がもたない」

図書館 九門「野球部の活動はお菓子つき!どう!?」
     綴「女子か!つーか、なんで俺なんだよ…」
    九門「綴さんは頼まれたら断れないし、掛け持ち得意だってカズさんが!」
     綴「善意に付け込まれてる…!?てか掛け持ちってバイトの話な!」

茅ヶ崎 至 ”中二病ペア”

駅前 至「九門は隠してるみたいだけど俺にはわかるよ」
  九門「な、なんの話っすか…!?」
   至「九門はどこを護ってんの?ちなみに俺は第二の門・陰」
  九門「!!!オレは…第九の門・焔っす」

公園 九門「オレがこういうの好きだってことみんなには隠しててください…!」
    至「こういうのって…中二病ってこと?」
    至「中二病を恥じるな。むしろ誇れ。ビー・プラウド!」
   九門「大人に言われると、なんか謎の気持ちがわいてくるっす…!」

図書館 九門「超かっけー詠唱考えたんだ!芝居で使ってみるから、見て!」
     至「九門の考えた最強のロゴス俺が見定めてあげるよ」
    九門「ロゴスバトルめっちゃ楽しかった!」
     至「なかなかやるな。今度、紬入れて3人で中二病ACTやろうか」

シトロン ”ザフラ式健康法伝授”

駅前 シトロン「クモンはケッコンオタクネ?」
     九門「け、結婚!?それとも血痕!?ど、どっちでもないっす…!」
   シトロン「我が国に伝わるスペシャルなメソッド教えてあげるネ!」
     九門「よくわかんねーけど丁重にご遠慮申し上げる候っす…!」

公園 九門「健康マニアって言ったんすね!いや~綴さんに聞いて良かった!」
 シトロン「オー、そうヨ!クモンは日本語リスニング苦手ネ!」
 シトロン「寝る前にヒョウ、ゴリラ、最後にラフレシアのポーズをするネ」
   九門「それがシトロンさんの国秘伝の健康法…!やってみます!」

図書館 九門「教えてもらった健康法、毎晩すみーさんと試してます!」
  シトロン「ケツゾクは力なりネ!もっともっと頑張れダヨ!」
    九門「すみーさん以外の夏組のみんなにも教えてあげよーっと♪」
  シトロン「稽古前の柔軟に取り入れるのがおススメダヨ♪」

卯木 千景 ”アンチ糖分”

駅前 千景「お客さんに差し入れをもらったよ」
   九門「まじ!?なんだろ~!あとで開けてみましょ!」
   九門「ええと、袋の中身は………シュークリーム…」
   千景「生クリームもたっぷりだな…」

公園 千景「お兄さんは重度の甘党なのに、弟くんは苦手なんだな」
   九門「食べられないわけじゃないけど…生クリームだけは無理…」
   九門「あ、オレが生クリーム嫌いって事兄ちゃんには言わないでね!?」
   千景「ずっと隠して生きてきたのか…?恐るべきブラコン根性だな…」

図書館 九門「兄ちゃんも椋も甘党なのに…なんでオレだけ…」
    千景「まあ、個人差だから。糖分は適度に摂取する程度でいい」
    九門「…はっ!もしかして…オレだけ血が繋がって…ない…!?」
    千景「大丈夫、その思考は間違いなくあの家系だ。安心していい」

九門と夏組

つづきを読む

皇 天馬 ”お肉大好き”

駅前 九門「腹減った~。今晩のご飯なんだろう?」
   天馬「考えるまでもない。今日はカレーの日だ…」
   九門「カレーならビーフカレーがいい!お肉ゴロゴロの!」
   天馬「ああ。…もちろん野菜は少なめで」

公園 九門「近くにおいしい中華まんの店があるって兄ちゃんが言ってた!」
   天馬「ああ、あの店か。下校途中たまに寄るぞ」
   天馬「オレのおススメは、フカヒレ入りプレミアリッチ豚まんだ」
   九門「セレブの食べ物だ…!さすが天馬さん…!」

図書館 九門「うまい肉が食いて~…。トロトロの豚の角煮…」
    天馬「この後のストリートACTうまく出来たら豚の角煮まん奢ってやる」
    天馬「まぁ、いつもよりは良かった。豚の角煮まんでも食べてくか?」
    九門「やったー!天馬さん大好き!」

瑠璃川 幸 ”アクセ好き”

駅前 九門「あそこのアクセのお店行ったことある?オレのお気に入りなんだ!」
    幸「へえ、九門も好きなんだ。オレもあの店よく行く」
   九門「アクセ見てこうよ!そんでオレにかっけぇやつ選んで!」
    幸「まあ、別にいいけど。選んだやつに文句つけないでよね」

公園 九門「ねえ、衣装で使ってるアクセあれも幸が作ってんの?」
    幸「まあ大体はね。既製品使うと費用かさんでヤクザがうるさいし」
   九門「アクセも作れるなんてやっぱ幸はすげーな!」
    幸「大げさすぎ。褒めたってなにも出ないから」

図書館 幸「今日はアクセパーツの特売日か。ちょっと付き合って」
   九門「いいの!?うん!いくいく!」
   九門「ねえ幸!いつかオレにもアクセ作って!」
    幸「…いつかね。今日使いたいパーツ見つけたら一応教えといて」

向坂 椋 ”妄想いとこズ”

駅前 椋「今日のお芝居のテーマは何がいいかな?」
  九門「うーん…。あ!椋が好きな猫にしよ!」
   椋「お芝居楽しかったね!次は九ちゃんが好きなやつにしよう!」
  九門「いいの?ありがとう、椋!」

公園 九門「椋、あそこのマンホールがもし…異界に繋がってたらどうする!?」
    椋「ええ!?ど、どうしよう…」
    椋「きゅ、九ちゃん!早く封印の紋を施さないと…ままま魔物が!」
   九門「だ、大丈夫!オレのこの魔剣で椋のこと守るから…!」

図書館 椋「図書館には鍵のかかった地下室があるんだって…。そこには…」
   九門「あわわわわ!も、もしかして…!?」
   九門「!!!と、図書館の屋根に影が…!」
    椋「ええええ!?死んだ司書の呪縛霊がボクたちを祟ろうと…!」

斑鳩 三角 ”さんかくかっけー!”

駅前 九門「すみーさん、今日もサンカク探しに行くんですか?」
   三角「もちろん!今日はいいさんかく見つけられる気がするんだ~」
   三角「カッコいいさんかく見つけたらくもんに最初に見せてあげる!」
   九門「いいんすか!?楽しみに待ってますね!」

公園 三角「みてみて、くもん!さっき見つけたさんかく!」
   九門「おぉ!かっけぇ!ギターのピックっすね!」
   九門「ピックの次は三角形のギター探さないとっすね!」
   三角「うんうん!見つけたら一緒にさんかくバンド結成しよ!」

図書館 九門「えへへ、今日はすみーさんにプレゼントがあるんだ!」
    三角「ええ!?なになに!?」
    九門「じゃーん!三角形の標識ステッカー!」
    三角「うわあ!かっこいい!帰ったらお部屋にはろ~!」

三好 一成 ”海好き仲間”

駅前 一成「みてみて!この前潜った海の写真!」
   九門「うわあ…!めちゃくちゃキレーっすね!」
   九門「オレ、海に行くのも見るのも大好きなんすよね!」
   一成「まじで!?やばたん!オレたち海好きフレンドじゃん♪」

公園 九門「カズさんは、海の生き物でなにが好きっすか!?」
   一成「ん~オレはマンタかな!フォルムがおしゃんだし♪」
   一成「くもぴは~サメとみせかけてシャチでしょ!」
   九門「ええ!?なんで分かったんすか!?」

図書館 一成「くもぴはスキューバしたことある?」
    九門「ないっす!素潜りならあるけど…」
    一成「夏になったら一緒に海行ってスキューバしよ!オレ教える!
    九門「やべぇ!超楽しみっす!夏よ今すぐこい!」

九門と秋組

つづきを読む

摂津 万里 ”ブラコンvsワンレン”

駅前 九門「あんまり近寄んな!ワンレンがうつる!」
   万里「お前が寄ってきてんだろ。つか髪型がうつるわけねーから」
   万里「芝居のくせが兄貴そっくりだな…」
   九門「本当!?兄ちゃんと芝居もオソロだー!」

公園 九門「今日の芝居オレ、兄ちゃん役やる!」
   万里「やめろ!」
   九門「…アンタ、芝居うまいじゃん。ワンレンのくせに」
   万里「今更すぎだな。つーかワンレン関係ねぇだろ」

図書館 万里「人のことワンレン、ワンレンって俺が髪型変えたらどーすんだよ」
    九門「イメチェンすんの!?まさか兄ちゃんに憧れて短髪に…?」
    九門「そのままが絶対一番いいって!ワンレンは万里のままでいろよな!」
    万里「突然デレられると調子狂う…。って…なんか違くねぇ?」

兵頭 十座 ”兵頭ブラザーズ”

駅前 九門「~~♪」
   十座「…ずいぶん嬉しそうだな。なにか良いことでもあったのか?」
   九門「兄ちゃんとこうやって芝居できんのが嬉しいんだ!」
   十座「…そうか」

公園 十座「今夜、久しぶりに一緒に風呂入るか?」
   九門「!!!いいの!?入る入る!絶対入る!!」
   九門「あ!夜練のあと夏組みんなで入る約束してた…!明日でいい…?」
   十座「…ああ。明日風呂でその話聞かせてくれ」

図書館 十座「今週末、家に帰ってこいって母さんからLIMEきてた」
    九門「じゃあ夕飯は豚の角煮とショートケーキだね!」
    九門「ねえねえ!帰る時兄ちゃんのバイク乗せて!」
    十座「ああ。そのつもりだ」

七尾 太一 ”十座ファンクラブ”

駅前 太一「十座サンみたいな兄貴がいて九チャンが羨ましいッス!」
   九門「えへへ、いいでしょ?オレの自慢なんだ!」
   太一「十座サンて、昔っからあんな硬派でカッコいいの?」
   九門「うん!兄ちゃんは生まれた時から誰よりもカッコいいんすよ!」

公園 太一「九チャンはさ、十座サンのどこが一番好きなの?」
   九門「えっと…カッコよくて優しくて…ダメだ決められない!全部!」
   九門「太一さんは、兄ちゃんのどこが一番好き?」
   太一「うーん…男気があってクールで…全部!九チャンと一緒だね!」

図書館 九門「みてみて!これ実家でケーキ食べてる兄ちゃんの写真!」
    太一「1ホールをひとりで!?食い方ワイルドでかっけー!」
    太一「じゃじゃん!これ、稽古で激写した十座サンの腹筋!」
    九門「太一さんナイスすぎ!さっきの写真と交換しよ!」

伏見 臣 ”兄孝行レッスン”

駅前 九門「臣さん!オレを弟子にしてください!」
    臣「???構わないが…なんのだ?」
   九門「兄ちゃんのために、美味しいお菓子作れるようになりたいんです!」
    臣「なるほど。そういうことなら任せてくれ」

公園 臣「菓子はなにを作りたいとかあるか?」
  九門「兄ちゃんが好きな生クリーム!…オレは食べられないけど」
   臣「ホイップは簡単そうにみえて結構奥が深いんだ」
  九門「兄ちゃんのために極めます!…オレは食べられないけど」

図書館 九門「…早く、大きく、空気を混ぜ合わせるように…」
     臣「はは。エアーホイップだな。今日も帰ったら練習するか」
    九門「あ!オレがお菓子作り習ってること兄ちゃんには内緒ですよ!」
     臣「もちろん、わかってるよ。十座をびっくりさせてやろうな」

古市 左京 ”あやとりクラブ”

駅前 九門「左京さん!これなんだ!」
   左京「…あやとりか。ほうき、だな」
   左京「あやとりなんて今時のガキでもやんのか。昔よくこうして作ったな」
   九門「おお!カニだー!左京さんもあやとり得意なんすね!」

公園 左京「…四段はしごからの……電波塔だ」
   九門「すっげー!連続技!あとでやり方教えてください!」
   九門「…ここに指をひっかけて…あれ!?なんか違う!」
   左京「ひっかける時に指が外れたな。もっと慎重にやってみろ」

図書館 九門「よっと…はい、田んぼ!次、左京さんとって!」
    左京「…よっ。かえる、だ」
    九門「二人あやとり楽しいっすね!またやりましょ!」
    左京「…ふっ、ガキの頃に戻った気分だな」

九門と冬組

つづきを読む

月岡 紬 ”新入り生徒”

駅前 九門「紬さん!これからよろしくおねがいしゃす!」
    紬「うん、お芝居楽しもうね」
   九門「苦手な教科は体育と音楽以外!テストの平均点は15点っす!」
    紬「…よろしくって、勉強のことか。よし、まず平均40点を目指そう」

公園 紬「今夜の勉強会、九門くんは参加できそう?」
  九門「もちっす!」
  九門「はっ!紬さんカテキョは仕事だから月謝必要っすよね…!?」
   紬「あはは、いらないよ。弟に教えてるようなものだから」

図書館 九門「先生、みてみて!古文のテスト45点!過去最高点!」
     紬「早くも目標達成しちゃったね。次は60点を目指そうか」
    九門「紬先生のおかげっす…!ありがとうございます!」
     紬「九門くんの努力の成果だよ。帰ったら十座くんに見せようね」

高遠 丞 ”カラダ改造中”

駅前 九門「…丞さん、なんとなく大きくなった気がする」
    丞「???流石に成長期は過ぎたぞ」
    丞「…もしかして、肩まわり少し鍛えすぎたせいか?」
   九門「そうかも!幸にバレたらちょー怒られそう!」

公園 九門「幸に怒られるのは嫌だけど…オレももっと鍛えたいなぁ」
    丞「確かに兄貴に比べたら体薄いな。…よし、俺が改造してやる」
    丞「毎日、朝食・運動後・就寝前の三回プロテインを飲め」
   九門「うす!」

図書館 九門「最近、プロテイン飲んでると幸にめっちゃにらまれる…」
     丞「公演期間中はサイズをキープすれば問題ない」
     丞「ふう、いい運動になったな。よし、プロテインで乾杯だ」
    九門「うす!育てオレの筋肉ー!」

御影 密 ”中二妄想対象”

駅前 九門「…そわそわ」
    密「???」
   九門「…密さん見てると、むしょーに心がうずくっす!」
    密「…よくわからないけど九門、楽しそう」

公園 九門「密さん、夜な夜な黒装束でビル群を駆け抜けたり…」
    密「してない」
   九門「よく寝てるのは、特殊能力でパワーを使いすぎてるから…」
    密「普通に眠いだけ」

図書館 九門「密さん本当ミステリアスですよね…ひ、秘密とかないんすか!?」
     密「秘密…まあ、誰にも言えないこと、あるけど」
     密「オレの右目…邪の力が宿りし鬼の眼だって言ったら…驚く?」
    九門「!!!???」

有栖川 誉 ”自作ポエム品評会”

駅前 誉「キミも詩を読みたまえ。語彙が鍛えられるよ」
  九門「じ、実はオレも書いたことあります…黒歴史だけど…」
   誉「まさか待望の詩友がキミとは…。ぜひ九門くんの詩も聞かせてくれ」
  九門「ええ!?えーっと…じゃあ今度…」

公園 誉「さあ!今日は2人だけの品評会をしようじゃないか!」
  九門「う、うす…!」
   誉「モンテーヌのトーテムポール、サンシャインにアビヤントゥッ」
  九門「夜明け、落ちる影。覚醒する、僕。穢れ払いしホーリー・ソロー」

図書館 誉「我が詩友よ、キミの労作もっと聞かせてくれたまえ♪」
   九門「…オレの黒歴史がどんどん暴かれていく…」
   九門「鳴らせ!己の暁鐘<ベル>を!創生の世<ニューワールド>来る」
    誉「タルトタタンとバラライカ~私のヘアーはアフロディーテ~」

雪白 東 ”スーパーフードお試し中”

駅前 東「九門は健康マニアなんだって?」
  九門「いろいろ勉強中っす!おススメ教えてください!」
   東「運動は丞が専門だから、ボクはスーパーフードを教えてあげるね」
  九門「セレブの健康法っすか!?あざす!」

公園 東「帰ったらモリンガ茶でティータイムにしようか」
  九門「あ、それ幸が飲みたいって言ってたやつかも!」
  九門「名前からして体によさそう!楽しみっす!」
   東「美容と健康にいいお茶だよ。九門もきっと気に入る」

図書館 九門「東さんがくれた強そうな名前のナッツ美味しかったっす!」
     東「タイガーナッツ。おやつにいいでしょ?」
    九門「あれ食べるだけで健康になれるとか流石スーパーフード!」
     東「ふふっ、そうだね。でも適度な運動と睡眠も不可欠だよ」

ガイ ”空手はじめました”

駅前 九門「今朝中庭でやってた動き、空手の型っすよね!」
   ガイ「見ていたのか。これでも一応、空手の心得があるからな」
   九門「空手って超かっけぇっすよね!なんか硬派で強そうで!」
   ガイ「空手道は精神も鍛えられる。俺でよければ教えよう」

公園 ガイ「空手は礼に始まり礼で終わる。基本中の基本だ」
   九門「挨拶と礼儀は大事っすよね!オレも部活で叩き込まれたな~」
   ガイ「姿勢を覚えるところからだ。帰ったら稽古しよう」
   九門「押忍!よろしくお願いします!」

図書館 九門「今日のストリートACTのテーマ空手の師弟でいきましょ!」
    ガイ「いいテーマだ。芝居と空手、日頃の稽古の成果を見せられそうだ」
    ガイ「動きが鋭くなってきたな。九門には空手のセンスがあるようだ」
    九門「本当!?よーし、帰ったら兄ちゃんにも見てもらおっと!」

春組、秋組、冬組も!

【A3! 春組】出稼ぎ 会話まとめ【二人の関係】
アプリゲーム「A3!」出稼ぎ内の会話(春組6人×23人)を、全パターンまとめました。咲也、真澄、綴、至、シトロン、千景の順。
【A3! 秋組】出稼ぎ 会話まとめ【二人の関係】
アプリゲーム「A3!」出稼ぎ内の会話(秋組6人×23人)を、全パターンまとめました。万里、十座、太一、臣、左京、莇の順。
【A3! 冬組】出稼ぎ 会話まとめ【二人の関係】
アプリゲーム「A3!」出稼ぎ内の会話(冬組6人×23人)を、全パターンまとめました。紬、丞、密、誉、東、ガイの順。
【A3!】特訓中セリフ&ボイス 全まとめ
アプリゲーム「A3!」特訓時のボイスとセリフを、全劇団員分まとめました。各組アンサンブル、裏方組のセリフもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました